北薗新光のプロフィールや成績は?視覚障がい者の柔道と放送日程も

スポンサードリンク

リオオリンピックが終わり、次はリオパラリンピックが始まります。視覚障害者の柔道の選手として出場する北薗新光はメダルを獲得することが出来るでしょうか。北薗新光選手の目が見えなくなったきっかけやプロフィール、さらに過去の成績についても調べてみました。また、NHKでの放送日程も紹介します。

 

北薗新光選手のプロフィールと目が見えなくなったきっかけは?

北薗新光1

 

2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、これまで以上にオリンピック・パラリンピックへの注目も高まっている中、視覚障碍者柔道でリオ パラリンピックへの出場を決めた北薗新光選手。

 

 

北薗新光選手は、視覚障碍者柔道の日本代表選手として活躍する柔道家で、2012年開催のロンドンパラリンピック2016年開催のリオパラリンピックと、2大会連続で出場を決めた期待の高い選手です。

 

 

1991年兵庫県神戸市北区出身、現在25歳となる北薗選手の柔道歴は長く幼少期から柔道を始めています。

 

北薗新光

 

三田学園中学校を卒業後、柔道の強豪校である育英高校で鍛え上げられ、京都産業大学へ進学、柔道家としての道を爆心していた北薗選手ですが、大学進学時に受けた検査で「網膜色素変性症」と診断されます。

 

 

「網膜色素変性症」とは、日本では10万人に対して約18人と患者数が少なく、症状としては夜盲、視野狭窄、視力低下が特徴的とされる病気です。

 

 

進行性の病気で、根本的な治療方法がまだ見つかっていない病気でもあるため、北薗選手も大学進学時から徐々に病気が進行している状態です。

 

 

大学進学時の検査でこの病気が分かった北薗選手、普通なら心が折れてしまいそうなケースですが彼の精神力は病気には負けないといった方向に動きました。

 

北薗新光2

 

幼少のころに始めた柔道を続ける道を選び、パラリンピックへと目標を転換したのです。

 

 

そんな強靭な精神力の持ち主である北薗選手、現在は「全盲」枠選手として活躍しており『世界で勝つため』に、ロンドンオリンピック時より階級を3階級減量しリオオリンピックに臨んでいます。

 

 

関連記事:高橋和樹のプロフィールとボッチャのルールは?放送時間と日程も

関連記事:山本篤のリオパラリンピック出場時間や種目は何?義足になった理由も

 

 

過去の成績とメダルの可能性

北薗新光3

 

北薗新光選手はロンドンパラリンピックにも出場していますが、その時は男子100kg級、7位という結果でした。

 

 

北薗選手の主な戦歴としては、2011年IBSA世界柔道大会男子100kg級8位入賞、2012年ロンドンパラリンピック男子100kg級7位2014年第29回全国大会男子90kg級優勝2015年第30回記念全国大会男子81kg級優勝、などがあります。

 

 

確かに階級を下げてから優勝続きが始まっているため、今回のリオパラリンピックでのメダルも、夢ではなく「すぐ目の前にあって少し頑張れば手が届く」、といった範囲に入っているのかもしれませんね。

 

 

関連記事:リオパラリンピックの日本の注目選手と競技種目は?日程についても

 

 

視覚障碍者の柔道とは

北薗新光4

 

パラリンピック正式種目である視覚障碍者柔道は、弱視、全盲などの視覚障碍の状態によるクラス分けではなく、一般の柔道と同じ体重別で試合をおこなうスポーツです。

 

 

一般の柔道と異なる部分は「組手争い」がなく、選手同士が組んだところから試合が始まるところです。

 

 

しっかりと組んでから柔道を始めるため、一本が取りやすく素人が観ても試合結果をしっかりと理解することが魅力の1つでもあります。

 

北薗新光6

 

北薗選手の得意技は、左右の一本背負いと“新光スペシャル”と呼ばれる足技で、そのプレイスタイルはタフな精神力を基礎とした粘り強さが特徴といわれています。

 

 

世界選手権で勝てない時期が続いていた時に北薗選手が感じたことは「世界とのフィジカルの違い」だったそうです。

 

 

日本人がフィジカルで海外勢を上回ることは、オリンピック・パラリンピック関係なく難しいことだといわれています。

 

北薗新光5

 

世界大会、ロンドンオリンピックを経験しそのことに気付いた北薗選手は、リオオリンピックに向けて3階級減量を決意したようです。

 

関連記事:香西宏昭のプロフィールや成績は?車椅子バスケの放送時間と日程も

 

関連記事:三宅健はなぜ手話ができる?V6の解散やラジオ番組の放送時間と曜日も

 

 

出場時間や放送日程について

スポンサードリンク

 

 

リオパラリンピック視覚障碍者柔道の試合は、現在NHKにて以下のように放送が予定されています。

北薗新光7

 

9月9日(金)午前5:30~6:30(LIVE)

 

 

9月10日(土)午前5:30~7:00(LIVE)

 

 

9月11日(日)午前5:30~7:00(LIVE)、午前4:00~5:30(録画)、午後1:05~3:00(録画)。

 

 

北薗選手は9月10日(土)の男子73kg級に出場予定と日本時間の深夜にかかっていますが、「翌日は日曜日でお休み」という方も多いかと思いますので、この機会に障碍者柔道、北薗選手の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:多川知希はリオパラリンピック陸上でメダルの可能性は?プロフィールも

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です