伊達巻の意味は学問成就?縁起物でめでたいと言われるその由来は?

 

お正月におせちを食べますか?おせち料理にはいろいろな意味が込められており、縁起物として皆さん食べますよね?今回は伊達巻きについて紹介していきます。伊達巻の意味(学問成就)の話や由来をどうぞ!

 

スポンサードリンク

伊達巻の意味は?

 

22490

 

伊達巻きには2つの意味があるとされています。まず一つ目は「知識」です。伊達巻きはその形状が昔の巻物に似ているところから知性を表す象徴となっています。

 

 

学問や文化などの教養を身につけることを意味していて、進歩や発展、進化の望みが込められています。昔の大事な文書や絵画は巻物にして家宝にしていました。当時は巻物は大変価値の高いものとして扱われていて、お正月に出てくるおめでたい料理には巻物の形が多くあります。

 

 

知識が豊富になりますように。頭が賢くなりますように。というような願望が込められています。

 

 

2つ目は「子孫繁栄」です。卵を使った料理ということで子孫繁栄のシンボルとして願望が込められています。卵の黄色は土のイメージで、豊穣を表していて、これが子宝を連想させます。

 

 

伊達巻きの丸い形は家庭円満を表していて、巻き込んでいる形が仲良くかみ合うということに繋がっていると言うことです。

 

縁起物でめでたいけど材料は何?

材料は白身魚やエビのすり身と溶き卵です。この材料に出汁を加えてよくすり混ぜて、みりんや砂糖で味付けをして焼き上げます。熱いうちに巻きすをまいて形をととのえて作ります。家庭で作る場合はすり身の変わりにはんぺんを代用することがあるそうです。

 

 

作り方はカステラに似ている部分も多く、卵焼きやすり身を使うので厚焼き卵ともよく似ています。スポンジケーキ状に焼くにはオーブンが必要なことからポルトガルのロールケーキ「トルタ・デ・ラランジャ」の技法が応用されたと考えられています。

 

伊達巻の由来は?

 

スポンサードリンク

 

「伊達」の由来は諸説あり、1つめは伊達政宗がとても派手好きだったと言うことが由来しているそうです。当時、伊達者という人たちがもてはやされていて、オシャレでちょっとかっこよくて、イケメンたちを指す言葉でした。

 

 

江戸時代に長崎に伝わった料理の一つでカステラかまぼこというものがあり、これが伊達者が着ていた着物のどてらと模様がよく似ていたことから伊達巻きという名前で呼ばれるようになったそうです。

 

 

伊達でちょっと豪華な「巻き玉子焼き」という意味で伊達巻きたまごと名付けられたとい言われているそうです。

 

 

2つめは女性の着物の帯や反物の形や色、模様がよく似ていることから言われているそうです。着物の着崩れを防ぐために着物の帯の下に占める帯を伊達巻きといい、これに形状がよく似ていることから伊達巻きという由来もあるそうです。

 

 

他にもいくつか説があるようで、どれが本当かははっきりしないようです。伊達政宗から来ているという説を知っている!という人が多いのではないでしょうか?

 

伊達巻の日とは?

 

伊達巻きの日は5月24日です。この日は伊達政宗の命日であることから記念日にしたそうです。伊達巻きという日本の食文化を後世に伝えたい為に作った記念日で、伊達と言えば戦国武将で名高い伊達政宗を連想する日本人が多いことから、千日総本社が制定したということです。

 

 

なかなか最近はおせちを家で作って食べると言うことは少なくなっているかと思いますがおせちの意味を知って食べるとまた気持ちも変わってくるかと思います。是非来年はおせちを食べてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です