A-bikeの本物と偽物の違いや電動アシストの乗り心地と体重制限について

 

皆さん、A-bike(エーバイク)をご存知ですか?

 

田舎ではあまり見かけませんが、イギリスの発明家が造った超軽量の折りたたみ自転車です。

 

そんなA-bikeには本物と偽物があり、間違って偽者を買ってしまわないように色々と調べてみました。

 

電動アシストの乗り心地と体重制限についても紹介します。

 

Sponsored Link

 

A-bike(エーバイク)の本物と偽物の違いは?

a-bike%ef%bc%88%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%ef%bc%89

 

偽物との見分け方は、値段と強度ですかね。まず、値段がぜんぜん違います。

 

偽物(コピー)はだいたい10000円前後ですが本物は50000円以上します。

 

安いものはほぼ中国製ですね。安さのみが売りです。しかし強度が低い!めちゃめちゃ低いらしい!

 

1cmの段差でタイヤが取れた人もいるくらい。本体に使っている材質が違うんですよね。

 

繋ぎ目などの重要な部分もコストを下げた仕上がりです。見た目では初めて買う人は分からないと思いますね。

 

値段よりも断然本物という方は正規の販売店で5万円以上だして購入しましょう。

 

こちらのサイトにコピー品での事故の事例が紹介されていました。事例

 

重さや乗り心地、電動アシストについても

 

 

重さは非常に軽いですね約7kgです。電動アシストは約12kg。(バッテリー込み)

 

長時間持っていれば重いと感じてしまいますが逆に考えると軽すぎるのは強度が心配ですよね。

 

乗り心地については、あまり良い評判はありませんね。やはり快適さを売りにしているものではないということです。

 

タイヤも小さいので衝撃がハンドルにくるらしい。持ち運びしやすい重さとコンパクトさが売りでしょう。ちなみに田舎向きではないですね。

 

都会で電車を利用する方や駐輪所がない方に向いているかもです。また、最近では電動アシスト仕様が販売されています。満充電で20km走るようです。
【日本正規代理店】A-bike electric エーバイクエレクトリック 電動アシスト折り畳み自転車
なんか乗ってみたくなりましたが価格がヤバイ。なんと約15万!!!高い。

 

タイヤのサイズは8インチ。重さは12kg。乗車の制限体重は100kg。3時間の充電で20km走行。速度は18km以下

 

体重制限について

 

Sponsored Link

 

先ほども言いましたが電動アシストが100kg、通常のが85kgです。

 

見た目でも分かるように丈夫には作られていないと思います。段差のすくないような場所で利用しましょう。

 

あと改造して乗れるようにいくつかパーツも販売されています。大人の遊び心で改造してみるのもいいですね。

 

ネジが取れたりしないよう整備は怠らないようにお願いします。

 

ちゃんと保険にも入ってね。正規販売店はこちらディアマイフレンド

 

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください