高畑充希は歌がうまいけど歌声は嫌い?かっこいいなどの感想も

 

とと姉ちゃん出演中の女優・高畑充希さん。ドラマの他にもCMや映画など、大活躍中です。

その演技力の高さ以外にも、歌唱力も凄いと話題に。NTTdocomoのCMやお酒のCMでも、見事な歌いっぷりを披露しています。

2015年に公開されたディズニー映画「シンデレラ」で、主人公エラの吹き替えを担当。

作品の中で俳優・城田優さんとのデュエット曲日本語版「夢はひそかに」を披露し、その歌唱力が一気に注目され始めました。

しかし、高畑さんの歌声は業界では、実はもっと早くから注目されていました。

それは、舞台での歌声です。会場中に響き渡るような美しい歌声はすぐ話題となり、女優としてデビューしたわずか2年後にCDデビューしています。

色々リサーチしてみたところ、その美しい歌声は、彼女の並々ならぬ努力あってのものでした。

 

Sponsored Link

 

高畑充希が歌がうまい?歌唱力の秘密は?

 

 

はっきり言って、うますぎます!そこらへんのアイドルや歌手なんて比べものになりません(笑)歌声が嫌いという人もいますが私はかっこいいと思いました。

力強く、伸びやかな歌声で、つい聞き惚れてしまいます。「夢はひそかに」では、思わず聞き入ってしまったという人が続出したほど。

なぜ高畑さんはこんなにも歌が上手いのでしょうか?

 

 

 

高畑さんは両親の影響で、幼いころから、舞台などを鑑賞する機会が多く、それがきっかけとなって、舞台女優を目指すようになったそうです。

小学生のころから数多くのオーディションを受けた高畑さんでしたが、残念ながら不合格ばかり・・・。

それならばと、早稲田大学の演劇研究会に入ろうと、猛勉強をはじめたそうです!

そして同時に、コーラスやクラッシックも学び、ひたすら夢を追いかけてきた高畑さん。

転機が訪れたのは、ミュージカル「ピーターパン」の主演に抜擢されたことでした。大学入学前に舞台女優になる夢が叶ったんですね!

今の活躍や、歌声は、小学生時代から積み重ねてきた努力の成果ですね。ますます高畑さんが素敵な女性であることが伝わるエピソードです!

 

過去の出演舞台は?

 

Sponsored Link

 

2007年から2012年まで、主役を務めた「ピーターパン」の他にも、いくつかの舞台に出演しています。

「奇跡の人」では、2009年と2014年にヘレン・ケラー役を務め、韓国ドラマを舞台化した「美男ですね」では、ヒロイン役を。

同じく韓国ドラマの舞台番「コーヒープリンス1号店」でもヒロインを演じ、他にも「いやおうなしに」「青い種子は太陽のなかにある」などの舞台に出演してきました。

ピーターパンや、韓国ドラマの舞台番では、ボーイッシュなイメージが強かったのですが、「いやおうなしに」では、男性俳優との大胆な絡みがあり、凄いインパクトでした!

現在、音楽活動はしてるの?

高畑さんは「高畑充希」と「みつき」の2つの名義を使って音楽活動をしてきました。

2007年にはCDデビューし、去年2015年には『10th AnnivrsaryPremium Live』を東京と大阪で開催。

現在は目立った音楽活動はしていませんが、CMやドラマで、変わらぬ見事な歌声を披露しています。

ドラマは毎クール見かけるほど出演されていますし、本業である女優のお仕事が忙しくて、音楽活動は難しいのかもしれません。

しかし、高畑さんの歌声のファンにとっては、もっともっと音楽活動もして欲しい!!自分と同じように感じている人は多いのでは?

ここ1・2年で、グッと大人の女性へと雰囲気が変わって美しさが増してきた高畑さん。これからも幅広いジャンルでの活躍を期待したいですね!

 

おすすめ:とと姉ちゃん高畑充希の恋の相手役は誰?坂口健太郎か唐沢寿明?

 

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です