干し柿の白い粉はカビ?まずいけど普通の柿より栄養が凄いの?

 

干し柿って美味しいですよね!でも嫌い!まずい!という人もいるようです。そしてあの白い粉はいったいなんなのかご存じですか?カビでしょうか?干し柿を詳しく紹介していきます!

 

スポンサードリンク

 

干し柿の白い粉はカビ?食べられる?

 

%e5%b9%b2%e3%81%97%e6%9f%bf

 

買ってきた干し柿は表面が真っ白い粉になっていますよね。これはカビでは?と言われていますが、違います。柿の中から出てくる糖分の結晶なんです。干し柿を作るのは寒くて湿度が低い季節です。なので、天日干ししていく過程で柿の内部の糖分が溶けきれずに表面に浮き出てくるんです。なので食べられます。むしろ甘くて美味しい干し柿の証明なんです。

 

 

昔、砂糖が高価な時代では白い粉をそぎ落とし使ったり、中国では生薬としてつかわれていたそうです。喉を潤す作用があり、熱を下げたり、タンを切る薬として使用されているということです。

 

 

この白い粉ですが、家で渋柿を干し柿にするときでも作ることができるそうです。白い粉をふかせるコツは温度と期間で、10度以下の環境で期間は1ヶ月以上天日干しすると成功しやすいということです。

 

 

しかし、家で作る場合は特にですが、干し柿はカビが生えやすい食べ物ではあります。白い粉がふいているとカビかどうか見分けが付きにくい場合があります。この見分けるポイントは白い部分の色とにおいです。

 

 

一見白く見えるかもしれませんが、よくみるとグレーや緑が混ざっている場合があります。青みがかっている場合もあるのでよく見ると分かると思います。白くてもちょっと綿のようなものが付いているとカビの可能性があります。注意してください。

 

 

カビが生えてしまった場合は沸騰したお湯に干し柿を入れて、沸騰してから1分間加熱し、それを天日干しすると綺麗にカビを取り除くことができます。家で手作りする場合は天日干しの前に焼酎を吹きかけるとカビが生えにくくすることもできますよ!

 

まずいという人も多い?

 

スポンサードリンク

 

調べてみると、結構干し柿が苦手という人や、まずい!嫌い!と言う人は多くいるみたいです。普通の柿は食べられるけど、干し柿は無理という人も結構いるようです。濃厚な凝縮した甘みとねっとりとした食感。これが好き!という人と嫌い!という好みが分かれしまうポイントなのかもしれません。

 

 

ドライフルーツが苦手な人は干し柿も苦手かな?と思います。昭和に育った世代は割かし好きなのかもしれませんが若い世代になるにつれ嫌いだという人の割合が多いようです。

 

干し柿の栄養と普通の柿の栄養を比較

干し柿は種類や大きさにもよりますが、だいたい1個あたり100キロカロリーほどだそうです。これはご飯をお茶碗半分くらいと同じカロリーになります。好きな人だと2個、3個と食べてしまいますが、たくさん食べるとカロリーが高くなってしまうので注意が必要です。

 

 

干し柿の主成分は炭水化物です。干すので水分が抜けて、高カロリーになります。そして食物繊維が豊富です。ミネラルが豊富で特にマンガンやカリウムが多く含まれています。

 

 

普通の柿はビタミンCが含まれていますが、干し柿は干すことによってビタミンCが壊れてしまってなくなってしまいます。その代わりにβカロチンが増えます。タンニンも豊富に含まれているので抗酸化作用も期待できると言うことです。

 

 

干し柿は便秘の人や、美容に気を付ける人や、風邪を予防したい人などにお勧めです。他にも柿は二日酔い予防になると言われているので飲むときに食べるといいと思います。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です