岩場カフェの場所は福井県の東尋坊のどこ?メニューと営業時間も

 

岩場カフェをご存じですか?どんなカフェなのか詳しく紹介していきます!

 

スポンサードリンク

 

岩場カフェの場所はどこ?

 

%e5%b2%a9%e5%a0%b4%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7

 

福井県の坂井市三国町安島、東尋坊にあります。このカフェは今年の7月にオープンしました。このカフェは米系大手のコーヒーチェーン「スターバックス」の略称をもじったネーミングで、ロゴマークは東尋坊を象徴する岩や波を絵柄にし、スタバをモチーフにしつつ地元らしさを出したロゴで若者の心を掴んでいます。

 

 

スタバみたい!と話題になっていて、オープン後からインスタグラムなどのSNSを中心に話題を呼び、若者やカップルが多く来店しているということです。お盆の期間は連日500人以上が利用する大盛況だったそうです。スタバと鳥取砂丘をかけて人気を呼んでいる「すなば珈琲」からイベントへの出店依頼も寄せられていて、業界からも注目されています。

 

 

この岩場カフェのマスターはもともとシャッターを下ろした店が目立つ東尋坊を憂いていて、この地でお店を営む知人に「自分でやってみろ」と言われ奮起、知人のお店を改装してオープンさせたということでした。

 

どんなメニューがあるの?

一番人気は福井県市内の珈琲マイスターにブレンドしてもらったオリジナル豆を使用している、「岩場ブレンド」です。東尋坊の岩肌をイメージしたガツンとした苦みとすっくりとした後味に仕上げているそうです。

 

 

他のメニューもとてもこだわりを持っていて、ラテやシェイクには生乳を使っているそうです。ラテやシェイクのフレーバーにはキャラメルやチョコレート、ストロベリーやヘーゼルナッツなど豊富で、珈琲が飲めない人でも、オレンジジュースやぶどうジュース、ウメソーダなどのドリンクもたくさんあります。

 

 

スイーツは岩場サンデーや岩場タルトなど、オリジナルのネーミングのものがあります。岩場タルトはバナナのタルトで、大きなバナナがごろごろとたくさん入っていて、生地がさくさくでバナナはしっとりしていて、とてもおすすめの商品と言うことでした。

 

 

岩場カフェの写真を見ていると、名前は分かりませんが、飲み物にロールケーキが乗っているものもありました。食事メニューもいくつかあるようで、甘エビのからあげをトッピングした岩場ブラックカレーというものがあり人気だそうです。

 

 

観光地というと値段は結構高いけど味は普通みたいなイメージがあるかもしれませんが、この岩場カフェはメニューにこだわっているそうです!ますます行ってみたくなりますね。

 

営業時間や休業日は

 

スポンサードリンク

 

営業時間は朝の10時からで、閉店時間は夕日が沈むまでだそうです。これは夕暮れ時に真っ正面に沈む夕日を楽しんでもらいたいというマスターの思いからそうなっているということでした。なんだかとってもオシャレですね!

 

 

店内にある30席はすべてオーシャンビューで、中でも店内の奥のテラスにあるソファ席は休日になると入れ替わりにお客さんが座るそうです。この席はなかなか空かないので、常連客からは「神の席」と呼ばれているそうです。

 

 

実際にその席の写真を見てみると、2人がゆったり座れるくらいのソファで、目の前は大きな窓から海を見ることができます。カップルで訪れるのにとっても良い席だなと思いました。夕暮れ時は絶対ロマンチックで良い雰囲気になるだろうなと思いました。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です