松山三四六(346)は長野のラジオで嫌いと言われてる?本名と評判について

 

FM長野でラジオパーソナリティーの三四六(旧松山三四郎)さん。柔道に歌に何でもこなしてしまいかなりのイケメンです。(一部イケメンではない!と報告あり(笑))評判について調べると「嫌い」の文字があったので、その辺についてもプロフィールと一緒に紹介しますね。

 

スポンサードリンク

 

FM長野の松山三四六は本名?プロフィールも

 

FM長野「346 GROOVE FRIDAY」のメインパーソナリティーを務める三四六さん。

 

本名は秦光秀(はたみつひで)さんです。旧芸名は松山千春さんから千春のものまねの実力を認められ直々に「松山三四郎」さんと命名されたそうです。

 

さらに松山千春さんの「ON THE RADIO」に不安定狭心症で倒れた松山千春さんの代役を氏名され、務めたそうです。すごい実力の持ち主ですね。

 

現在の所属事務所移籍時に柔道の姿三四郎さんにちなむとされており、「三四六」に改名したそうですが、「松山三四六 NUTS5」のメインパーソナリティーもされており、プロフィールも「松山三四六」さんと記載されておりました。

 

1970年7月9日の東京都生まれ。小学校の頃から柔道をされており、明大中野中学の頃に第16回全国中学校柔道大会78kg以下級で優勝し、現在も特技としているそうです。

 

大学在学中に「史上最強ものまねバトル大賞」の素人選手権で優勝し、芸能界デビュー。

 

 

吉本興業にも入社したそうです。現在は吉本興業退社し、ラジオのパーソナリティー、歌手として活動。

 

1998年に「ものまねバトル大賞」で共演した女優の網浜直子さんとご結婚し、お子さんが2人いらっしゃるそうです。

 

 

奥さんの網浜直子さんとお子さん二人は東京で暮らしているそうですが、三四六さんは長野でのお仕事が多いみたいですね。

 

ご自身や奥さんの故郷ではないのに「なぜ長野?」と思い調べましたが、はっきりとはわかりませんでした。

 

ただ、FM長野の「346 GROOVE FRIDAY」がきっかけだそうです。そして、長野大学では教授として教壇に立ち、講演会も行っているそうです。

 

三四六さんの評判は?

ネットで検索すると「三四六 嫌い」と出てきます。有名になれば、好きと言う人に、嫌いという人に色々出てくるのは自然なことですが、私は好きな方です。

 

みんなの声をツイッターから、拾ってみました。

 


 


 


 


なんか嫌いな人が目立ちますが、ラジオを聞いての感想としては好きな人も多い感じ。今回は半々ということで・・・。

 

ライブの評判は?服装についても

 

スポンサードリンク

 

三四六さんはアコースティックバージョンでのミニライブやコンサートを行っているようですが、そのほとんどがやはり長野ですね。

 

というのも三四六さんは長野県限定で歌手デビューされているそうです。「三四六学園生徒」という三四六さんのファンクラブもあったようですが、現在は解散しているみたいです。

 

ライブには元気をもらったと好評ですし、ライブのサイン会には長蛇の列になったそうです。

 

松山三四六さんオリジナルのスマートフォンケースやラインスタンプが販売されておりますが、ライブのTシャツなどは見つけられませんでした。

 

以外なグッズで少し驚きましたが、なかなか面白いですね、売れ行きが気になります。

 

関連:藤井悠はラジオの声からは想像できないくらいかわいい?画像あり

 

CDの評判はいい?

 

 

3年ぶりのオリジナルアルバム「いきるうた」が発売されておりますが、評判はいいのでしょうか。

 

長渕剛さんのパクリかと一部では批判のあるようですが、歌詞がとっても良くて元気がもらえるのではと思います。

 

今までになかったサウンドアプローチで新境地にチャレンジしたとのこと。三四六ワールドをぜひ聴いてみたいですね。

 

その他、山口智充さん作曲の「UNDER THE GOOD SUN!」という曲も収録されている「北風と太陽」というアルバムもあるそうです。

 

おすすめCD

 

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です