薬剤師のおすすめ転職先は病院と薬局どっち?給料を上げる方法も

 

薬剤師さんは基本的に転職が多い職業ではないでしょうか?そんな薬剤師のおすすめ転職先は病院勤務?それとも調剤薬局?更に給料、年収を上げる方法も紹介しますね。

 

スポンサードリンク

 

薬剤師のおすすめ転職先は病院と薬局どっち?

 

b14b3e230625795da3c15b519eae219d_s

 

転職を考えている薬剤師さんへおすすめの転職先は病院なのか薬局なのかメリットとデメリットを調べてみました。

 

病院のメリット・デメリット

 

病院薬剤師は入院患者さんが毎日飲む薬を調剤します。ただ単に医師の書法に従って薬を調剤するだけではなく、カルテを読んで患者さんの状態や服薬履歴を考えながら、より積極的に調剤に関わることが出来ます。

 

 

患者さんと親密にコミュニケーションが必要となりますし、直接患者さんの薬に関する悩みや不安を解消することも仕事の一つです。また、薬の情報を収集して医師に提供したり、注射薬の取り扱い、製剤や治験という仕事が求められます。

 

 

チーム医療の一員として病院で活躍することが期待されていて、より専門的な知識が必要となる仕事です。

 

 

患者さんの顔が見えるところで仕事をしたい人や、より自分のスキルをアップさせたいと考えている人は病院薬剤師が向いていると言えます。

 
業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

 

 

薬局のメリット・デメリット

 

調剤薬局で仕事をする薬剤師さんは、病院から出された処方箋を持った外来患者さんに薬を調剤します。なので基本的には単発の患者さんが多く、いろいろな病院から出された処方箋を預かって、薬を手渡す際に服薬の方法や注意点を説明するくらいの関わりがほとんどとなります。

 

 

ですが、勤務時間はシフト制が基本で、複数の薬剤師が交代で勤務に当たるので、出勤する曜日や時間を都合に合わせることが可能な仕事です。また、調剤薬局で働く薬剤師の一日の処方箋受付・調剤に対応する回数は過労などが原因のミスを防ぐために上限数がきめられているそうです。主婦になっても続けやすいのは調剤薬局の薬剤師かもしれませんね。

 

 

メリットデメリットというよりも自分のライフスタイルや目指す薬剤師によってどちらがいいかを決めるのが良いと思います。

 

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の薬剤師 専門の転職支援サービスです。

 

薬剤師の給料を上げる方法は?

 

まずはどんな環境であろうと、薬剤師としてのスキルは高め続けている必要があります。これはどんな職種にも言えることだと思いますが、能力が高ければ評価はそれなりにされると思います。能力があれば、たとえ転職したとしてもやっていけると思います。

 

 

それにプラス、薬剤師は地方で就職すると給料が高くなる傾向があるようです。新人だとしても薬剤師免許を持っていると言うだけで最初の一年から年収600万円ほどもらえるところもあるそうです。

 

 

薬剤師の平均年収が500万円ほどだと言われているので、そこから考えると地方で働くだけで平均よりもらえるということになります。しかし、地方でも大手のチェーン調剤薬局で働くのは都会で働くのと同じで特に給料が高くなるということはないそうです。

 

 

転職サイト以外に転職先を見つける方法はある?

 

スポンサードリンク

 

転職サイト以外で転職するツールとしてはハローワークという方法があります。しかし、ハローワークだけでは求人が少なかったりすることが多いです。

 

 

より効率的に自分にあった職場を見つけるにはやはり薬剤師の転職サイトに登録することをおすすめします。薬剤師専門だと、豊富に求人がありますし、非公開求人というハローワークなどで公開されていない求人を見ることが出来ます。

 

 

他にも転職サイトに登録すると、専属のコンサルタントが担当してくれて、転職活動においていろいろなフォローをしてくれます。希望条件にあう仕事を探してくれることはもちろんですが、相談に乗ってくれたりもします。

 

 

サイトによってはスキルアップのためのセミナーが受講できたり、就職祝い金がもらえるというような特典があるサイトもあります。転職を考えている人は是非転職サイトへの登録も検討したいですね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です