世界ふしぎ発見!腸内細菌を増やすにはヨーグルトが一番良いのか?

Sponsored Link

 

腸内細菌を増やす方法

 
腸内細菌には三種類の菌がいます。1つは善玉菌と呼ばれる
お腹の調子を整えてくれる菌です。
 
 
もう一つは悪玉菌と呼ばれるものです。体に悪い影響を起こす恐れのある
菌です。健康な状態だと善玉菌が20%、悪玉菌が10%で、
 
 
残りの70%が最後の一つである、日和見菌です。
この菌は普段何もしないのですが、体の調子が悪くなると腸内で
悪い働きをしてしまいます。
 
 
腸内細菌のなかでも善玉菌を増やす方法を紹介します。
 
 
まず一番に思いつくのはヨーグルトではないでしょうか?
朝食にヨーグルトを食べる人が多いと思いますが、食後に食べることが
大切です。
 
 
空腹時だと胃酸が強くなっていてせっかくの善玉菌が腸にくるまでに
死んでしまいます。
 
 
なのでご飯を食べて、酸が弱くなったタイミングで食べましょう。
 
 
そしてさらにヨーグルトの効果を引き出す方法があります!
 
 
それは善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を一緒に摂ることです。
ヨーグルトに果物や市販のオリゴ糖を混ぜるというのがおすすめです。
 
 
ヨーグルトにあう果物だとバナナがおすすめだそうです。
 
 
あとは発酵食品を食べることです。漬物やチーズや納豆、味噌なども
腸内細菌の増加に繋がります。
 
 
そして増やした腸内細菌は減らさないように気をつけることも大切です。
 
 
加工食品などの食品添加物が多く含まれているものは腸内細菌が減るかも
しれないと言われています。
 
 
最近の実験で保存料として使われている「ソルビン酸」という成分は
細菌を増殖できないということが分かってきています。
 
 
なので過剰に加工食品を摂ることは避けたほうがよさそうです。
 
 

腸内細菌に「ヤセ菌」がある?

 

Sponsored Link

 
最近、痩せる腸内細菌のダイエットが注目されています。
 
 
今まではダイエットに関わるのは摂取カロリーと消費カロリーの
バランスだと考えられていました。
 
 
が、痩せる腸内細菌を持つ人は同じ食事量でも体が吸収するカロリーが
少なく、同じ運動量でも体が消費するカロリーが多いことが科学的に
明らかになりました。

 
 
痩せる腸内細菌を持つ人は大腸から停滞している便からの余分なカロリー
吸収を減らします。
 
 
そして痩せる腸内細菌は体脂肪を減少させるという効果があります。
 
 
これは是非試してみたいダイエット法ですね!
 
 
ここでポイントを紹介したいと思います。
 
 
まずヨーグルトはダイエットをしたい人のおすすめの食べるタイミングは
「夜寝る一時間前」だそうです。
 
 
これだけ聞くとなんだか太りそうな気がしますが、ちゃんとした理由が
ありました。
 
 
腸は体がリラックスした、「副交感神経」が優位のときに働きます。
なので日中よりも睡眠をとる前、リラックスしたタイミングで摂ると
いいそうです。
 
 
そして、低炭水化物ダイエットは痩せる腸内細菌を減らしてしまうそうです。
痩せる腸内細菌が減ってしまうと太りやすい体質になってしまいます。
 
 
腸は第二の脳ともいわれています。腸内環境を整えることによって
がんの予防にもなると言われています。
 
 
健康のためにも善玉菌を増やしましょう!
 
 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください