女川のさんま収穫祭2017の駐車場や混雑状況は?場所と日程はいつ?

 

秋と言えば「さんま」ですよね!この時期になると全国各地で秋刀魚のお祭りがあります。宮城県の女川町でもさんまの収穫祭が9月に開催されますので日程はいつなのか。場所や駐車場はあるのか。混雑しているのかご紹介します。

スポンサードリンク

 

女川のさんま収穫祭2017の日程は?イベントの詳細も

さんま4

 

全国有数のさんまの水揚げを誇る宮城県の女川町。

 

 

その恵みに感謝する“さんま収穫祭”が今年も9月24日の日曜日に開催されます。

 

 

「食べる、見る、買う、参加する、美味しい・楽しい、秋刀魚づくしの1日」ととっても美味しそうですね。

 

P13-サンマ水揚

 

秋刀魚炭火焼き5,000尾、すり身汁4,000食が無料で振舞われ、さんまの格安販売もあるようです。

 

 

ステージスケジュールはまだ発表されていませんが、昨年も登場した女川町のご当地ヒーロー「リアスの戦士イーガー」や伝統芸能の「獅子振り」は登場するのではないでしょうか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さんまだけでなく、女川町近郊の特産物を使った屋台も楽しみです。

 

さんま10

 

 

会場時間は9時から16時までとなっていますが、食べ物が楽しみなお祭りです。

 

 

売り切れが心配ですから、時間には余裕をもって参加したいところですね。

 

 

会場の場所は?住所もあり

さんま

 

東日本大震災で壊滅的被害を受けた女川町では、震災後のさんま収獲祭は別の場所で行われてきましたが、2015年にはもとの女川魚市場で開催されました。

 

 

今年は新しくなったJR女川駅から女川湾を結ぶプロムナードでの開催が予定されています。

 

 

住所は宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原となっています。

 

 

新しい女川駅は、2階に女川町温泉温浴施設「女川温泉ゆぽっぽ」があり、3階は展望フロアとなっています。

 

さんま12

 

女川駅周辺はふだんからも観光スポットであり、さんま収穫祭の会場としてさらに盛り上がりが期待されそうです。

 

 

駐車場はある?その他アクセス方法は?

 

スポンサードリンク

 

3月にも女川駅前で復興際が行われており、会場付近および町内の特設駐車場などが用意されていました。

さんま11

 

今回の収穫祭でも同じように駐車場は準備されているのではないでしょうか。

 

 

車での来場は混雑はさけられそうにありません、時間に余裕をもっていくなど工夫が必要です。

 

 

車が混雑している場合の迂回路があるそうで、三陸自動車道「河北IC」から北上川沿いを進み、石巻市雄勝町を経由して国道398号線を利用していくといいそうです。

 

さんま1

 

会場が女川駅前広場ですから、電車で来る人ももちろん多いのではないでしょうか。

 

 

仙台駅から石巻駅まできたら、石巻線に乗って女川駅までおよそ30分となっています。

 

さんま2

 

石巻線はIC乗車券Suica(スイカ)は利用できないので利用の際は気をつけてくださいね。

 

 

仙台駅前から女川駅前までおよそ2時間で着く高速バス、石巻駅前から女川駅前までの路線バス“ミヤコーバス”もあります。

 

 

イベントの混雑状況と料金について

さんま8

 

なんといっても無料で振舞われる“さんまの炭火焼”のイベントは魅力的です。料金がかからない!!

 

 

昨年の収穫祭では当然のように長蛇の列ができたそうですから、混雑はさけられません。

 

 

生さんま1箱20匹入り千円という格安販売は、用意された1000箱が一時間で売り切れたそうです。

さんま5

 

昨年の来場者数はおよそ4万2500人と大盛況で、今年もそれ以上の来場が予想されそうです。

 

 

混雑もお祭りの醍醐味と楽しみたいところですね。

 

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です