大家族の放送はやらせなの?収入と金銭感覚は、そしてルールは?

 

スポンサーリンク

 

大家族の放送はやらせなの?

 

 

素人に焦点をおき、家族のありのままを見せるとしていた「大家族モノ」。

 

三好さん一家の放送でブームに火がつくと、民放各局がこぞって「大家族スペシャル」と謳った番組を放送し始めました。

 

現在も人気が根強い「大家族シリーズ」は、乱雑な部屋で大騒ぎする子供、時には夫婦喧嘩に至るシーンまで、家族の生活を隠すことなく放送するのが売りであり、視聴者にとっては大きな魅力でもあります。

 

しかしインターネット環境が普及し始めると、大家族側がブログやTwitterなどで撮影時の裏話を暴露するといった事態が起こり始め、視聴者からは「やらせだ!」との非難の声が殺到しました。

 

◼︎以下、大家族側や近隣住民が暴露した内容です。(一部)

 

・「半年間の完全密着」としていたのに、実際は3週間程度で終了。

 

・喧嘩やトラブルを無理やり演出させられた。

 

・子供達が純粋に遊んでいた姿を、まるで悪い状況かのような編集した。

 

・右翼活動をしていた父親の職業を局側が偽った。

(娘が事実だと認めています。)

 

・父親が経営する接骨院には全く患者がいないかのように演出。

(しかし実際は、観光客で繁盛していた。)

 

・スタッフが忘れていった「台本」があった。

 

など、それぞれの家族が色々な暴露をしています。

 

さらに「痛快!ビッグダディ!」のダディこと林下清志さんにいたっては「ギャラが発生していた。」と衝撃的な暴露をする人物まで現れました。

 

そんな状況だったにも関わらず、2015年に放送されたTBS番組、水トク!「激闘大家族スペシャル 17歳で産んだ我が娘が17歳でまさかの妊娠…。」の放送後、再び大きなやらせが発覚し、後にTBS側が公式に謝罪する騒動となりました。

 

ここまで来ると何を見ても「やらせなのでは?」と思ってしまいますね。では、否定的な意見が大半なのにも関わらず、なぜこの手の番組は毎回高視聴率を叩き出し、シリーズ化されるのでしょう。

 

「見ているだけでイライラする。」と言った声が多かったのですが、

 

「なのに気になって見てしまう…。」といった、イライラしながらもついつい見てしまう人が多い様です。

 

局側がやらせや演出してまでも放送したい理由は、そこにあるのでしょうね。

 

大家族の収入と金銭感覚は?

 

スポンサーリンク

 

大家族は一般家庭より食費や光熱費などの支出が大きくなりますよね。

 

ましてや育ち盛りの子供達達の胃袋を満足させるのは大変なことです。

 

番組では大体の家庭が「お金がない!」と困っているのがほとんどでしたが”石田家の父ちゃん”こと石田晃さんの勤務先が外資系会社「日本ロレアル」であると判明し話題になりました。

 

石田家ではお子さん達の進路についても、金銭的な理由で変更するといったこともなかったですし、他所に比べて安泰のようでした。(去年の鬼怒川決壊の洪水被害により被災され苦労なさったようです。)

 

その他のご家庭についてですが…、正直なところ「本当に苦労しているの?」と感じてしまう家族が多かったように思います。

 

お金にも食べるものにも困っている、という割には旦那さんをだけを働かせ自分は働こうともしない奥さんや、子供達一人一人にスマホ、夫婦で飲み屋、カラオケ、ギャンブル、ブランド品を所持していたりなど…。

 

さらには旦那さんが一生懸命働いて稼いだ給料を「少ない!」などと罵倒しておきながら焼肉屋に外食に行く家庭もあったりと、金銭感覚にも価値観にも大きなズレを感じた人は多かったのではないでしょうか。

 

しかし、そんな中でも家族10人30万でやりくりし、子供達も進学させ習い事もさせるなど、見習うべき立派な奥さんもいらっしゃいました。

 

同じ人数、同じ程の収入でも、やりくりの仕方や価値観の違いで、生活の質に大きな差が生まれるのだな、と実感しましたね。

 

大家族のルールとは?

大家族じゃなくとも、一般家庭それぞれのルールがありますよね。

 

例えば「夫婦のルール」や「お子さんとのルール」、良くある門限なども家族の「ルール」の一つと言えます。

 

では、子沢山で日常がドタバタしがちな大家族にはどんなルールがあるのでしょうか。それは、”大家族ならでは”の細かいルールの数々でした。

 

・食べ盛りの子供達が全て食べてしまうため、冷蔵庫は常に空にしておく。

 

・食事は全員一斉に食べる。食べ損ねたら自分の責任。

 

・お風呂は必ず誰かと一緒にはいる。

 

・家の中でも家族が一箇所で過ごす。

 

・自分のことは自分でする。

 

・下の子の面倒は上の子が見る。(ペアが決まっている家もありました)

 

などなど、やはり食費や光熱費を抑えるためや、お母さんの負担を減らすためのルールが多かったですね。

 

中には「18歳になったら家を出る。」「焼肉屋では米禁止。」といった、少し酷はのでは?と感じるルールもありました。

 

大家族の中で育ったお子さんは、他所の家へ遊びに行くと自分の家のルールとのギャップに戸惑ってしまう時もあるそうです。

 

きちんと下の子を面倒見て、ある程度の年齢になったら自立し家計を支えるしっかりしたお子さんもいれば、それなりの年になっても反抗期真っ盛り…

 

なんてお子さんもいましたね。

 

大家族の子供達なりの苦労や悩みも沢山あると思いますが、その経験を活かして立派な大人になって欲しいですね。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です