NHKあさイチ!今どきの葬式とは?直葬と早割とドライブスルー?

Sponsored Link

 

今どきのお葬式とは?

 
最近は家族葬や密葬という言葉をよく耳にします。
身内だけで送る葬儀にしたいと言う人が増えているそうです。
 
 
お葬式と言えば、故人が亡くなられて、通夜、葬儀と遺族は故人との
お別れが十分にできないまま慌しく過ごしてしまうことが多く、
 
 
また大きな会場を使用し、その準備に追われ、多くの費用が残された
遺族の負担になってしまうということがあります。
 
 
そんなところから今家族葬や密葬を希望する人が増えています。
 
 
セレモニーホールもそのニーズに合わせて小さめな施設が増え、
家族葬に適した貸切タイプのものも増えています。
 
 
あとは自分葬といって亡くなる前に自分でお葬式をプロデュース
するものや、音楽葬といって生前故人が好きだった音楽を演奏してもらう
お葬式なども登場しています。
 
 
以前はどの宗派のお葬式も似たようなものでしたが、
今はこういった個性的なものを選ぶ人も増えてきているようです。
 
NHKあさイチ!バッグにもなる風呂敷の便利な使い方と包み方は?

直葬とは

 
葬儀を行わずに身内のみで火葬するものです。
 
 
この方法を選ばれる理由は経済的事情や特に信仰がない人、人間関係が
希薄化してあまり参列者のいない方が多いようです。
 
 
普通に葬儀を行うと100万程度かかってしまうところを直葬にすると
20万~30万くらいでできるようです。
 
 
しかし、お寺にお墓を持っている人はお寺の許可なく勝手に直葬してしまうと
お墓に納骨させてもらえないことがあります。
 
 
ちゃんと事前に相談しなければいけません。
 
 
そして直葬と聞くと臨終してすぐに火葬するように思いますが違います。
原則として死後24時間以内は火葬ができません。
 
 
一度ご遺体と自宅に戻って家族でお別れをする。というのが
良いと思います。
 
 

お葬式の予約と早割

Sponsored Link

 
残される遺族のために葬儀を生前予約する人が増えているようです。
遺影を綺麗な写真で事前に撮影したりもするそうです。
 
 
葬儀の費用を把握したりするためにも事前に自分の葬儀を予約することは
悪くないと思います。
 
 
お葬式には早割りというものもありました。
 
 
小さなお葬式と言うところは掛け捨てで500円支払うと、入金30日後から
葬儀費用が割引になり、そこから一年、二年と割引になり、最大で66000円
の割引になるそうです。
 
 
それが3年と30日まで適用され、もしそれまでに葬儀が行われなかった場合
さらに500円払うとまた3年割引が延長されるというものでした。
 
 
申し込んだ本人のほかに家族や親族、三親等までの人の葬儀なら早割を使用
することができます。
 

ドライブスルー型のお葬式

 
多忙な人や高齢者のために考えられたシステムで、葬儀会場の参列者の
後ろに焼香台を設置して車が通り抜けられるスペースを造ります。

 
 
焼香の様子はカメラで撮影されて、遺影の横のスクリーンに映し出され、
遺族が誰が焼香に来てくれたのか分かるというものです。
 
 
車に乗ったままなので足などが不自由な高齢者の方にはいいサービス
なのかなと思いますが、ネットでは賛否両論の声が上がっています。
 
 
日本ではなじみがないシステムですがアメリカにはすでに存在していて
便利だと注目を集めているそうです。
 
 
高齢化の進む日本なのでこの先もしかしたら普及していくのかもしれませんね。
 
 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください