鼻からの胃カメラは痛い?口からの場合との違いや入れるコツは何?

 

胃カメラと聞くだけでオエッ!てなる人もいそうですが、最近では鼻からの胃カメラが楽なようです。口からの場合との違いはどんなところなのでしょうか?鼻からは痛いし、入りにくいと聞きます。コツなどあるかな~と調べてみましたので見てみてください。

 

スポンサードリンク

 

鼻からの胃カメラは痛い?

 

278816

 

胃カメラというと「オエッとなった」「苦しかった」などのイメージや、実際に経験された方がおられるかと思います。これは口から内視鏡を入れる、経口方式の胃カメラ検査で咽頭反射により、吐き気が起こりやすいからです。

 

 

しかし、鼻からの胃カメラ検査の場合は舌の根元に内視鏡が触れることがないので、吐き気が少なく、口からの胃カメラ検査よりも痛くないと感じる方が多いそうです。

 

 

鼻からの胃カメラはそれ以外にも、使用する麻酔量が少ないので、身体への負担が少なく、検査中にお医者さんと会話出来るので、気になったことなどをその場で質問することもできて、安心して検査を受けられるという良い面もあります。

 

 

鼻からと口からの違いは?どっちがいい?

 

鼻からと口からとのそれぞれの長所と短所を比べてみました。まず、鼻からのカメラの長所は、吐き気が無いことと、検査後に長時間休む必要がないこと、鎮静剤注射をしないので、検査中に会話をしながら、自分の胃がモニターで見ることが出来ます

 

 

鼻からカメラの短所は、鼻の中が狭いと痛みを感じてしまったり、鼻血が出ることがあります。あとは、検査前の準備に少し時間がかかってしまうそうです

 

 

次に、口からカメラの長所は、鎮静剤注射が効けば知らないうちに終わっていることと、鼻の通りが悪い方でも検査できることと、鼻の検査時間よりも短い時間で検査できます短所は、吐き気が出やすいことと、検査後に1時間程度ベッドで休む必要があります。鎮静剤に関しても効き目に個人差が出てしまいます。

 

 

比べてみると、鼻の方が時間はかかるようですが、ベッドで休む必要が無く、吐き気も感じません。鼻血が出るという短所があるものの、ほとんど出ないか、出たとしてもすぐ止まるそうです。鼻からの胃カメラを使った方々のほとんどが次回も鼻からを希望することがおおいようなので、鼻の中が狭いという方以外は鼻からの胃カメラのほうが負担が少なそうだと思います

 

 

痛くならない入れる時のコツは?

 

スポンサードリンク

 

鼻から胃カメラを入れるときの痛くなりにくいコツは、ゆっくり鼻で呼吸することです。検査中も検査後も、喉にも麻酔がかかっているので呼吸がしにくいかもしれませんが、慌てずにゆっくりと鼻呼吸をすることがポイントです。

 

 

そして、胃カメラ検査の最中はつばを飲み込まずに外に出したほうがよいそうです。このコツを忘れずに検査を受ければ、より快適に鼻から胃カメラ検査を受けることができますよ。

 

費用の違いはある?

 

まず口からの胃カメラと鼻からの胃カメラの費用の違いですが、あまり差はないようです。病院によって少し値段には差がありますが、だいたい、保険適用で3割負担だと、4000円~5000円程度かかるようです。

 

 

保険適用となる場合の胃カメラは、何か病気かもしれないと検査する場合です。自費での検査の場合は1万円~かかります。しかし、自費での場合でも、検査してみて、ピロリ菌などが見つかったりすると保険適用になる場合もあります。

 

 

こちらで紹介したのは基本的な料金のめやすで、薬や他の検査などで料金が変わってくる場合があります。実際に検査を受けられる場合は検査を受ける病院に問い合わせてみてください。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です