ホンマでっかの岩下尚史はゲイなのオネエなの?プロフィールも

 

ホンマでっかTVに評論家として出演している岩下尚史さんはゲイなのでしょうか?それともオネエなのでしょうか?プロフィールや結婚についても紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

岩下尚史のプロフィールは?

 

u6rog

 

最近よくバラエティ番組で見かける岩下尚史さんをご存知ですか?大河ドラマの真田丸では明智光秀役で出演されています。

 

そんな岩下さんは1961年生まれの54歳。作家さんです。「ハコちゃん」という愛称で親しまれています。

 

作家さんだからかあまり詳しいプロフィールは載っていませんでしたが、身長は170センチ以上はありそうで、テレビで見たかんじだと結構ガッチリされているなという印象です。

 

ちなみになぜハコちゃんという愛称なのかというと、「箱入り娘」からきているそうです。

 

オネエ口調で面白い印象の方ですが、すごく立派な作家さんなんです!そして伝統文化評論家でもあります。

 

TBSのいっぷく!に出演されているときは、日本の伝統文化の良さや素晴らしさを紹介するコーナーも担当されていました。

 

所属事務所は「シス・カンパニー」で、なんと堤真一さんと同じ事務所です。10代の頃から歌舞伎や能などの伝統芸能に親しみ、國學院大學に入学されます。

 

文学部を卒業後、新橋演舞場株式会社に入社され、新橋花街主催「東をどり」の制作に携われました。2006年に退職され、「芸者論:神々に扮することを忘れた日本人」という本を出版します。

 

この本は、今の芸者さんが昔と比べてどう変わったのかについてや、あまり知られていない、東京の芸者さんについて書かれているそうです。

 

2007年にこの本で第20回和辻哲郎文化賞を受賞されました。そんな岩下さんですが、アウトデラックスに出演したときに貢ぐのが好きでオレオレ詐欺と分かっていて300万振り込んだ。

 

そこらへんを汚すのが嫌で自宅ではお風呂で食事を済ます。など、とんでもないエピソードを披露されたこともあり、相当変わった方なんだと思います。

 

主な著書は?

スポンサーリンク

 

「名妓の資格細書・新柳夜咄(芸能論)2」、「見出された恋金閣寺への船出」、「ヒタメン 三島由紀夫が女に逢う時」など数々の本を出版されています。

 

「見出された恋~」は三島由紀夫さんとある女性のことを小説で書かれた作品で、「ヒタメン~」は実際に三島さんと関係のあった女性に話を聞いて書かれた作品だそうです。

 

岩下さんの書かれた本は、日本を知るためにおすすめの本としてネットでも取り上げられていて、高く評価されています。

 

本当にオネエなのか?

しゃべり口調を聞くと完全にオネエですね。

 

ただ、出演されたテレビ番組で「男の中の男」と発言されているので一応恋愛対象は女性ということになるのかな?と思います。

 

しかし結婚はされていません。

 

マツコデラックスさんとも親交があるということで、それだけではどちらとも断定はできませんが、まったくオネエではないとも否定できないのではないか?と思います。

 

調べた限りでは確実な情報は得られませんでした。なかなか不思議で変わったオネエキャラの岩下さんですが、日本文化に詳しく博識な方だということがわかりました。

 

今後、俳優での活躍もあるのでしょうか?楽しみですね!

 

人気記事:上沼恵美子のおしゃべりクッキング松原のぶえのカラオケ教室とは?
世界一受けたい授業でLPSは花粉症やアトピーが治る?効果はどのくらい?
中村屋ファミリーの七緒八くんは前田愛似?前田愛といえばはみだし刑事だよね?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください