焼肉の次の日の口臭対策はある?8月29日のイベントや牛角のサービスも

スポンサードリンク

焼肉の日にイベントはある?東京編

焼肉の日

毎月29日は肉の日とスーパーなどではお肉がお得になっていたりしますが、8月の29日は特別“焼肉の日”だそうです。

 

 

東京でも色んなお店がイベントを開催しているようで、是非この機会に行ってみたいところです。

 

 

東京都台東区にある「株式会社 大山 / 肉の大山」では、毎月29日の肉の日にイベントを開催しているそうです。

 

 

大山ステーキ・大山ハンバーグ・大山カレー・グラスワイン (白・赤)が290円で食べられるというイベントで、毎回行列ができるのも納得です。

焼肉の日5

 

東京都新宿区にある「和牛塩焼肉ブラックホール」では、肉の日になると429円で飲み放題となり、17時から19時のタイムサービスでカルビが290円で提供されるそうです。

 

 

焼き肉店の中でも肉の日に力を注いでいるお店だそうで、一度は行ってみたい人気のお店です。

 

 

都内に安くて美味しいおすすめの焼肉店はある?

焼肉の日2

高くて美味しいのは当然、安くて美味しいコストパフォーマンスのいいお店が都内にもあるようです。

 

 

和牛の上クラスも扱うお店、目黒の「めぐろや」は一皿500円~800円がほとんどで二人くらいで食べるとちょうどいい感じですからデートにもおススメです。

 

 

池袋にある「焼肉スタジアムJAN」、最高級A5ランクのお肉をお手頃価格で食べられ、店員さんも焼き方などを丁寧に教えてくれると評判です。

焼肉の日6

 

コスパがいいお店といえば「牛蔵」というように、食べログでも高評価を受けています。

 

 

A5ランクの黒毛和牛をお手頃価格で食べられると、富士見台にある「牛蔵」はとても混んでおり、電話予約は必須なようです。

 

 

牛角の焼肉の日の割引やサービスは?

焼肉の日1

牛角でももちろん、焼肉の日に割り引きサービスが行われています。

 

 

年に一度の大判振る舞いとして8月20日~9月14日まで対象商品がお安くなっています。

 

 

黒毛和牛カルビ790円が390円、王様ハラミ790円が390円、ロース550円が390円と本当に大判振る舞いです。

焼肉の日4

 

このキャンペーン、クーポン画面が必要なようですからHPを是非チェックしてから行って下さいね。

 

 

焼肉を食べた次の日の口臭対策は?

スポンサードリンク

焼肉はとっても美味しいですが、次の日の口臭がどうしても気になります。

 

 

焼肉のタレにはニンニクが使用されていますし、肉は胃で消化されなかった分が腸で悪玉菌のえさになるそうです。

焼肉の日7

 

ニンニクのにおいは約16時間後まで臭うそうなので、夜に焼肉を食べたら翌日の午前中までは臭いが残るということになります。

 

 

そんな焼肉の次の日の口臭対策はあるのでしょうか?ちょっと調べてみました。

 

 

焼肉を食べることが事前にわかっている場合には、牛乳やパセリを食べるといいと言われていますが、食べてしまってからどうしよう!となることのほうが多い気がします。

 

 

リンゴに含まれるポリフェノールには消臭効果がありますが、食後30分以内となかなかの時間制限があり難しいところです。

焼肉の日8

 

緑茶に含まれる「カテキン」にも消臭効果があり、口臭にも効果的だそうです。

 

効果的な食品を準備するのはなかなか難しいもので、結局専用の口臭サプリメントやタブレットが便利なのかもしれません。

 

 

次の日の口臭対策として、丁寧に歯磨きをすることやお風呂に入ることもいいそうです。

 

 

ゆっくりと湯船に浸かって汗をかくと臭いの成分は排出されるそうで、翌日の朝にもう一度入ればさらに気にならなくなるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です