鈴木岩弓(東北大学)のお墓の常識と年収は?経歴やプロフィールも

 

東北大学の鈴木岩弓さんをご存知でしょうか?お墓の常識に詳しい鈴木岩弓さんの年収や経歴、さらにプロフィールなども紹介させていただきます。

 

スポンサードリンク

 

鈴木岩弓(すずきいわゆみ)先生のプロフィール

 

 

1951年生まれの東京都出身です。東北大学文学部卒業後、同大学院博士前期過程と後期課程を経て島根大学の助手になります。その後、島根大学の講師、助教授を経て東北大学文学部助教授となられました。現在は東北大学大学院文学研究科教授をされています。

 

 

専門は宗教民俗学で、死生観・民間信仰概念の展開・流行神の形成過程などに関心をもたれています。

 

 

鈴木岩弓先生の行っている研究は「宗教」と呼ばれる人間の不可解な行動を対象とされています。近年は特に「死」に関わる問題に関心をもたれていて、位牌や墓、遺影などのものを通じて死生観という不可視の世界に迫っておられます。

 

年収はいくら?

年収についても少し気になりましたので調査しました。

 

東北大学の資料を見ることが出来ましたのでそちらの資料を基に記載させていただきますね。教授レベルでは700万~1500万位の様です。

 

中小企業の少し儲かっている会社の社長さん位でしょうか?なかなか教授にはなれないでしょうからこのくらいもらうのは当然でしょうね。

 

 

お墓の常識とは?

鈴木岩弓1

まず、先祖のお墓に入れるのはお墓の継承者とその配偶者となります。お墓の継承者は家制度で言うと長男ということになります。次男や三男が結婚して独立している場合は別の所帯を持った分家初代ということになるので新たにお墓を建てる必要があります。

 

 

もし長男が未婚で子供がいない場合は長男がお墓を継いでしまうとその後は無縁墓ということになってしまうので、次男が継承者になり、長男は次男の承諾を得て同じお墓に入るという形になります。

 

 

ここまで紹介したのはあくまで原則で家制度というものが廃止されてからは柔軟な考えになっています。現在はお墓の継承者の同意があればお墓に入ることができます。しかし、墓地や霊園の使用規則で○○親等までと規定がある場合があるので、その場合は確認を取る必要があります。

 

 

入れるお墓がない場合は納骨堂に収蔵したり、散骨や手元供養などの方法を取る人も増えています。現在はお墓に入るだけではなく亡くなった後の選択肢が増えてきていて、昔の常識とはずいぶん変わってきているという印象です。

 

お盆の常識や日にちは?

 

スポンサードリンク

 

お盆とは先祖の霊が家族のもとに帰ってくる期間といわれています。もともとは旧暦の7月15日前後に行われていましたが、現在では新暦の8月15日前後に行うことが一般的になっています。

 

 

お盆のお墓参りは期間中いつでも大丈夫ですが、13日の盆入りに行うことが多いそうです。これは先祖をお向かえして自宅まで招くという意味があるからとのことでした。

鈴木岩弓2

 

そして16日にお墓にご先祖様を送っていきます。

 

 

このお墓参りのときに掃除も合わせて行うことが多いです。掃除をするときは墓石に水以外のものをかけないほうがいいそうです。故人の好きだったお酒などをかけることも多いかもしれませんが、墓石の劣化を防ぐためにもやめたほうがいいそうです。

 

 

お盆のしきたりはいろいろありますが、仏教の宗派によってはいろいろと違いがあるようです。この機会に自分の家の宗派のことを調べてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

お盆だけでなく、故人を偲ぶというのは大切なことだと思います。連休なので家族で遠出する人も多いと思いますが、お休みで親戚が集まって賑やかになるだけで故人も喜んでくれるのではないかなと思いました。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です