渡辺謙が受けた内視鏡での胃がん手術とは?内視鏡で治るの?

スポンサーリンク

俳優の渡辺謙が胃がんの手術を受け公表しましたが
全部摘出できたのでしょうか?
 
 
現代では2人に1人が癌になる時代なので怖いですね。
次は自分も胃がんになるかもと気をつけて生活していきたいです。
 
 
癌になる生活というのはやっぱりストレスが原因の
トップらしいですよ。ストレス社会の今どう自分の
体と付き合っていけばいいのだろうか?
 
 

内視鏡での胃がん手術とは?・・・検査から手術前・・・

最近の手術は内視鏡が多いですよね?
病院のドキュメンタリーでスーパードクターが大体
 
 
内視鏡でサクッと治しています。番組だからでしょうか?
内視鏡での手術は体への負担も少なく、術後の回復が
 
 
かなり早いです。
そこで今回渡辺謙さんが受けた内視鏡の胃がん手術の今を
調べてみました。
 
 
まず、検査で胃がんの疑いがあったら精密検査になりますが
内視鏡で胃の中を見るとピロリ菌などの影響で胃炎が
 
 
起きている場合が多いようです。インジゴカルミンというもので
色を付けてがん細胞の位置を正確にします。
 
 
その他にも、内視鏡を顕微鏡のように80倍にして細胞をじっくり
見ることも出来ます。
 
 
次にがん細胞の深さを調べます。深さの具合で治療の仕方が
変わってくるんですね。
 
 
深さについては内視鏡の先っぽから超音波を出して測定する
らしいです。すごいですね。
 
 

内視鏡手術

スポンサーリンク

検査結果で早期の2cm程度のものなら内視鏡で出来るようです。
胃壁のリンパへ転移してる場合はだめらしいが。
 
 
癌というものは胃がんにかかわらず早期発見が本当に重要です。
内視鏡の検査は1年に1回は必ず受けた方がいいといわれています。
 
 
早期の胃がんに用いられる内視鏡はカメラの映像もかなり
鮮明になっており、日々進化しています。
 
 
それでもまだ100%の完治になるというものではありません。
治る確率が前より高くなっただけです。やはり普段から健康管理に
 
 
気を使っていくしかありません。
胃がんの一番の原因はピロリ菌とも言われています。
 
 
ピロリ菌に5歳以下のときに感染するらしいですが、このピロリ菌は
検査しないとわかりません。
 
 
普段から慢性的に胃炎がある方は忙しくても1度くらいは検査に
行ったほうがいいですね。
 
 
もう思い残すことがない!という場合以外は。
 

胃がんまとめ

 
胃がんの原因であるストレスとピロリ菌は今すぐにも対応できます。
ストレスとは切り離せない現代ですがストレスをどう発散するか
 
 
出来るだけ溜め込まない工夫が必要ですね。
ピロリ菌は胃カメラの検査ですぐわかります。1度キリしかない
 
 人生を公開しないためにそして家族のためにも検査に行こう
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です