お酢(酢酸菌)の疲労回復メカニズムや便秘にいい効果とは?サプリについても

 

お酢と言えば、体に良いことで知られていますが、どのような効果があるのか、どのような摂取方法があるのか、ご存知ですか?

 

お酢の力って本当にすごいんです!ということで、今回はお酢の効果についてと、簡単にお酢を摂取する方法をご紹介します。

 

今年の夏は猛暑になると言われています。しっかり体作りをして、早めに夏バテ予防もしておきましょう!

 

Sponsored Link

 

お酢(酢酸菌)が便秘や疲労回復にいい?

 

 

お酢といえば『ダイエットに効果的!』と言われ、“お酢ダイエット”も流行し、黒酢やリンゴ酢なども販売されるようになりました。

 

では、なぜダイエットに効果的なのか・・・、意外と知らない人が多いのでは?

 

お酢に含まれる酢酸やクエン酸が、腸内環境を整え、大腸のぜん動運動を活発にし、便通を促して、便秘を解消します。

 

また脂肪分解も促進され、脂肪を溜めにくくする効果もあることからダイエットにも効果的と言われています。

 

実は私もどちらかと言うと便秘気味でして、数日に1回お通じがあるかないかでした。

 

お酢が便秘に効果的と知り、リンゴ酢を水や炭酸水で冷蔵庫に常備しています。おかげで便秘解消!毎日スッキリです。

 

そして、お酢に含まれるクエン酸には、疲労物質である乳酸を分解し、アミノ酸はエネルギーを作り出します。

 

お酢には疲労回復の効果とともに、疲れを溜めにくくする効果もあるわけです。

 

趣味どきの藤原紀香に子供は出来る?芸能界の高齢出産事例は?

 

酢酸菌を含む身近な食品は?

酢酸菌による食品には、ナタデココや紅茶キノコ、カスピ海ヨーグルト、スメタナなどがありますが、日本人に一番身近なのは、やはり食酢。

 

先程もご紹介しましたが、普通のお酢以外にも、黒酢やリンゴ酢など様々な種類のお酢が販売されています。

 

また、お酢に含まれるクエン酸を含む食品は、レモンやみかん、グレープフルーツなどの柑橘類、パイナップル、キウイ、梅などがあります。

 

果物なら飽きにくいですし、お酢が苦手な人でも、気軽に取り込むことができますね。

 

お酢を摂取することで気を付けたいのは、2つのポイントです。まず1つは、毎日継続すること。そしてもうひとつは、摂取するタイミングです。

 

血糖値の上昇を抑える効果があることで、食前にお酢を飲んだりする人も多いのですが、実はこれ危険です!

 

朝食前や空腹時などにお酢を飲むのは、消化器への刺激が強すぎてしまう場合があります。

 

食中や食後に飲むか、お酢を使ったメニューを組み込んでみるのもいいですね。

 

酢酸菌の健康食品(サプリメントなど)はある?

 

Sponsored Link

 

黒酢サプリメントやもろみ酢サプリメントなど、さらに手軽に簡単に摂取できるものが、豊富に販売されています。

 

お酢独特の風味も気にならず、胃への負担もありません。また低カロリーで、気軽に続けられると、幅広い年代層から人気があります。

 

人気があるのは「黒酢サプリメント」。酢酸はグリコーゲンを体内に補充するのを促し、疲労感を軽減させます。

 

黒酢には、良質な酢酸が豊富に含まれていることで、人気が高いようです。ということで、人気ランキングをチェックしてみました。

 

黒酢サプリメントの人気ベスト3

 

1位

 

2位

 

3位

 

 

お酢のサプリメントに限ったことではありませんが、栄養素は他の栄養素と組み合わせて摂取することで相乗効果が発揮され、より高い効果が期待できます。

 

お酢と相性が良いのは「カルシウム」です。お酢のサプリメントを水ではなく牛乳で飲むことにより、カルシウムの吸収を助けるというメリットがあるそうです。

 

お酢の栄養素を体内に吸収しやすくするためには、マルチビタミンとセットで飲むのが良いそうですよ。

 

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください