志村どうぶつ園の片足のないワラビーは今後どうなる?寿命はどのくらい?

スポンサードリンク

片足のないワラビーは生きられる?

ワラビー

この片足のないワラビーの赤ちゃんはどうして片足がないのかわからないそうです。

 

 

足がなかったのでお母さんの袋から落ちても自力で戻ることができずに地面に落ちていたところを飼育員さんに発見され保護されました。

 

 

もし自然の中でなら飼育員さんはいませんし、自力でお母さんのところへ戻れない赤ちゃんは死んでしまうしかないのだと思います。

 

 

足のない部分に細菌が入って感染症を起こす危険性もあります。今のところ志村どうぶつえんで紹介されているワラビーは保育器で育てられています。

 

 

ワラビーは男の子で成長すると18キロくらいの重さになるそうです。そうなるとワラビーは片足でその体重を支えていかなければなりません。

 

 

ワラビーはジャンプします。ジャンプは両足があってこそのものです。現段階では飼育員さんもそれができるようになるのか心配だそうです。

 

 

飼育員さんの最終目標はお母さんのいるエリアで自由に暮すことです。

 

 

片足がないということで義足をつけるという方法も考えられているようですが、犬や猫の愛玩動物や象などで人に懐きやすい動物が多いようで、ワラビーに義足をつけることができるのかはまだ分からないとのことでした。

 

 

このワラビーが生きていくにはさまざまな困難が待ち受けているかもしれません。でも頑張って生きていってほしいですね!

 

 

ワラビーはペットで飼える?

スポンサードリンク

原産国であるオーストラリアの輸出許可があれば飼うことができます。ややこしい飼育規定がある外来種などにも指定されていません。

 

 

稀にペットショップで見かけることもあるようで、珍しいペットを取り扱っているお店であれば出会える確率は高いです。

 

 

日本で販売されているワラビーの種類は4種類で、ダマワラビー、ダマヤブワラビー、ベネットワラビー、パルマワラビーです。

 

 

価格は種類によって幅がありますが大体20万~40万円くらいです。

 

 

エサはワラビー専用というものはありませんがヘイキューブという栄養価の高い牧草を圧縮したものや、ペレットという総合栄養食、草食動物なのでりんごや小松菜、みかんなども食べます。

 

 

性格は好奇心旺盛ですが臆病で人になつきにくいです。飼育は大変だということです。パニックになってジャンプして天井で頭を打って怪我をしてしまうことがあるそうです。

 

 

大人になると大きさは体長50センチから100センチくらいまで成長します。100センチだと大体4歳児くらいの大きさです。

 

 

夜行性ですし、飼うとなるとかなり覚悟がいりそうです。都会のマンションやアパートで飼う事は難しそうです。

 

 

寿命に影響はある?

 

健康なワラビーの平均寿命は10年から15年ほどで犬と同じくらいです。ただ片足のないワラビーはこれからそれがどう寿命に影響してしまうのかわかりません。

 

 

もし上手く動けなかったりするとストレスが溜まってしまうかもしれません。まったく影響がないということはないのではないかと思われます。

 

 

これからどのように企画が進んでいくのか気になります。うまく育っていってくれるといいですね。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です