時をかける少女の竹内涼真のプロフィールは?ドラマの演技は下手?

スポンサードリンク

 

 

2014年仮面ライダードライブの主演から出演作品もどんどん増えている期待の新人俳優で、竹内涼真さんはドラマ「時をかける少女」や映画「青空エール」に出演するなど今、注目されています。

 

 

今回は、竹内涼真さんのプロフィールやドラマの演技力についてご紹介しますね。

 

 

竹内涼真のプロフィールは?

竹内涼真

 

竹内涼真さんは1993年生まれの23歳です。身長185cmと高身長に小顔でスタイルは抜群です。口元のほくろも特徴でしょうか。

 

 

5歳からサッカーをはじめて高校時代には東京ヴェルディのユースに所属していたそうで、運動神経は抜群どころではありません。

 

 

サッカー推薦で大学に進学しますが、プロへの道は断念し俳優への道を目指してオーディションへ参加します。

 

 

2013年の女性ファッション誌「minaカレグランプリ」にて2457人の中からグランプリとなり、大手事務所ホリプロに所属します。

 

 

「第43回東京モーターショー2013」のオーディションでグランプリとなり、ミニドラマ「車家の人々」で俳優デビューします。

 

 

2014年にはデビュー前から目標としていた仮面ライダーの主役に抜擢されるなど、オーディションに強い俳優さんのようですね。

 

 

2015年には「下町ロケット」では後半の物語で注目された立花洋介役を演じています。出演作品にも恵まれているようです。

 

 

今年はドラマ「時をかける少女」で浅倉吾朗役でヒロインの幼馴染役で重要な役どころを演じるようです。

 

 

映画「青空エール」ではヒロイン土屋太鳳の相手役を演じます。この経歴!まさに急成長の若手俳優で間違いないようです。

 

関連:ドラマ時をかける少女のヒロインの名前と性格は?出身地や評判も

 

 

ドラマの演技は下手?

竹内涼真1

 

幼少期から演技を勉強していたわけではなく、サッカー少年から大学で進路変更していますから演技は素人からのスタートです。

 

 

「仮面ライダードライブ」の起用理由から、竹内涼真さんの役者としての実力が見えてきそうです。

 

 

「演技の上手さではなく人の話を聴く力や吸収したことを出力する力を重視」

 

 

演技は下手ではないけど上手でもなかったようですね。

 

 

「オーディションでの課題に対する姿勢を評価」

 

 

とあるように、竹内涼真さん、いい人っぽい雰囲気がする人です。

 

 

仮面ライダーの次に出演した「下町ロケット」では熱演し、目チカラを感じたなど、高評価を受けていました。

 

 

演技が下手どころか、どんどん上手になっているようです!成長を見越しての採用、選ぶ人の見る目って凄いですね。

 

 

今年はドラマ「時をかける少女」に映画「青空エール」と青春ど真ん中な作品です。爽やかな演技に胸きゅんさせられそうです。

 

関連:ドラマ時をかける少女のゆいPの演技はうまい?名前の由来や家族構成も

 

竹内涼真の地元はどこ?

スポンサードリンク

 

出身高校は公表されておらず、サッカー推薦で進学した大学は立正大学ということは分かっているようです。

 

 

出身は東京都となっており、幼少期から大学までずっと東京育ちということでしょうか。都会の青年はカッコいいですね!

 

 

家族は両親に妹と弟の5人家族で、とっても仲がいいそうです。家族だけでなく親戚関係も良好な様子が伺えます。

 

 

サッカーを始めたきっかけは、仮面ライダー好きのおじの影響だったりします。さらに、祖母と食事や買い物にもいくそうです。

 

 

家族や親戚が大好きで、大晦日のカウントダウンは実家で親戚みんなで集合してワイワイ盛り上がるそうです。

 

 

これは東京生まれの東京育ち、地元は江戸っ子だい!という雰囲気がしてきますが、どうでしょうか。

 

 

最近はマンションで一人暮らしをはじめたようですが、家族が大好きなようですから、度々実家に帰ってそうですね。

 

 

お仕事で忙しいかもしれませんが、人気も集めて注目されるようになったら地元も自然と話題になりそうですね。

 

関連:ドラマ時をかける少女の猫背椿の本名とプロフィールは?演技は下手?

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です