諏訪大社御柱祭2016の日程と場所は?バスツアーや観覧のポイントも

Sponsored Link

『7年に1度の天下の大祭』御柱祭。今年は、その“7年目”の年を迎
えました。
 
 
長野県諏訪市にある諏訪大社は、全国各地にある諏訪神社の総本社
であり、国内にある最も古い神社の1つです。
 
 
全国各地から観光客が訪れ、諏訪地方の6市町村の子供達も、毎回
こぞって参加するこの御柱祭ですが、正式名称は『式年造営御柱大祭』
です。
 
諏訪大社の御柱祭へのアクセス方法は?バスでの行き方や駐車場は?
 

2016諏訪大社御柱祭の日程と場所は?

寅年と申年のみに行われる御柱祭。今年2016年は7年目の申年を迎
えました。
 
 
すでに木作りも終え、スタートを待つのみとなった今年の御柱祭は
4月2日から始まります!
 
 
上社・下社で日程が異なります。
 
 

《上社御柱祭》
 
■山出し「木落し」4月2日(土)・3日(日)・4日(月)
■里曳き「建御柱」5月3日(火)・4日(水)・5日(木)
■宝殿遷座祭 6月15日(水)
 
 
・本宮(長野県諏訪市中洲宮山)
・前宮(長野県茅野市宮川)
 
 
《下社御柱祭》
  
 
■山出し「木落し」4月8日(金)・9日(土)・10日(日)
■里曳き「建御柱」5月14日(土)・15日(日)・16日(月)
■宝殿遷座祭 5月13日(金)
 
 
・秋宮(長野県諏訪郡下諏訪町武居)
・春宮(長野県諏訪郡下諏訪町下野原)

 
 
上社は諏訪湖南岸に位置し、下社は北岸に位置します。
 
諏訪大社周辺の観光名所やおすすめのホテルと温泉は?食事とお土産は?
 

バスなどのツアーはある?

大手旅行会社がバスツアーを取り扱っている様です。金額は日帰り
で20.000円〜ほどになっていました。
 
 
宿泊ありの商品もあるようですが、4月のツアーはすでに終了して
いるところがほとんどでした。
 
 
4月見に行きたい!という人は、ツアー以外の選択肢が必要ですね。
 
 

観覧席やその場所は?

毎回かなりの混雑があるため、安心・安全に観覧するために有料
観覧席が設けられています。
 
 
御柱祭最大の見せ場でもある「木落し」を間近で見る事が出来るの
ですが、こちらもすでに完売してしまっているようです。
 
 
その周辺に無料観覧席もあるのですが、下手すると数日前から並ん
でいる人もいるくらい競争率が高いです。
 
 
混雑で全く前に進めない状態になりますので、絶対見たい!という
人は、数日前には現地に到着しておいたほうが安心かもしれません。
 
 

御柱祭を楽しむポイントは?

Sponsored Link

山出しの最大の見どころは、やっぱり「木落し」!木落しは急斜面
を沢山の人と共に柱が滑り降りていく、という象徴的な場面です。
 
 
この柱に乗る事が出来るのも、選ばれたわずかな人達だけなのです
が、この「華乗り」になるためには、相当な努力が必要とされます。
 
 
前回の御柱祭が終了してから、すぐに次回の華乗りになるための競争
が始まり、誰もが納得するような政治的な力も必要となるのです。
 
 
しかし、突然部外者が華乗りになってしまう事もあると、木落しの
真っ最中に男の争いが繰り広げられます(笑)
 
 
木落しでは、乗っている人達に注目すると面白いかもしれません。
 
 
そしてもう一つの見どころは、上社山出しのクライマックス「川越
し」です。雪解けの冷たい川の中を、御柱を曳いていきます。
 
 
地元の人の間では、ある意味木落しより危険と言われています。
 
 
木落し・川越しが、やはり御柱祭の一番盛り上がるポイントなので
すが、個人的には山出しの出発点に行ってみて頂きたいです!
 
 
出発点である原村では、選ばれし8本の柱が並ぶ貴重な光景を見る
事ができます。
 
 
出発は朝7時半と早いのですが、8本の御柱祭が見られるのはそこ
だけですので、機会があれば行ってみて下さい。
  
 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください