マルコメの本社と味噌の正しい保存方法は?廃品の横流しは大丈夫?

スポンサーリンク

マルコメと言えばみそ!
日本人でマルコメを知らない人はいないでしょう!
 
 
そして味噌汁を飲んだことがない!なんて日本人もいないでしょう。
そんな味噌の会社マルコメのCMが泣けるらしいです。
 
 
見たい方はyoutubeで確認しよう。
 

マルコメってどんな会社?

 
マルコメと聞いて大体の人は味噌を想像すると思います。
しかし味噌以外にも作っている商品はあります。
 
 
・糀
糀商品をいくつか出しています。
ちなみに、これを書いている私はマルコメの人間ではありません。
 
 
糀の使い方はわかりませんが体には良さそうですね。
なかでも、しょうゆ糀は一度試してみたいですね。
しょうゆの代わりになるらしいです。
 
 
その他には、野菜と炒めるだけシリーズが3月に出るようです。
クックドゥみたいなやつです。
 
 
我が家でも混ぜて炒めるだけみたいなやつは良く食べます。
すぐ出来て簡単、おいしい、だから・・・売れる。
 
 
このように味噌以外にも手がけています。
 
 
創業は1854年で長野県長野市に本社があります。
営業所については北海道から沖縄まで全国にあり、さらに
海外事業部なんてのもあります。 
 
 
売上高は380億円ととんでもない数字ですね。
一家にひとつは必ずある国民的調味料です。
 
 

味噌の正しい保存方法は?

スポンサーリンク

ほとんどの味噌は1kgとかで透明のプラケースで売られていますよね?
ほとんどの方は冷蔵庫で保管しているはずです。
 
 
しかし本当にその方法で大丈夫ですか?
 
 
味噌は買ってきた時からだんだん色が変わっていきます。
これを着色または褐変と呼びます。
 
 
これはお米の糖分や大豆のアミノ酸が化学反応して色がかわるらしい。
そのままでも食べられるとのことです。
 
 
ここで味噌の正しい保存方法を紹介します。
 
・保管は冷蔵庫か冷凍庫!
冷凍庫に入れても凍らないらしい。
温度の影響を受けて味噌の色が変わったりするので常温よりは
冷やした方がいい。
 
 
・開封後は出来るだけ空気に触れないような対策をする。
ラップ等をするといいようです。
 
 
味噌の上に敷いてある白いシートは捨てずにしっかり味噌に貼り付けておこう。
味噌の酸化防止と乾燥防止です。
蓋がついている商品が多いのでその場合はふたをしっかりすること。
 
 
 

産廃業者に横流しされた味噌汁!

廃棄カツの横流しで世間を驚かせた事件でマルコメの
味噌も横流しされていました。
 
 
流れとしては製麺業みのりフーズが愛知県内の弁当店に販売したようです。
その後弁当につけて売られました。
 
 
完売されたとのことなので、全て食べられたということですね!
こういった食の問題はたびたび起こりますがなぜ起こるんでしょうか?
 
 
買う側としてはまったくの想定外です。
 
 
くだもののようにそのままの状態なら判断できそうですが
一度加工されている食品は安全かどうかわかりません。
 
 
今後もこういった事件は起こると思います。
どうして起こるのか元の部分まで考えて対策をとっていく必要が
あるでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です