ふりかけグランプリ2017の予想!澤田食品のいか昆布は市販されてる?

 

「全国ふりかけグランプリ」は過去2回、ふりかけの発祥地である熊本県で開催されています。来場者の投票で順位が決まります。

 

全国のふりかけメーカーが、日本一の座を争います。昨年からはソフトふりかけ部門、ドライふりかけ部門に分かれ争われました。

 

昨年は、ドライふりかけ部門は「納豆ふりかけ」(通宝海苔)ソフトふりかけ部門は「いか昆布」(澤田食品)が1位に輝きました。

 

全国ふりかけグランプリはまだ2回目ですが、2日間で2万人以上の来場者がありました。みんなふりかけ好きですよね!

 

2015年のドライ部門で優勝した「納豆ふりかけ」は2014では、部門が分かれておらず、3位でした。地元熊本頑張りました。

 

そして2015年のソフト部門で優勝の「いか昆布」は2014年でも1位でした。2連覇達成でこれは本物のふりかけ王者ですね。

 

スポンサーリンク

 

ふりかけグランプリ2017の予想

 

 

過去二回このグランプリは発祥の地、熊本で行われています。

 

三回目も熊本で行われるのではないでしょうか。

 

過去二回の優勝、「いか昆布」はメディアにも取り上げられ、来場者の期待もあります。

 

大会三連覇あるのではないでしょうか。

 

しかし、ソフトふりかけ部門は乾燥物に限られていません。

 

2位は「鯖の味噌煮ふりかけ」3位は「ふりかけポンズ」でした。

 

これだけみても個性的です。範囲がひろく、新たな刺客が参加するとわからないですね。

 

「イカ昆布」がんばってほしいです。

 

ドライ部門の優勝、「納豆ふりかけ」も連覇を狙えます。

 

しかし2位「肉じゃがふりかけ」3位「贅沢ふりかけ」と手ごわそうです。

 

「肉じゃがふりかけ」はインパクトありです。

 

準優勝でメディアの注目も集めました。出場すれば上位入賞間違いないでしょう!

 

変わったものから定番まで、ふりかけの可能性は幅広いですね。

 

「全国ふりかけグランプリ2016」楽しみですね。

 

ふりかけは海外にもある?外国人も好き?市販の人気ランキング

 

澤田食品のいか昆布とは

 

スポンサーリンク

 

大会二連覇を見事に果たした澤田食品の「いか昆布」ですがどのような商品なのでしょうか。澤田食品の公式HPでは

 

「限りなく薄くスライスしたいかと、北海道産昆布を混ぜ合わせた風味豊かな商品です。アツアツごはんに乗せると昆布はとろ〜っと磯の香りはふわぁっと立ち上がりもうお箸が止まりません!」

 

生タイプのふりかけ、ちょっとした贅沢気分になりそうです。

 

テレビ番組でマツコ・デラックスさんも試食して「すごく繊細な味! おいしい!」とコメントしていました。説得力があります。

 

このように話題になっていますので、スーパーなどで購入するのは品薄状態になっているようです。

 

しかし、いまやネット時代です。インターネット販売しています!確実に入手するには、お取り寄せがいいですね。

 

ふりかけの人気ランキング

おかずが寂しいとき、お弁当のお供として、子供の頃から当たり前のように付き合ってきたふりかけですが、好みは様々です。

 

人気のふりかけランキングってどうなってるのでしょうか。gooランキングではこのような結果になっていました。

 

《炊きたてのごはんにかけたい「人気のふりかけ」ランキング」
1位:のりたま(丸美屋)2位:ゆかり(三島食品)3位:たらこ(丸美屋)4位:おとなのふりかけ(本かつお/永谷園)5位:おとなのふりかけ(紅鮭/永谷園)》

 

どうでしょうか。定番ですね。

 

ふりかけは、家族それぞれに好みがあって、選ぶことができます。選ぶ楽しさもまた「ふりかけ」の美味しさですよね。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です