胃が痛いのに薬が効かない理由や対処法は?飲むタイミングや選び方は?

 

胃が痛くて薬を飲むんだけど効かない!もしくは数時間後にまた痛くなる!を繰り返す人は少なくないと思います。また、薬を飲むタイミングや選び方など間違っていないかもう一度確認していきましょう。今回は薬の効かない理由や対処法についても紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

胃が痛いのに薬が効かない理由

 

445211

 

胃がムカムカするなどからキリキリ痛むなど、痛みの種類やレベルもありますが、冷汗が出るほど痛みを感じる時はどうしても薬に頼りたくなりますよね。

 

 

痛みの種類や状態によって選べる市販薬が今はたくさんあって、症状に合わせて薬を選んでいるはずなのに中々効果を感じることができない・・・といったことありませんか?

 

 

そういう時は、自覚症状意外の他の原因が考えられるようです。

 

 

飲みすぎ食べ過ぎなどの自覚があり、胃が荒れているとか気分が悪いという、胃の痛みの明らかな原因と自覚症状があって薬が効かない時は、胃の疲れが薬では取れていないということが考えられます。

 

 

そもそも薬は、胃痛を緩和するものであって、根本的な解決に導いてくれるものではありません

 

 

胃が痛む=胃に何か異常事態が起きているということですから、飲みすぎ食べ過ぎの場合は、まず胃を休ませることが大切です。

 

 

同じことがストレス性の胃痛にもいえます。

 

 

薬は飲み続けるとどんどん効かなくなるといいますよね、ストレス性の胃痛の場合も根本的な原因が解決できていない以上、胃痛もなくならないし薬も効かない、といった状態が生まれやすいといえるようです。

 

 

胃が痛いのに薬が効かない時の対処法?

 

 

胃が痛いのに薬が効かない、でもすぐに何とかしたいという時に効果があるとされている方法をいくつかご紹介しましょう。

 

 

1つ目は、「胃を温める」こと、これは胃の血流をよくすることで胃の炎症を和らげる効果があるといわれています。

 

 

内側から温めるために、刺激の少ない温かいスープを飲んだり(コーヒーなどの刺激物は避けましょう)、外側から胃の部分にホッカイロを当ててみて下さい。

 

 

2つ目は、「身体の右側を下にして横たわる」、これは一般的に人間の胃が左から右にかけてカーブしていることを活かした胃痛解決方法です。

 

 

右を下にして横たわることで、胃の中にある食物などを早く胃から出すことができるため、食べ過ぎ飲みすぎの時に特に効果があるようです。

 

 

3つ目は、「炭酸水を飲む」、これは炭酸が胃の働きを活性化してくれることを活用した胃痛解決法です。

 

 

食事をするたびに胃の倦怠感や軽い痛みを感じる人は、胃の働きが弱くなっていることが考えられるため、食事の前に炭酸水を飲むことで胃を活性化し消化を助けてくれます

 

 

この時の炭酸水は、無糖、無着色の物を選ぶようにしましょう。

 

 

薬を飲むタイミングは?

 

スポンサードリンク

 

胃薬はその種類によって効果効能が変わる薬で、欲しい効果によって薬を飲むタイミングも変わってきますので注意が必要といえるでしょう。

 

 

例えば、健胃腸薬と呼ばれる種類は胃を健やかに保つための薬ですので、胃の動き、働きを助け維持する効果があります

 

 

こういった薬を飲むタイミングは、胃が空っぽで患部に薬がダイレクトに効きやすい状態が望ましいため、食事の30分前くらいに飲むとその効果が最大限に引き出されます。

 

 

逆に、消化を助けるタイプの胃薬は、食後30分以内に飲むと効果を得やすいといえます。

 

 

その他、胃酸の分泌を抑えたり、胃の粘膜を保護するための胃薬の場合は食事の2時間後くらいの空腹時か就寝前に飲むと効果を得やすいといわれています。

 

 

胃薬の選び方は?

 

 

先ほどの薬を飲むタイミングと同様に、胃薬の選び方も重要になります。

 

 

胃を健やかに保つため、消化を助けるため、胃酸を抑え胃の粘膜を保護するため、これらの胃痛にはそれぞれ原因と解決策が存在します。

 

 

自分の症状をよく見直し、どの症状は自分に当てはまるかをしっかりと見極めて薬を選ぶことが大切といえるでしょう。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です