FGOの増田大明神って誰?本業や過去のバンド活動は?画像と曲もあり

スポンサードリンク

FGOの増田大明神って誰?

増田博長

 

まずFGOとは「FRIDAY GOES ON~あっ、それいただきっ!~」というラジオ番組の略です。そして増田大明神はこの番組のプロデューサーである増田博長さんという方です。

 

 

増田博長さんは昭和50年生まれの40歳です。出身は鹿児島県で浪人時代まで鹿児島県で過ごされました。その後、大学進学を期に上京しました。

 

 

大学は東京理科大学工学部生物工学科を卒業され、その後京都にてアーティスト活動を行い、2002年に「MILKRUN」のメインボーカル・ギターとしてメジャーデビューされました。

増田博長3

 

2004年には「AUDIO RULEZ」として改名し、再デビューしました。2005年にバンドを解散し、解散後は(株)ジャパンエフエムネットワークに入社。

 

 

番組ディレクター・プロデューサー・パーソナリティとして様々な番組を制作されました。

 

本業や過去のバンド活動は?

増田博長1

 

現在の本業は上記でも紹介したとおり、番組ディレクター・プロデューサー・パーソナリティとして活躍されています。2008年には北京オリンピックの現地特派員としてオリンピックを取材した経験もあります。

 

 

JFN系列全国38局ネット番組「MY OLYMPIC」のレポーターとしても活躍されました。また2012年の3月までロックの学園・放送部長としてDJを長らく務められました。

 

 

アーティストとしてはMILKRUNとAUDIO RULEZで活動され、「HEY HEY HEY」や「うたばん」、「POP JAM」「MUSIC STATION」など有名な音楽番組にも出演された経験があり、現在でも番組でギターの弾き語りを披露されるなど、素晴らしい才能を発揮されています。

増田博長2

 

バンド名の由来はMILK RUNは直訳すると牛乳配達ですが、意味合いは牛乳配達の人が通りなれた道≒身近な場所・親しみやすさというニュアンスがこめられています。

 

 

AUDIO RULEZはAからZまで全方向にアンテナを張り、音楽を支配するという意味がこめられています。

 

 

このバンドは解散されるまでの間にシングル6枚アルバム2枚をリリースされています。そして2016年には限定で復活され、そのときにライブでCDを販売されたようです。

 

AUDIO RULEZ(オーディオルールズ)の曲は?

スポンサードリンク

 

解散までの間にリリースした曲はあまりありませんが、8曲もの楽曲がタイアップしています。中でも奇跡体験アンビリーバボーとのタイアップは3期連続にもおよび、同番組で同じ歌手の曲が3期連続で使用されるというのは初めてのことで、またテレビ番組の歴史から見ても異例のことだそうです。

 

 

今でも根強いファンが名曲という曲を紹介します。まずは「記憶の恋人」です。この曲はMILK RUN時代のデビューシングルのカップリング曲です。

 

 

次に「羅針盤」はジパングという番組のOPテーマとして使用されていた曲です。アンビリーバボーとタイアップしていた曲は「ニューエイジドリーム」と「Alive」と「揺れる声」です。
羅針盤


こちらは番組を見ていた方なら聴いたことがある曲かもしれませんね!今年、11年ぶりに限定で復活されましたが、今後はどうでしょうか?

 

 

根強いファンも多いのでこれをきっかけに限定とは言わず復活してほしいなと思いました。

 

関連:藤井悠はラジオの声からは想像できないくらいかわいい?画像あり

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です