田代佳奈美(日本女子バレー)のプロフィールは?セッターとしての実力は?

Sponsored Link

田代佳奈美のプロフィール

田代佳奈美
 
1991年生まれの25歳です。滋賀県栗東市出身でニックネームは「ジン」です。
 
 
 
このニックネームはテレビドラマにもなった「仁-JIN-」が好きで主人公の名前から由来しているそうです。
 
 
 
現在はプレミアリーグの東レ・アローズに所属しています。
 
 
 
バレーを始めたきっかけは母親が元々実業団でバレーボールをしていて、地元で「はやぶさジュニア」というチームのコーチになるということから小学校1年生のときに始められました。
 
 
 
小学校3年生になる頃にはチームの中心選手にまで成長し、周りからはアタッカーになることを勧められたそうですが、母親のアドバイスでセッターを選び、現在もセッターでプレーされています。
 
 
 
中学校のときはJOCカップで長野選抜チームの一員として優勝を果たし、高校の時には春高バレー準優勝や2007年アジアユース選手権優勝などの結果を残しました。
 
 
 
2009年に現在のチーム、東レ・アローズに入団しました。高校生まではエリート街道をひた走っていた田代さんですがここで少し壁にぶち当たりました。
 
 
田代佳奈美2

 
当時東レ・アローズには全日本女子にも選出されていた中道瞳さんが正セッターを務めていたからです。
 
 
 
なかなか出場機会に恵まれない日々が続きました。
 
 
 
それでも2012年にはアジアカップに出場、2013年にはU23の世界選手権でキャプテンを務め銅メダルを獲得するなど、徐々にキャリアを積みました。
 
 
 
2015年に中道さんが引退したのを機にチームの副キャプテン、正セッターとして活躍されています。
 
 
 

田代佳奈美はキンタローに似ている?

田代佳奈美3
 
 
現在行われている試合もですし、その次に続くリオ五輪でもどんどん経験をつんで成長できる選手です。
 
 
 
是非これを機会にアタッカーに目が行きがちなところをセッターの田代さんの動きにも注目してバレーの試合を観戦してみてください。
 
 
 
運動量の豊富さなども含めてセッターの魅力が分かると思います。
 
 
 
そうすればより一層バレーボールを楽しめるかもしれません。
  

関連:バレーボール女子韓国キャプテンのキム・ヨンギョンのプロフィールは?
 
関連:座安琴希(バレー女子日本リベロ)のプロフィールは?最高指高って何?
 
関連:長岡望悠(バレーボール女子日本代表背番号1)は男前?プロフィールは?
 
 

Sponsored Link


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です