2016群馬県の前橋市にある花見の名所とは?桜の見頃はいつ?

Sponsored Link

 
3月も中旬に入り、春ももうすぐそこまでやってきました。この春
から新生活という人も多いのでは。4月から社会人になるという人は
会社の付き合いなどで行かれる機会もあるかもしれませんね。
 
 
しかし東京都内や隣接する県では、花見の時期になると何処に行っ
ても混雑していますよね。桜を楽しむはずが、人混みにクタクタに
なってしまう…、なんてことも。
 
 
せっかくの桜、じっくり堪能したいですよね。ということで今回は
関東周辺で都心から離れていてもアクセスしやすい、花見スポット
をご紹介します。
 
 
群馬県前橋市の『赤城南面千本桜の桜並木』。
日本のさくら名所百選にも選ばれた関東有数の桜の名所です。
 
 
群馬県随一の花見スポットと言われるこの場所は、道の両側1,3キロ
に渡り桜が咲き誇ります。それはまるで“桜のトンネル”のようで、
とても美しい光景です。
 
 
桜の見頃は、毎年4月上旬から中旬となっていますが、最新の予想
(3/9・日本気象協会発表)を確認すると、今年も例年通りとなり
そうですね。
 
関東の絶景ゴールデンウィークランキング!春休みはどこが良い?
 

赤城南面千本桜まつり

 
 
今年2016年は、4月2日(土)から4月17日(日)まで、毎年恒例の
「赤城南面千本桜まつり」が開催されます。予想通りならば、丁度
満開を迎える頃ですね。
 
 
この期間中、多くの出店が立ち並び、桜の美しさも去ることながら
ついつい出店に目を奪われてしまいます。出店で買うB級グルメは
格別です!
 
 
また様々なイベントも催されており、日没から夜9時30分まで桜並木
がライトアップされ、夜桜が映え、昼間とはまた違った幻想的な美しさ
が愉しめます。
 
 
満開の桜も綺麗ですが、桜吹雪が舞う頃もいいですよね。
もっとゆっくり散って行けばいいのに…、と毎年思います。
 
 
この桜まつりでは、Twitterで混雑状況など、情報の配信を行ってい
ますので、訪れる際は、事前にチェックしてみて下さいね。
 
https://mobile.twitter.com/senbonzakura353
 
 
 

赤城南面千本桜へのアクセスは?

Sponsored Link

 
最寄り駅である上毛電鉄・大胡駅からバが出ています。
北関東自動車道・伊勢崎ICから約30分、関越自動車道・赤城ICから
約40分です。
 
 
桜まつりの仕事を手伝われている人によると、近年東京から訪れる
人が増えたそうです。口コミや雑誌などで徐々に広がり、人気が高
まって来ているようですね。
 
 
詳しいアクセス方法については、下記の前橋観光コンベション協会
のホームページをご覧ください。
 
 
ホームページ内には、千本桜のLIVE映像も配信されており、どの
程度咲いているか、現地に行かなくても確認することが出来ます。
 
http://www.maebashi-cvb.com/event/e_senbonsakura.htm
 
 

GWが見頃の芝桜

 
 
桜並木に隣接するのは「みやぎ千本桜の森」。地元の人たちの手に
よって植えられた芝桜が、見事な花の絨毯となり咲き乱れます。
 
 
芝桜は、桜より若干開花が遅く、だいたい4月中旬頃です。しかし
桜より花を楽しめる期間が長く、GW頃に見頃を迎えます。
 
 
同時にヤマツツジも見頃になり、芝桜とのコントラストは見事。
新緑が美しい季節に、お弁当を持ってのんびり過ごすには、最高の
場所です。
 
 
お花見のタイミングを逃してしまった、4月は忙しくて…、という
人は、GWに芝桜を見に行かれてみてはいかがでしょうか。
 
 
また森の園内には、H25年にオープンした「世界の桜ゾーン」が
あります。そこには、37種の桜、約500本も咲いていますので、
様々な桜を探索して楽しむこともできますよ。(桜並木と同時期)
 
 
 
日本人には馴染みの深い花見ですが、1300年も前の奈良時代から
花見を楽しむ習慣があったそうです。花見の由来を辿ると、更に歴
史を遡らなければなりません…。
 
 
食べて飲んで楽しむイメージしかありませんでしたが、実はもっと
奥が深いものなんですね。
 
 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です