ディズニーハロウィン2016はいつ?仮装期間と着替える場所は?

スポンサードリンク

 

年々充実してきているハロウィンのイベント、2015年からは東京ディズニーランドだけではなく、東京ディズニーシーでもフル仮装ができる期間が設けられるようになりました。

 

 

特別な場所で特別なイベントを楽しむためには、きちんとした準備が必要なようです。

 

 

ディズニーハロウィン2016はいつ?

ディズニーハロウィン2016

ハロウィンイベント期間は9月9日~10月31日までの約2ヶ月間、パレードやレストランの食事などもハロウィン仕様になって盛り上がるようです。

 

 

東京ディズニーランドではディズニーの仲間達といたずら好きのおばけが、楽しいミュージックパフォーマンスを繰り広げる、明るく楽しい空間が演出されるようです。

 

 

大人向けといわれる東京ディズニーシーでは、ヴィランズといわれる悪役キャラを中心に、怪しく、クールな空間に仕上げられるようです。

 

 

通常、ディズニーリゾートでは全身の仮装は禁止されていますが、ハロウィン期間中の大人の部分仮装や小学生以下の子供の全身仮装はしてもいいそうです。

 

 

この時期だけのハロウィングッズを身に着けて、イベントを楽しむのもよさそうですね。

 

2016年ハロウィンイベントの詳細動画をどうぞ。↓

仮装期間とルールは?全身仮装についても

ディズニーハロウィン20161

ハロウィンといえば仮装といってもいいくらいに、大人も子供も全身仮装で楽しむイベントが多くなってきましたが、ディズニーリゾートでは全身仮装を楽しめるのは「特別な期間」だけとなっています。

 

 

キャストとの見分けがつかなくなることで、混乱をさけるためだそうです。

 

 

仮装についてもいくつかのルールがあるようですから、入場拒否なんてされないようにしっかりとポイントをおさえておきたいところです。

 

 

ハロウィンイベント期間の最初と最後の1週間、9月9日から9月15日までと、10月25日から10月31日までが全身仮装を楽しめる期間となっています。

 

 

仮装はディズニーアニメのキャラクターとアトラクションに登場するキャラクターのみで、顔がわからなくなるくらいのメイクやヒゲは禁止です。

ディズニーハロウィン20163

 

アトラクションに登場するキャラクターの仮装は大丈夫なので、「カリブの海賊」のジャックスパロウはOKですが、ショーに登場しないキャラクターはNGとなるそうです。

 

 

このキャラクターはだいじょうぶかな?と疑問に思ったらインフォメーションセンターに連絡して聞くのが一番です。

 

 

長い棒や、裾をひきずるほどの長いドレス、全身タイツも禁止となっています。

 

 

悪役はメイクが濃くなりがちですし、傷を書いてみたくなりますがこれも禁止です。

 

 

かわいいお姫様や妖精の格好でも、肩ひものないタイプや、おなかが出ていたり、ドレスのミニスカートアレンジなど、露出の多い服装もだめなようです。

 

 

キャラクターのイメージを損なうような仮装、他の人が目のやり場に困るような仮装など、本気すぎる仮装はディズニーリゾート向きではないようです。

 

 

着替える場所について

スポンサードリンク

簡単に着替えられるからそのへんで、という行為はやめておきましょう。

 

 

パーク内のレストルームやトイレ、コインロッカーなどで着替えてはいけません。

ディズニーハロウィン20162

 

フル仮装対象日のみ、着替えスペースが用意されているそうですがガイドマップには載っていないそうです。

 

 

パーク外にあるのプロムナードギフトの右手の建物で、オープンの一時間前から開いているようです。

キャプチャ

 

ロッカーや化粧スペースがあるわけでもなく、素早く着替えるだけの限られたスペースです。

 

 

混雑も予想されますので、出来るなら、自宅や宿泊先のホテルで着替えやメイクをしてから行ったほうがよさそうです。

 

 

ファンにはたまらないイベントですから、是非、注意事項を確認した上で、みんなで楽めるといいですね。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です