女医と結婚したい時の方法は?相談所やおすすめの婚活サイトはある?

 

あなたが女医と結婚したいと思ったのは高収入だからですか?それとも女医が好きだからでしょうか?そんなあなたに女医と結婚したい時の方法を調べてみました。更に相談所についてやおすすめの婚活サイトも紹介します。

 

スポンサードリンク

 

女医と結婚したい時の方法は?

 

70d8669dba77c8d383445dece66ef372_s

 

女性の社会進出が進む現代社会、働く女性は数多くいらっしゃいますがその中でも高学歴、高収入の代名詞といえば「女医」かもしれません。

 

 

女医さんの中には芸能活動をされている方もいらっしゃり、高学歴、高収入かつ美人、といったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

 

男性がちょっぴり弱っているといわれている今、そんな女医さんと結婚して、主夫をやるから養って欲しいと考える方もいますよね。

 

 

しかし、女医さんと出会い結婚に至るまでのハードルは中々高そう・・・というか、まず何処で出会えばいいんだ?となるかもしれません。

 

 

確かに、ハイグレードな女医さんは忙しそうですし、色々な意味で効率の悪い合コンなどには中々参加しなそう、参加しても男性サイドもハイグレードな会でないと興味自体なさそう、といった印象があります。

 

 

一般人が女医さんと結婚するために、一般人が考えられる方法としては、足しげく病院に通い治療を受ける中で交流を深める・・・か、友達の友達の友達(遠い)に頼る、くらいしか思いつきません。

 

 

まぁ、これらの方法でも万に一つくらいは成就する出会いがあるかもしれませんが、あまり現実的でないともいえます。

 

 

では、女医さんと確実に結婚する方法はどうすればいいのでしょうか?

 

 

結婚相談所に女医はいるの?

 

 

女医さんと確実に結婚するには、まずは出会わなければいけませんが、その出会いを探すことが何よりも難しいかもしれません。

 

 

そんな中で実は確実で手っ取り早いのは、結婚相談所です。

 

 

女医さんみたいな人種が結婚相談所にいるのか?と思われるかもしれませんが、これが結構いるみたいなんです。

 

 

女医さんに限らずお医者様は基本とても忙しい仕事ですから、そもそも出会いに枯渇しています。

 

 

院内で会う同業者と恋愛なども無くはないでしょうが、看護師さんは圧倒的に女性が多いですし、目ぼしい男性医師は軒並み女性看護師に狙われているといっても過言じゃないでしょう。

 

 

そして、医師の方が色々な立場が上とはいえ、医療行為は看護師の助けなしでは非常に困難になります。

 

 

ということを考えると、院内の人気男性医師と下手に噂になると、全女性看護師を敵に回しかねませんよね、「女の敵は女」ですしただでさえ大変な仕事にそんな解決の見えないいざこざ持ち込みたくないと考えるのが普通でしょう。

 

 

結局、院内での出会いはないということになりますよね、そういう意味では女医さんの方が男性医師よりも出会いが少ないのかもしれません。

 

 

そんな方々が気兼ねなく相手を探せる場所が、どうやら結婚相談所のようです。

 

 

結婚相談所にお任せしておけば、相手の素性は基本明らかになりますし、通常の恋愛のような時間の無駄もないと理系女子は考えるのかもしれません。

 

 

おすすめの婚活サイトはある?

 

 

女医さんとの結婚で手っ取り早い結婚相談所、その中でも特に女医さんに特化した相談所がいくつかあるようです。

 

 

医師専門の結婚相談所もあるようですが、女医さんが多く登録されている結婚相談所は一般的に「エグゼクティブ専門」といわれる結婚相談所です。

 

 

各結婚相談所にもエクゼクティブ専門の分野を作っている所もありますが、完全にエクゼクティブしか扱わない相談所の方が、ハイグレードな女医さんと出会える確率は上がるようです。

 

 

女医の年収は?

 

スポンサードリンク

 

医師の年収は、女医さんに関わらず勤め先で大きく変わってきます。

 

 

よく聞く、開業医は儲かるが総合病院は一律というお話しです。

 

 

一般的に医師は大学卒業後、初期研修医として採用されその間の年収は大体300万~400万、初期研修を2年ほどで終え、その後大学病院に勤務するか市中病院に勤務するかという道が分かれます。

 

 

しかし、いずれの場合も最初は後期研修医としての勤務となり、20代後半~30代前半までは最高でも年収600万~800万程度のようです。

 

 

女医さんの場合、この30代前半で結婚、出産というパターンが多く職場復帰したとしてもキャリアが途中で切れているため男性医師よりも年収が上がりにくいといった傾向がみられるそうです。

 

 

年収600万~800万を、仕事内容と比例させた時に高いとみるか低いとみるかはお相手の男性によるでしょうが、出産のことを考えると女性に頼り切りというのは難しいのかもしれませんね。

 

 

生涯共に歩むことを考えるのが結婚だとするのであれば、「女医」という響きだけでなく、やはりその人の人間性が重要といえるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です