young dais(ヤングダイス)の本名とプロフィールは?ラップの動画もあり

 

ラップで有名なyoung dais(ヤングダイス)さん。そんなヤングダイスさんの本名やプロフィールについて調べてみました。ラップの動画や映画での演技についても紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

 

young dais(ヤングダイス)のプロフィールと本名は?

 

 

まずプロフィールは1981年生まれの35歳です。出身は北海道旭川市でヒップホップミュージシャンであり役者でもあります。

 

 

16歳から英語を習得していろいろな国の人とコミュニケーションを取りたいと思い、海外留学をされていました

 

 

留学先はアメリカ・ニューハンプシャー州です。留学前からヒップホップが好きで、現在グループのメンバーである恵庭のシュウさんの影響で自らラップを書き、ともに楽曲制作もされていました。

 

 

将来は、ミュージシャンを志していましたが、留学はあくまで語学習得のためで、とても語学が堪能です。

 

 

帰国後、恵庭のシュウさんとユニットを組み、北海道札幌市を中心に活動を開始されます。

 

 

2006年には北海道一のラッパーを決める大会で優勝されました。

 

 

2013年には井上三太さんの人気コミック「TOKYO TRIBE」の映画で主演に抜擢され、周囲を驚かせます。

 

ヤングダンス

 

2015年には「新宿スワン」にも出演されました。

 

 

ヤングダイスさんの本名は「しまだ だいさく」さんです。漢字は調べてみましたが分かりませんでした。

 

 

ヤングダイスという名前は留学中にみんなからDAIと呼ばれていて、そこからダイスと呼ばれるようになりました。

 

 

そこに彼の永遠のテーマとされている「FOREVER YOUNG」からヤングを取り、ヤングダイスという名前になりました。

 

ラップの腕前は動画あり

 

 

ヤングダイスさんのラップの動画はこちらです。

 

 

 

他にもたくさん見ることができました。動画のコメント欄にはカッコいい!などのコメントがありました。

 

 

グループでの活動だけでなく、個人の活動や、ほかのアーティストの楽曲に参加されたり、幅広く活動されています。

 

 

腕前はかなりのものだと思います。

 

実写映画TOKYO TRIBEでの演技の評判は?

 

スポンサードリンク

 

この作品の監督である園子温監督は演技初挑戦だったヤングダイスさんについて、初めてなのにめちゃくちゃ上手くて、すごく自然。とコメントされていました。

 

 

この実写映画はストリートの話ということで実際のストリートの人達に出演してもらおうとラッパーを集められたそうです。

 

 

そのなかで他のラッパーとは雲泥の差でヤングダイスさんの芝居が良かったということで起用されました。

 

 

その後、園子温監督の次の作品「新宿スワン」にも出演されました。ということは演技力を評価されての出演という事だと思います。

 

 

そしてまた「日本で一番わるい奴ら」にも出演されます。

 

 

ラップだけでなく俳優業もこなす多彩なヤングダイスさん。今後の活躍から目が離せませんね!

 

 

スポンサードリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です