中国のディズニーランドの評判と安全管理は?スタッフのマナーも悪い?

 

上海ディズニーランドが今月16日についに正式開園しました。海外への消費を国内へ向ける起爆剤になるでしょうか。安全管理や評判、スタッフや中国人客のマナー(質)も低いかどうか気になりますね。

 

スポンサードリンク

 

中国のディズニーランドの評判と安全管理は?

 

 

 

東京ディズニーリゾートの約2倍の広さで、中央に立つお城は“世界”のディズニー施設の中でも最大規模だそうです。

 

 

およそ6千億円を投じて建設され、上海ディズニーから3時間圏内に暮らす3億3000万人がターゲットとさすが中国ですね。

 

 

あまりに市場が大きすぎて、安全な運営ができるのかな?と心配になってしまいます。アトラクションだけで24もあります。

 

 

試験営業の時からアトラクションの故障が伝えられ、日々どこか壊れているなんて言われていました。

 

 

正式開園した16日も「カリブの海賊」で、安全バーが上がらなくなる故障があったそうです。事故に繋がらないといいですね。

 

 

安全対策のために、入場の際には荷物検査が行われます。入場前から手間取り長蛇の列になりました。行列は避けられません。

 

 

行列で問題になるのは割り込みです。口論になり、トラブルに発展してしまうこともあります。みんな声、大きそうですよね。

 

 

並んでいるだけいいですが、出入口に殺到したら大規模な転倒事故が起きてしまいます。安全対策は徹底してほしいですね。悪い評判が目立ちますね。

 

 

スタッフやキャストの質やマナーは低い?

 

度々話題になる中国人のマナーの悪さも気になります。夢の国でもやはり、マナーの悪さは変わらなかったようです。

 

 

ゴミのポイ捨てに喫煙、タンの吐き捨て、スタッフへの罵声、落書き、そしてベンチに横になって寝ていたりと定番です。

 

 

子供にそこらへんで小便させるようなこともあるとか・・・。園内にトイレはたくさんあるはずです。信じられませんね。

 

 

運営陣も「ディズニー史上最も厳しい」といわれるルールを徹底しているそうです。夢の国ですから是非お願いしたいですね。

 

 

自撮り棒、三脚、折り畳み椅子の持ち込み禁止に16歳以上のコスプレやマスクの着用の禁止がされているようです。

 

 

行列への割り込み防止のために「トイレカード」が用意されており、カードを見せないと列に復帰できないシステムもあります。

 

 

お客側のマナーの問題が話題になることが多いですが、お国柄というならばキャストもやはり同じ国の人間です。

 

 

不慣れもあるでしょうが、説明不足で混乱を招いたり、お客さんのいるところで休憩していたりするそうです。

 

 

ディズニーランドの素晴らしさはキャストの質の高さです。教育に訓練も日々行われているでしょうが、頑張ってほしいですね。

 

 

ディズニーランドのキャストがマナーを向上させた、なんて記事がでたら本当に世界からお客さんが集まりそうですね。

 

 

日本へ来る中国からの観光客は減る?

スポンサードリンク

 

中国からの観光客の数は、日本経済にとって無視できません。東京ディズニーリゾートはどうみているのでしょうか。

 

 

現時点でも、長期的でも影響はないとみているようですね。過去には香港ディズニーランドが開園したこともありました。

 

 

中国を中心に外国人の集客で来場者数を伸ばしてきましたが、直接競合はしていない事から影響は考えていないようです。

 

 

それよりも円高による訪日外国人の伸び悩みや、4月の値上げによる影響のほうが心配されているようです。

 

 

世界初、最大級と魅力の多い上海ディズニーランドです。いい意味で話題になって盛り上がっていくといいですね。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です