家出したいけど主婦でも出来る方法は?行先や戻ってくるタイミングも

 

突然ですが、あなたは「家出をしてやりたい!」と思った事はありますか?これを読んでいるあなたは、今旦那さんと仲良くやれていますか?それとも不満の方が大きいですか?どの家庭にも、多かれ少なかれ不満はありますし、人間誰しも我慢の限界があります。

 

その我慢が限界に達した時に、「家出」の門は開かれると思いますが、では実際にもし家出をする場合、どのような方法や問題点があるのでしょうか?今回、個人的に1番読んで頂きたいのは、「家出を計画している」方だけではなく、「結婚されている全ての女性」にです。

 

その理由も後述していきますので、もしよろしければ最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサードリンク

 

主婦が家出する方法は?

 

59327a918346ee637c40eb18b3134f0e_s

 

例えば、あなたが旦那さんと喧嘩したとしましょう。どちらも感情を納める気にはなれず、怒りのボルテージも最高潮。「出てけ!」「出て行く!」と、売り言葉に買い言葉。さぁ、すぐに家を出て……ちょっと待って下さい。

 

今すぐにでも家を飛び出したい気持ちはよくわかりますが、何事にも準備は必要です。着の身着のまま家出をしたとしても、なにも良いことはありません。

 

例えばあなたが、「すぐにでも主人に追いかけて来てもらいたい!」と思って意図的に飛び出すなら話は別になりますが、その場は一旦自分の部屋に戻る等、衝動的な気分を断ち切ってみて下さい。その後、ちゃんと準備を整えてから家出を決行する事をおすすめします。

 

下手をすると家出をして数時間でとんぼ返り…なんて事になりかねません。もちろん、その間にお互い冷静な気持ちになって、仲直りが出来ればそれに越した事はありませんが…

 

そんな事はなく、「じゃあ出て行こう!」となってしまった場合、夫婦だけの家ならば、誰の目も特に気にすることはありませんが、もし、旦那さんの両親と同居・子供がいた場合にはどうするか?子供がおらず、義実家・実家在住の場合には、買い物等の1人になれる時を見計らって抜け出して下さい。

 

子供がいる場合は、特別な事情が無い限りは必ず子供も一緒に連れていってあげて下さい。万が一離婚問題にまで発展してしまった場合には、「育児放棄」と見なされてしまう場合があります。

 

注意点としては、家出をする際には必ずメールや書き置き等の「明確な家出の意志」がわかる物を置いて行って下さい。これが無いと、「家出」ではなく、「行方不明」として、警察に駆け込まれてしまいかねません。

 

「家出」の場合は「事件性がない」と判断される事が多く、捜索の対象になり辛いので、大事になるのを防ぐ為にはこちらを強くおすすめします。

 

行先の見つけ方、決め方は?

 

スポンサードリンク

 

さて、家を飛び出したはいいけども、どこに行けば良いでしょう?例えばあなたが家出を決行したとしたら、候補地はどのような場所がありますか?過去に家出を経験した事のある方は、こんな場所に行っていたりしています。

 

→コンビニエンスストアのイートインスペース・ファーストフード・ファミレス

(予算:100円~)

 

家出をした際に、最も手軽に駆け込める場所です。2~3時間程度でしたら余裕で時間が潰せます。ただし、本来宿泊する為の場所ではありませんので、熟睡等している際には店員さんに注意されてしまいます。宿泊目的ではなく、「これからどうするかを考える場所」「休憩所」として考えてみて下さい。

 

→自分の車の車内

(予算:0円~)

 

車を停める場所さえ確保できれば、そこは車内ではなく、あなたの部屋へと変化します。

 

車内用カーテン等、外側からの視線を遮る手段を手に入れれば、カギ付きのホテル代わりにもなります。難点としては、寝る為のスペースがやや窮屈な上、エアコン等を使用する場合、どうしてもバッテリー切れが懸念されますので、エンジンを時々かけなければならず、騒音が出てしまいます。

 

また、車上荒らし等の犯罪に巻き込まれてしまうケースも考えられますので、あまり長期の宿泊はおすすめしません。あくまでも泊まる場所の最後の手段として考えて下さい。もし泊まる際には周囲に十分警戒をして下さい。

 

・ネットカフェ

(予算:1500円~)

比較的安価に一晩を安全に過ごせる場所です。おまけに飲み物も飲めますし、漫画も読み放題です。ナイトパック等を利用すれば、一晩1500円程で宿泊が可能です。ただし、こちらもあまり長期滞在はおすすめできません。

 

ネカフェ難民になるから…と言うわけではなく、車中泊同様、寝る場所が狭いからです。

 

リクライニングシートやフラットスペースがある所もありますが、やはり足を伸ばして眠れるかどうかで疲労の取れ方が大分違います。

 

また、いびきがうるさい人や、携帯のアラームを大音量で流してしまう方もいるでしょうし、部屋にカギをかける事ができない為、防犯上あまりよろしいとも言い切れません。(備え付けの金庫がある所もあります)

 

スポンサードリンク

 

・ビジネスホテル

(予算:3000円~)

 

多少予算が張りますが、一番の良い所は「宿泊する為の施設」と言う点です。お風呂にも入れますし、防犯上も問題無く、何よりも足を伸ばして眠れるので、疲れの取れ方が違います。連泊になるとかなりの金額にはなってしまうのが難点です。

 

・ラブホテル

(予算:8000円~)

ラブホテルに泊まるなら、ビジネスホテルの方が良いのでは?と一見思われますが、こちらの利点は「家出をした家族の目を欺ける」と言う所です。あなたがもし、長期で家出をする場合、残された家族は次第に探す事に力を入れ始めます。

 

その場合、ここならまさか1人で泊まっているとは思われないでしょう。ラブホテルと言えども、ちゃんと足を伸ばして眠れますし、お風呂もついていますので、本格的に身を隠したい場合には、こちらに宿泊をするのも案の一つとして考えても良いかもしれません。

 

 

次のページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です