女子バレー山口舞はかわいいけど出身や年齢は?プロフィールも

 

女子バレー山口舞選手は身長176cmで器用さと経験、そして美しさも充分のベテラン選手です。そんな、かわいい山口舞選手の出身や年齢などのプロフィールを紹介します。

 

Sponsored Link

 

山口舞選手のプロフィールは?

 

 

 

山口舞選手は1983年生まれの32歳です。見た目から20代かと思っていました。出身は三重県で自然豊かな環境で育ったそうです。

 

お友達に誘われて小学4年生からバレーボールを始めました。それまでは水泳を習っていたそうです。水泳でも活躍できたでしょうね。

 

大阪国際滝井高校に進学し、1年生からレギュラーで活躍します。卒業後は「岡山シーガルズ」に入団し、好成績に貢献します。

 

全日本女子代表に選出されたのは2009年のことで26歳と遅咲きの選手のようです。一度代表から外されますが再び緊急招集されます。

 

オリンピック、世界選手権、ワールドカップと国際試合の経験も充分です。2013年から岡山シーガールズの主将も務めています。

 

あだ名は忍者?

山口選手の身長は176cmと女性からすれば高い身長です。しかし世界のバレーボール選手からすると…。とっても低いんですね。

 

山口さんの全日本でのポジションは「ミドルブロッカー」です。ブロックって背の高い人がするもんだよね?と思いますよね。

 

その名の通りブロックをする役割が大きく、さらにコート中央からクイック攻撃をして点を獲りに行きます。

 

身長が高いプレーヤーがこのポジションをやることが多いポジションです。山口選手の身長は176cmですが最高到達点は304cmです!

 

180cm以上の選手と変わりない高さを持ち、小柄であることを生かして他の選手に隠れて移動したりと相手をかく乱させます。

 

予測がつかない動きから、海外の選手から「忍者」と呼ばれているとか!思わず笑ってしまうあだ名ですね。

 

全日本チームの戦術に「ハイブリット6」というセッター以外は全員アタッカーとして攻撃する戦術があります。

 

本来ウイングスパイカーですが、ミドルブロッカーをしてと言われたり、また戻ったり…。器用にこなす山口選手は貴重な存在です。

 

山口選手のコートネームに「ユメ」があります。夢をかなえられるようにと高校時代に先輩がつけてくれたそうです。

 

身長差を感じさせない山口選手のプレーは子供たちに夢を与えているんじゃないでしょうか。素敵なコートネームです。

 

ちなみに「パール」というコートネームもあるんですが、これは、出身地が真珠で名高い志摩市の出身だからだそうです。

 

味方からはユメやパールで、海外からは忍者!本名と全然違いますよね。あだ名を付けられやすいって、親しみやすい人のようです。

 

色白で字もキレイ?

 

Sponsored Link

 

バレーボール選手ってインドアスポーツのせいか色白な選手が多いですよね。その中でも山口選手の肌はキレイですね。

 

白くてバランスの良い“太もも”も注目されているようです。美人ですし彼氏もいるのかと思いきや、彼氏情報がでてきません!

 

将来の夢は“幸せな家庭をつくること ”とありますから結婚願望はあるようですね。密かに愛を育んでいるかもしれません。

 

オフの時はドライブやショッピングをして過ごしているそうです。海沿いのドライブとかしてそうですね。大人な女性な感じです。

 

山口選手は書道を9年もしていて、字がとても綺麗です。サインに書かれた言葉の字なんかを見るとわかります。

 

器用な選手ですが、ひとつひとつの事を丁寧に積み上げてきた結果なんでしょうね。真面目さが伝わってきて応援したくなります。

 

関連:女子バレーの宮下遥の前歯は治った?制服とジャージの画像もあり

関連:女子バレー佐藤あり紗(リベロ)の経歴は?ギャルに見えるけど?画像あり

関連:田代佳奈美(日本女子バレー)のプロフィールは?セッターとしての実力は?

 

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です