クリスマスのひとりぼっちの過ごし方は?女性の寂しいと感じる人の割合も

 

クリスマスの足音が近づくと共に、ひとりぼっちの人はクリスマスの過ごし方を考えるのではないでしょうか?大丈夫ですよ、そういう人は大勢いますので。

 

ひとりのクリスマスケーキ(一人ケーキ)も良いですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

一人ケーキを買うのは恥ずかしい?どこで買う?

 

e61b8ae0

 

ネット社会の現代社会、都市部在住の方々で店頭でクリスマスケーキを前日、もしくは当日に購入するという方は少ないかもしれません。

 

 

地元密着型のケーキ屋さんがあって、親子三代クリスマスケーキはそのお店で買う、といった地元感のある地域であれば都市部でも店頭で購入するでしょうが、そうでない場合のほとんどは、有名店やコンビニエンスストアで予約して引き取りに行くか、インターネットで予約、購入するケースが多いと思います。

 

 

そして、そういったケースで購入されるクリスマスケーキは核家族向きの物だったりするので、そんなに大きなケーキでない可能性が高いといえます。

 

 

すなわち現代社会では、自らペラペラしゃべらない限り、一人ケーキを買っていることが周囲に分かることは無いといえ、一人ケーキを買うことが恥ずかしいかどうかを考える必要自体ないといえるでしょう。

 

 

どうしても有名店のクリスマスケーキが食べたい!となって、事前予約の上で少し小さめのクリスマスケーキをクリスマス当日に店頭に引き取りに行くことになったとしても、自分で話さない限り、「あぁ、この人こんな小さなクリスマスケーキを注文するなんて、寂しい一人クリスマスなんだな・・・」と思う周囲の人などいないでしょう。

 

 

そういった空気を感じる・・・と思う方は、恐らく自意識過剰で被害妄想が激しい方です。(言い切り)

 

 

これらを踏まえ、クリスマスの一人ケーキは地元商店街で昔から馴染みのケーキ店でない限り、どこで買っても大丈夫です!

 

 

一人クリスマスの楽しい過ごし方は?

 

 

一人クリスマスの楽しい過ごし方はたくさんありますが、まずは一人でしかできないことをやることといえるでしょう。

 

 

その中に、クリスマスケーキのホール食いという物が存在します。

 

 

大好きなケーキ店の中でも一番好きなケーキを、クリスマスに乗じて独り占めできる絶好のチャンスです。

 

 

一人クリスマスの解釈を少し変えて、一人で過ごすということではなく、普段一緒に過ごしている友達や仲間とは別行動を取る、距離を置くという考え方をしてみるのも楽しい過ごし方の一つでしょう。

 

 

近所に教会があればクリスマスは必ず深夜ミサをやっているはずですから、一人で足を運び、そもそもクリスマスとは何かを改めて考えながら、本当のクリスマスの雰囲気を楽しむのもお勧めです。

 

 

教会でボランティアをして、ミサ自体をお手伝いしたり、路上生活者の方々向けのクリスマス炊き出しに参加してみるというのも、普段とも周りとも全然違うクリスマスの過ごし方で楽しひと時が過ごせるのではないでしょうか。

 

 

一人の割合と寂しい時の対処法は?

 

スポンサードリンク

未婚の男女にクリスマスを誰と過ごす?というアンケートを取ったところ、日本人男女とも3割程度が「恋人」と答えるようですが、一人で過ごすという回答も意外と多く、男性で4割、女性で3割程度だそうです。

 

 

日本人は圧倒的に仏教徒が多い国ですから、クリスマスの概念が根付いていないため「恋人」と過ごすものと考えられがちかもしれませんが、そもそもクリスマスは家族で過ごすものです。

 

 

キリスト教圏では、たとえ恋人同士で過ごすクリスマスだとしても、必ず彼氏、彼女を両親に紹介し、その後2人で出かけ、夕食までに戻り家族で食卓を囲むのが一般的です。

 

 

本来はそうあるべきクリスマス、「クリスマス一緒に過ごす相手もいないなんて寂しいね~」とか言ってくる輩は、ただのゲス、と切り捨てるべきといえるかもしれませんよ。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です