大宮エリーの本名や経歴は?個展の開催期間や場所はどこ?

 

作家の大宮エリーさんをご存知ですか?今回は大宮エリーさんの本名や経歴を調べてみました。個展の情報もあります。

 

スポンサードリンク

 

大宮エリーの本名や経歴は?

 

大宮エリー2

 

エリーさんの本名は大宮恵里子さんです。カタカナの名前なので、勝手にハーフかな?と思っていました。

 

 

1975年の大阪生まれで、小学生の頃に東京に引越したそうです。おもいっきり日本生まれの日本育ちでした。

 

 

大学は東大の薬学部を卒業していますが、自分には向いていないと国家資格である薬剤師の免許をもっていないそうです。

大宮エリー3

 

卒業後は周囲が研究職に進む中、就職試験を受けて電通へ就職します。7年間務めてから2006年に独立して個人事務所を設立します。

 

 

電通ではコピーライターやCMプランナーとして活動していました。独立後はさらに活動の範囲を広げていきます。

 

 

脚本家、CMディレクター、映画監督、作家、エッセイスト、コピーライター、演出家、ラジオパーソナリティとスーパーマルチです。

 

 

普通にテレビをみているだけでもエリーさんの手がけた作品を見ているのではないでしょうか。

 

 

ロッテのTOPPOや、H&Iの「屋上の少女」、グリコの「みんなに笑顔を届けたい」などCMだけでもたくさんあります。

 

 

東大卒で電通に入社、独立してスーパーマルチに大活躍と順風満帆ですよね。しかし本人は生きにくさを常に感じていたようです。

 

 

東大受験も浪人で入学し、就職試験も何度も落ちたそうです。独立に関しては、ドロップアウトだったと思っているそうです。

 

 

何事にもとっても不器用だったそうです。才能ある人というのは凡人には分からない苦しみを抱えているのもかもしれませんね。

 

 

そのためでしょうかエリーさんの作品には優しさがあるように感じます。今後もスーパーマルチな活躍は注目されそうです。

 

 

大宮エリーの個展の開催期間や場所はどこ?

大宮エリー

 

肩書きいっぱいの大宮エリーさん、初の美術館での個展「シンシアリー・ユアーズ」が開催されています。

 

 

青森県十和田市にある「十和田市現代美術館」で開催期間は、5月28日から9月25日までとなっています。

 

 

人口約6万6千人の十和田市で、

 

2008年の開館後わずか4日で入館者1万人を突破した人気の現代美術館です。

 

見所いっぱいのようです。

 

 

アートによるまちづくりプロジェクトの拠点施設でもあり、十和田市の官庁街通りに建設されています。

 

 

エリーさんのイベントが度々開催されているようで「個展イベント第三弾ライブペインディング」は7月にも開催されるようです。

 

 

シンガーソングライターでギタリストのおおはた雄一さんが音楽を担当して大宮さんがダイナミックに絵を描いていきます。

 

 

7月2日18時からのイベントで、美術館のカフェでの開催です。定員になり次第締め切られるので、早めの申し込みがよさそうです。

 

 

サイン会の場所や日程の情報は?

 

スポンサードリンク

 

初の写真集「見えないものが教えてくれたこと」の刊行記念イベントとしてトークショーやサイン会が開催されるようです。

 

 

6月29日水曜日19時から、千代田区の毎日ホールにて「トーク&スライドショー」が開催されます。終演後にはサイン会もあります。

 

 

参加費は無料となっています。毎日メディアカフェにて早めの応募がいいようですね。当日は書籍の販売もされるそうです。

 

 

7月13日水曜日19時から、紀伊国屋新宿本店の8階イベントスペースにてサイン会が開催されます。こちらは整理券がいるようです。

 

 

6月30日の10時より新宿本店7階カウンターで、写真集を購入した先着100名に配布されます。購入するならサイン欲しいですよね。

 

 

沖縄・久高島やオーストラリア・ウルルの風景で、見る人の心が洗われていくような素敵な写真集となっているそうです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です