栞菜智世の読み方と本名は?プロフィールと陽のあたる場所の歌詞も

 

秋ドラマ地味にスゴイ!校閲ガールの主題歌を歌う栞菜智世さんを知っていますか?今回は栞菜さんの名前の読み方や本名、プロフィールやドラマ主題歌のHeaven’s Door〜陽のあたる場所の歌詞について調べてみました。また、ドラマを見過ごしてしまった。再放送を見る方法を探している人にも良い情報があります。

スポンサードリンク

 

栞菜智世のHeaven’s Door〜陽のあたる場所の歌詞は?

%e6%a0%9e%e8%8f%9c%e6%99%ba%e4%b8%96

 

歌詞について気になったので調べてみましたが、まだ発表になったばかりのようで、すべての歌詞を知ることはできませんでした。曲についてもまだ一部しか聴くことができませんが少しだけ聴くことができます。

 

透き通った透明感のあるフレッシュな歌声が耳に残る曲だなと感じました。石原さとみさんもこの曲を聴いて、手を空に伸ばしたくなるような、背中を押してくれるような歌とコメントされていて、まさに青空が目の前に広がるようなアップテンポな曲に仕上がっています。少ししか聴くことは出来ませんでしたが、ドラマのイメージが膨らみました。

 

 

下の動画でドラマと主題歌が一緒に見れるのでイメージが沸きやすいかと思います!

 

栞菜智世の読み方とプロフィール

%e6%a0%9e%e8%8f%9c%e6%99%ba%e4%b8%961

名前:栞菜 知世(かんな ちせ)・本名:生田若菜 いくたわかな

 

 

生年月日:1994年1月14日 22歳

 

 

出身地:福島県

 

 

血液型:B型

 

 

所属事務所:ユニバーサルミュージック

 

栞菜知世さんは以前「生田若菜」と言う名前でグラビアアイドルとして活動されていました。その当時はイメージDVDを発売し水着を披露されたこともありました。そんな彼女は2014年にホリプロスカウトキャラバンに応募し、転機が訪れます。

 

 

この栞菜知世さんが出場した大会はテーマが「歌えて演技も出来る人材発掘」ということで、圧倒的な歌唱力でグランプリを獲得されました。それをきっかけに1年間ボイストレーニングを行い、音楽活動をスタートさせました。

 

 

栞菜知世という芸名の由来は、「道しるべ」を意味する栞(しおり)と、本名にも入っている「菜」という字を使い、「智世」は画数と「世界へ飛び出す」という意味を込めて付けられたそうです。

 

 

路上ライブで力をつけ、2016年3月に満を持してCDデビューをします。このデビューシングルが藤原竜也さん主演映画「僕だけがいない街」の主題歌に起用され、彼女の透明感のある歌声にハマる人が続出し、とても話題になりました。

 

地味にスゴイ!校閲ガールを見逃したという人はこちらで再放送が見れます。

 

栞菜智世のアルバムはある?

 

スポンサードリンク

 

現在、リリースされているシングルは2枚です。今回の校閲ガールの主題歌に決定している曲が3曲目のリリースと言うことになります。

 

 

まだアルバムは発売されていないようです。まだデビューして1年経っていないので、アルバム発売はもう少し先になるかもしれませんね。

 

 

主題歌として地味にスゴイ!校閲ガールに合う?

栞菜智世さんが校閲ガールの主題歌についてコメントをされていました。「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」というタイトルには、辛くてめげそうになっても、そこを乗り越えられたらHeaven’s Doorを自分が開くことが出来るんだという勇気を持ってもらいたいという意味を込めたということです。

 

 

この曲を聴いた人が、「諦めたい、何かから逃げてしまいたいと思っていた気持ちを振り切れるように少しでも背中を押せたら」と言う思いで歌われているそうです。

 

 

歌詞の中には、「あきらめないで 手を伸ばせば光がさす 信じていいよ 重いドア こじ開けて空を染めてみよう」という部分があり、自分が望んでいなかった場所である校閲部で懸命に奮闘する河野悦子にぴったりな曲ではないでしょうか。

 

 

校閲ガールの放送も主題歌も楽しみですね!この曲の発売日は11月9日だそうです!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です