イカの寄生虫(アニサキス)は冷凍しても生きている?加熱処理と画像も

 

イカやサンマなどの海の幸は美味しいですが、中にはアニサキスという寄生虫がいる場合があるんです。これら寄生虫は冷凍しても生きているのでしょうか?加熱処理すれば大丈夫なのでしょうか?ちょっと調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

アニサキスは冷凍しても生きている?

 

%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%b5%e3%82%ad%e3%82%b9

 

アニサキスは-20℃で24時間以上冷凍すると感染性が失われると言うことでした。しかし、一般家庭の冷凍庫は-5℃くらいなので、例えば丸ごとの魚を買ってきて冷凍する場合や釣ってきた魚を冷凍する場合は注意が必要です。

 

 

冷凍された魚を販売している場合は業務用冷凍庫でれいとうしているので家庭で冷凍するよりは安全かと思います。

 

 

家庭で消費する場合は、まず新鮮なものを選ぶことが大切で、丸ごと一匹の魚を購入した場合は速やかに内臓を取り除きます。そして、内臓は生では食べてはいけません。捌く際は目視で確認して、アニサキス幼虫がいた場合は除去しなければいけません。

 

 

アニサキスは加熱処理すれば大丈夫?

 

%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%b5%e3%82%ad%e3%82%b91

 

アニサキスは60℃では1分、70℃以上の加熱なら瞬時に死滅させることができます。なので、アニサキス対策としては加熱調理が一番効果的で確実な方法と言えます。

 

 

ちなみに、通常の料理で用いる程度のわさびや醤油、酢などの調味料ではアニサキスを死滅させることが出来ません。しめ鯖の場合は塩締め工程で中心部までしっかり冷凍することも予防法の一つです。

 

胃アニサキス症とは

 

スポンサードリンク

 

アニサキスの幼虫が寄生した魚類を食べることによって発症する病気です。症状の現れ方としては、食後数時間以内に急激な上腹部痛や嘔吐などの症状で発症します。

 

 

痛みは締め付けられるような激しい痛みを伴います。アニサキス症には「劇症型」と「軽症型」の2種類があります。

 

 

ます、劇症型は以前にアニサキスが体内に入り、アニサキス抗原で発作が起きると考えられています。消化管のけいれんや収縮によって、激しい痛みや吐き気を伴います。この場合はアニサキスを除去してもすぐには症状が治まりません。

 

そして、次からはアニサキスが寄生している食品を食べないようにしなければいけません。加熱処理や冷凍保存でアニサキスを死滅させても抗原で発作は起こってしまいます。

 

 

軽症型は生きたアニサキスが体内に入り込み、胃や腸の中で暴れることで起こりますが、比較的症状は軽いです。しかし、恐ろしいことにアニサキスは胃や腸の壁を突き破ってしまうことがあり、それが突然の激しい痛みになります。

 

 

しかし、この軽症型はアニサキスを駆除することで症状は治まります。しかし、一度侵入した場合は抗原によってアレルギー反応が出る場合があるので注意が必要です。

 

アニサキスが寄生している食材は?

 

%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%b5%e3%82%ad%e3%82%b92

 

鯖、鮭、ニシン、スルメイカ、イワシ、サンマ、ホッケ、タラ、マスが主な寄生している主な魚介類です。ちなみに、アニサキスの寄生した生餌を与えていた場合以外で養殖魚でのアニサキスの寄生はほとんどないそうです。

 

 

アニサキスの感染の仕方は、まず、鯨やイルカなどの解散ほ乳類が最終宿主で、アニサキスの成体は鯨やイルカの腸管に寄生しています。成体は産卵をして、その卵は糞便とともに海中に放出され、オキアミなどの甲殻類に食べられ、体内で感染してしまう第三期幼虫まで成長します。

 

そのオキアミが魚類やイカに食べられて、さらに成長します。

 

2013/ 1/31 18:31

 

その魚やイカを人間が食べてしまうことでアニサキスに感染してしまうのですが、人間の体内では成体になることはできませんし、産卵もできません。魚やイカに寄生しているアニサキスは内臓だけに寄生するわけではないので内臓を避けて食べても完全に感染を防ぐことができません。

 

 

魚の生食は日本人にとってとても身近です。なのでアニサキスは身近で危険な食中毒といえます。予防方法を知ってしっかりと対策しましょう。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です