ペットの王国!広島の犬猫みなしご救援隊と中谷百里の活動とは?

 

ペットの王国で紹介された広島の犬猫みなしご救援隊の活動と中谷百里さんのプロフィールについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

犬猫みなしご救援隊の活動とは?

 

%e3%81%bf%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%94%e6%95%91%e6%8f%b4%e9%9a%8a%e3%81%ae%e7%8c%ab%e3%81%9f%e3%81%a1%ef%bc%92

 

捨てられたり虐待を受けた犬猫、また怪我や病気などにより引き取り手のない犬猫を、最期の時が来るまで育てる『終生飼養』と、殺処分される犬猫を保護し引き取り手のを探す『譲渡活動』をしています。

 

それだけではなく、動物愛護の啓発活動を行い、動物の命を軽んじることなく、適切に飼育されるように情操教育も行なっているそうです。

 

現代、犬猫を飼うと言えば、ペットショップで買うことがほとんどです。しかし、そのガラス越しに見る可愛らしい犬猫の裏には、ただ産ませるだけを目的とした繁殖犬の存在があるのも事実です。

 

最近よく繁殖犬の保護を目にしますが、子宮はもうボロボロになって、栄養状態も健康状態も非常に悪くなってしまっていることがほとんどなんです。

 

ブリーダーが動物を虐待し、産めなくなったら捨てる…、そんなことがまかり通って良いのでしょうか。

 

動物を新しく家族として迎えるなら、ペットショップではなく、まず保健所やこういった愛護団体を訪れて欲しいです。そして最期まで家族として責任を持って頂きたいと強く思います。

 

◼︎犬猫みなしご救援隊公式サイト

 

中谷百里さんのプロフィール

 

スポンサーリンク

 

昭和37年3月22日広島県広島市生まれで、現在も広島市内にある『おおまち動物病院』で看護師として勤務。NPO法人犬猫みなしご救援隊の代表でもあります。

 

今まで1500匹以上の犬・猫を自宅で飼養し、数え切れない程の最期を看取った経験から、小さな命の重みを痛感し、看取った動物達を供養する為に仏教に帰依したそうです。

 

2005年から犬猫みなしご救援隊の一員として動物愛護の啓発活動を始め、今現在も救援隊の施設内で、約1300匹の動物たちと寝起きを共にしながら、お世話をしているようです。

 

様々な地で動物の保護行なっている中谷さんですが、東北大震災の際、助けが必要な動物が必ずいるはずだと考え、すぐにスタッフの方とともに震災地に駆けつけ、沢山の動物を救出しました。

 

その後も被災地に1年9カ月通い続け、1200匹の犬や猫を救出した中谷さん、過去には暴走族、若くしての妊娠、結婚、離婚、息子さんとの決別など、色々な経験もされたそうです。

 

今、人生の全てを動物たちの為に捧げている姿は、本当に素敵だと思います。こういった方々の活動が身を結び、いつか『殺処分0』が現実となることを切に願います。

 

中谷白里さんの旦那さんは?

中谷さんの旦那さんについては、詳しいプロフィールなどを知る事は出来ませんでした。ですが、みなしご救援隊では『隊長』と呼ばれていることは、分かりました。(中谷さんのブログより)

 

看護師として働きながら、救援隊としての活動を行い、寝起きも旦那さんとではなく、動物と共にしていることを理解してくれるわけですから、きっととても良い方なのでしょう。

 

最後に・・・『NPO法人みなしご救援隊』では、支援を募っているのですが、寄付という形でなくとも支援ができるそうです。

 

賛同したいという方は是非!!

◼︎救援隊ブログ

◼︎いいね!で支援

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です