車の懸賞で当たった人はすぐに売る?応募におすすめのサイトや雑誌は?

 

懸賞と言えば主婦の方なら一度は応募したことがあるんではないでしょうか?懸賞といっても誰でも当たるようなものから高額な商品まで色々あります。今回は高額商品である車の懸賞で当たった人はすぐに売るのかどうか調べてみました。更に応募におすすめのサイトや雑誌も紹介します。

 

スポンサードリンク

 

車の懸賞で当たった人はすぐに売る?

 

%e8%bb%8a

 

車が懸賞で当たった場合、すぐに売れる場合と売れない場合があります。すぐに売れる場合は、譲渡について特に何の制約もない場合は名義変更さえすればすぐに売ることができます。

 

 

売れないパターンは、懸賞サイトによって当選から1年間は譲渡不可と制約があり、一年間は懸賞元が名義になるので、それの期間が過ぎてから出ないと売却できないというのと、自動車メーカーや販売店主催の懸賞の場合は、懸賞と言うより、モニター要素が強いので、売却できないケースがほとんどです。

 

 

この場合は、定期的に販売店に行って、車の調子を報告したり、レポートなどを書くということがあります。

 

 

懸賞で実際に車が当たった人がその後どうしたか調べてみましたが、そのままその車に乗り換えた人やすぐに売った人、どちらも居たので、必ずしも車を売る人だけではないようです。

 

 

懸賞で車が当たった場合に自分が負担するお金は?

 

まずは車が懸賞として当たった場合、一時所得として所得税を払わないといけない場合があります。車は、小売り販売価格の60%相当額が収入金額になります。

 

 

一時所得の場合は他の所得とは異なり、特別控除が認められていて、収入金額から収入を得るために支出した金額を引いて、更に、最高で50万円控除することができるということです。

 

 

そして、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、検査登録料が必要で、登録までにいろいろと手続きが必要で、30万円ほどかかるそうです。都会に住む人なら、もしかしたら駐車場の費用が必要だったりとその他にも費用がかかることがあります。

 

 

車が当たってすべて無料と言うわけではないんですね。ちょっと驚きました。車両価格が浮いたとしてもずっと乗る場合は、その後の自動車を維持していく経費を確保できるか?ということはとても大切ですね。

 

車の懸賞でおすすめのサイトや雑誌はある?

 

スポンサードリンク

 

まずは、国産車のプレゼントが多いサイトが、「懸賞生活」というサイトです。主に、国産車のコンパクトカーや低燃費カーなどが多いです。このサイトでは車が当たる懸賞が一覧で確認できます。

 

 

次に、クイズに答えて1名様にプレゼント!というような一攫千金的な要素が強いのが「懸賞天国」です。他にも自動車メーカーのサイトにもプレゼント企画があるので定期的にチェックするといいでしょう。

 

 

自動車メーカーの場合は上記でも説明したとおり売れないことが多いので、本当に車が欲しいと思っている人が、車体の購入金額を浮かせるという意味ではうれしいプレゼントだと思います。

 

 

次におすすめの雑誌を紹介します。今、懸賞は雑誌よりネットが多くなっていて、競争率が低いと言われています。

 

 

しかし、懸賞専門の雑誌だと、まだまだ競争率が高いので、出来れば、地元だけの限定雑誌や、週刊誌、新聞など、あとは応募券が必要だったり、キーワードが必要な懸賞は応募総数自体が低くなってくるので当選確率を上げることが出来ますよ。

 

 

車の当選となると、1名とかが多く、なかなか当たらないとは思いますが、根気強く応募するればもしかしたら当たるかもしれません。実際に当たった人のブログや、懸賞生活をしているという人のブログなど、参考になるサイトもあるので是非チェックしてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です