胃痛の治し方で食べ物や飲み物で効果的な食材は?消化の良い食事法も

 

胃痛の治し方をお探しの方へ。胃痛の原因は色々あると思いますが、慢性的に胃痛を繰り返す場合は食べ物や飲み物などの食材で改善できれば理想かと思います。そんなわけで胃痛に効果的な食材を探してみました。また消化の良い食事法についてもお知らせしますね。

 

スポンサードリンク

 

胃痛に効果的な食べ物は?

 

326155

 

胃痛を感じるときは、胃に負担をかけない為にも、消化の悪い食べ物や刺激の強い食べ物は避けて摂ることをお勧めします。

 

 

胃に負担のかからない、消化の良い食材とは、特に、卵、大豆製品がおすすめです。まずは卵ですが、意外にも、熱を加えれば加えるほど、胃に留まる時間が長くなるんです。なので、胃痛の時は半熟状態のものを食べることをお勧めします。

 

 

良質な植物性タンパク質である大豆製品、納豆、味噌、豆腐などもお勧めです。タンパク質が不足すると、胃の回復力が弱まってしまいます。胃が痛くて食欲がない時こそ、良質なタンパク質を摂取するようにするとよいです。ただし、堅い豆のままではなく、大豆製品や柔らかく煮込んだもの、きなこのような粉末を選びましょう。

 

 

他にも良質なたんぱく質は大豆製品以外にも脂肪の少ない肉類に含まれています。牛・豚のもも肉やヒレ肉、鶏肉のささみなどです。これらの動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を組み合わせると、身体を作るのに欠かせない必須アミノ酸を効率よく補うことができるということなので、是非組み合わせて摂りたいですね!

 

 

現代人は様々な原因で胃痛の症状を抱えている人が多いです。症状別にお勧めの食材も紹介します。まず、ストレス胃のときは胃の血流を良くする食材寒さによる胃痛は胃を温めて痛みを止める食材食べ過ぎ、胃もたれによる胃痛は消化を良くする食材を摂ることが大切です。

 

 

ストレス胃にはキャベツ、カブなどがお勧めです。寒さによる痛みにはショウガがお勧めですが、ショウガは刺激が強いので、おろしたりして刺激を和らげて食べましょう食べ過ぎ、胃もたれには、リンゴ、ニラ、山芋などがお勧めです。

 

 

他にもオクラやうめぼしなど胃に優しい食材はたくさんあるので、上手く組み合わせて、自分の症状にあった食材を選んでくださいね。

 

胃痛に効果的な飲み物は?

 

胃に負担をかけない飲み物と言えば牛乳です。これは胃に負担をかけないだけでなく、胃液の酸性度を抑えたり、胃壁を保護してくれる作用もあるので、是非摂りたい食材です。ホットミルクにして食間に飲むことをお勧めします。

 

消化の良い食事の方法は?

 

消化に良い食事をするには食材もたいせつですが、調理方法も大切です。胃腸の調子が悪いときは出来るだけ食物繊維や脂肪が少ない食品を柔らかく調理した料理が適しているそうです。

 

 

そして、食事はゆっくり良く噛んで食べ、冷たい物は一気に飲まないようにしましょう。いくら胃腸に良い食べ物でもたくさん食べてしまうと意味がありません。腹八分目を心がけることをお勧めします。

 

食べてはいけない食材は?

 

スポンサードリンク

 

胃が痛むときは、胃酸が出過ぎてしまうと、粘膜に炎症が起きてしまいます。胃酸の分泌を促進したり、胃粘膜を直接刺激してしまうような食材は避けなければいけません。

 

 

レモンなどの柑橘類や酢の物など酸味の強い物は胃酸の分泌を促進するので避けた方がよいでしょう。あとは唐辛子やわさびなどの香辛料、カフェインを多く含む、コーヒーや濃い緑茶も胃酸の分泌を高めてしまいます

 

 

他にも胃に負担がかかる食べ物として挙げられるが、脂肪の多い物です。ハムやソーセージなどの加工食品、脂身の多いバラ肉や挽肉、大トロ、揚げ物などが挙げられます。消化されにくいタコやイカ、貝類やゴボウ、タケノコ、れんこんなどの野菜類、キノコ類も控えた方がよさそうです。

 

 

胃痛は食事や生活習慣で改善されることが多いですが、もしこういった食材を試しても胃痛が改善しない場合は、何かの病気の可能性もあります。おかしいと感じたらすぐに病院を受診しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です