あさイチ!電力自由化のメリットとデメリットは?仕組みを簡単に説明

Sponsored Link

 
今年2016年4月から始まる『自由電気化』。これによって100社以上
の電力会社の中から、自分の暮らしに合ったものを選び購入すること
ができるようになります。
 
 
どの電力会社から購入しても電気の質に変わりはありませんが、そも
そも電気自由化とはどんなものなのでしょうか。
 
 
 

電気自由化の仕組みを簡単に説明!

 
 
法律の改正によって一般家庭などに向けた電気小売が、今年4月から
完全自由化されることになりました。
 
 
今までは、地域ごとに決まった大手電力会社から電気を購入していま
したが、これにより様々な企業が電力の販売を始めるため、消費者が
自分のライフスタイルに合ったものを選択できるようになりました。
 
 
各企業は、ガスとのセットプランや、携帯電話とのセットプランなど
様々な商品を販売することが予想されています。
 
 
しかし、現在に至るまで電気といえば大手電力会社で、電話1本で
開通してもらい、後は使用料を払うだけ、という単純なシステムで、
何かを“選択”するといったことはありませんでした。
 
 
また大手電力会社も顧客離れ防止の為か、それほど大きな告知をして
いません。
 
 
そのため、消費者である私たちは、選択の自由はあるものの、一体
どうやって選択して良いのか分からず、電力会社の変更を考えている
人は、とても少ないようです。
 
あさイチ!再生可能エネルギーの種類とおすすめの新電力会社は?
 

メリットとデメリットは?

Sponsored Link

 
電気自由化の最大のメリットは、消費者側が電気価格の比較ができ、
選択して購入出来ることです。
 
 
各企業は、顧客獲得のため様々な商品を用意すると思われます。
 
 
通信会社であれば、ネット回線や携帯電話とのセット、自動車メー
カーであれば、電気自動車を保有している家庭に向けたプランなど、
各企業が自社サービスとのセット販売を打ち出して来ると思われます。
 
 
自分のライフスタイルに合った商品で価格を比較し、購入できる
ようになり、毎月の使用料を軽減することができるわけです。
 
 
電気の質は同じでも、太陽光発電や風力発電など、再生エネルギー
で発電した電気など、環境に良い電気を使いたいというニーズにも
応える商品の販売も予想されています。
 
 
ここまで見ると、とても良いものと思うのですが、やはり少なからず
デメリットがあるのも事実です。
 
 
すでに販売競争の激化が予想される首都圏では「自由化バブル」が
起こっています。
 
 
1300万キロワット分の火力発電所の建設計画が予定されていますが、
これは原発13基分にも相当する出力量で、供給過剰ではないかと懸念
されています。

 
 
今までは、国の規制によって守られてきた一定の価格が、自由化に
よって市場に左右されてしまうようになります。
 
 
実際、日本より先に電気自由化された米カルフォルニアでは、2000
年から2001年にかけて電気自由化後の市場設備の不備や、電気料金
の吊り上げを狙った企業により大きな混乱が起きました。
 
 
このように電力の供給体制が不安定化したりする可能性がある訳です。
 
 
自由化された後、電力市場を持続させて行くためには、充分な予備力の
確保と、安定した大量の供給力を持つ事業の参入が必須になるでしょう。
 
 
4月からスタートする電気自由化。みなさんもう準備はお済みですか?
自分のライフスタイルに合ったプランを見付けて、お得に電気を購入
しましょう。
  
あさイチ!再生可能エネルギーは安くて安全?停電や災害などの影響は?
 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください