爪水虫の治療でよく効く市販薬は?完治までの期間や初期の画像も

 

ブーツを履く季節に多い爪水虫はどんな薬が有効なのでしょうか?爪水虫の治療でよく効く市販薬について調べてみました。更に、完治までの期間や初期の画像も確認ください。

 

爪水虫の市販薬でよく効くものは?

 

%e5%8c%bb%e8%80%85

 

爪水虫市販薬という専用の治療薬はドラッグストアや薬局などでは市販されていません。ほとんどが水虫専用薬で、爪水虫にも使えます。と書かれて売られています

 

 

しかし、この水虫専用の薬は爪の内部まで成分が浸透しにくく、なかなか治すことができません。爪水虫専用の薬を病院以外で手に入れるには通販がおすすめです。

 

 

爪水虫専用薬の公式サイトで購入した薬の方が効果が期待できます。ここではいくつかおすすめの薬を紹介したいと思います!

 

 

まずはクリアネイルショットという薬です。ジェルタイプの薬で、成分が爪の深層部分まで届けることを可能にしています。この薬は早い人なら約2週間ほどで効果が出ると言うことでした。

 

 

使用されている成分が天然のものなので副作用の心配もなく、日本製なので安心です。【足の爪用ジェル】にごり爪・ガサガサ爪・ゴワゴワ爪にお悩みのあなたへ!『クリアネイルショット』

 

 

さらに、手の爪の水虫や子供の爪水虫にも使えると言うことでとても注目されている商品です。もし効果が感じられなかった場合は全額返金保証もついているので、お試ししてみる価値はあるかと思います!

 

 

続いて紹介するのは、アメリカ発の液体タイプの爪水虫専用市販薬、Dr.Gsクリアネイルという商品です。爪水虫専用薬として歴史が長く、アメリカでは大ヒット商品です。爪への浸透率が高く、効果もかなり期待できます。★消費税・送料込み・普通郵便発送★ Dr.G’s クリアネイル

 

 

しかし、1つ注意したいのが、偽物が多く日本で出回っていると言うことです。こちらの商品を購入する際は公式サイトや、信用できるサイトから購入するようにしてください。

 

完治までの期間は?

水虫は特に爪水虫の方が完治させるのに時間がかかってしまいます。普通の水虫が2ヶ月ほどで治療が完了するのに対し、爪水虫は6ヶ月ほどかかってしまう場合があります。

 

 

なぜそんなにかかってしまうかというと、爪水虫にかかっている爪の根元が指の先端まで伸びるのに最低でも6ヶ月かかってしまうからです。完全に治すためには地道な薬の服用が必要なんですね。

 

初期の状態や症状は?

 

スポンサードリンク

 

まずは爪が厚くなって色が濁ってきてしまいます。少しでもこういった症状が見られる場合は爪水虫を疑ったほうがよいかもしれません。そして、爪水虫になると、爪の表面がボロボロになってしまい、綺麗に生えてこなくなります。そして、爪の表面に筋のようなものがたくさん現れます。普通の爪ならこういった症状は現れないそうです。

 

%e7%88%aa

伸皮フ科クリニックより引用

 

初期の状態では痛みがあったりすることはなく、なかなか気づきにくいですが、定期的に爪の状態をチェックすることが爪水虫の早期発見に繋がるかもしれません。

 

%e7%88%aa%ef%bc%91

 

うつったりするの?

爪水虫は普通の水虫と同様にうつります。しかし空気感染などはなく、バスルームの足ふきやスリッパの共用などで、湿っていて暖かい場所に注意しないといけません。そして他人に移す可能性もありますが、自分の他の爪にも移ってしまいます。

 

 

上記で紹介した初期症状を見逃してしまって、爪水虫を悪化させてしまうと、爪がだんだん変形してしまい、爪の周りが炎症を起こし、痛みを伴う場合があります。靴を履くときに痛みを感じる場合は爪水虫の症状が進んでしまっているかもしれません。

 

 

悪化させてしまうと治療にも時間がかかってしまいます。爪が少しでもおかしいなと感じたら早急に病院を受診したり、薬を塗るなどの治療をする事が重要です。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です