岩合光昭のねこの写真展や写真集の情報は?2017のカレンダーはある?

 

NHKのダーウィンが来た!にも出演の岩合光昭さんをご存じですか?どんな人なのか、プロフィールやねこの写真展、写真集の情報など紹介します。

 

スポンサードリンク

 

岩合光昭のプロフィールと経歴

 

531c2a74ef94f57586cf5d91c3963e5d

 

名前:岩合光昭 (いわごう みつあき)

 

 

生年月日:1950年11月27日

 

 

出身:東京都

 

 

職業:日本の動物写真家

 

法政大学第二高校、法政大学経済学部を卒業し、同じく動物写真家だった父・岩合徳光さんの助手としてガラパゴス諸島を訪れた際に自分も動物写真家になる!と志したそうです。猫などの身近な動物から、世界各地の野生動物まで様々な題材を取り上げ、撮影をされています。

 

 

岩合さんの写真は美しく、想像力をかき立てる作品は世界的にとても評価されています。1979年にアサヒグラフに掲載された「海からの手紙」で第五回木村伊兵衛写真賞を受賞。

 

 

1982年から1984年までアフリカのタンザニア・セレンゲティ国立公園に滞在して撮影した写真集「おきて」は英語版が15万部を超える世界中でベストセラーになりました。また、日本人の作品としては初めて「ナショナルジオグラフィック」の表紙を二度も飾った経験があります。

 

 

そんな一方、身近な存在である猫を撮り続けられていて、2012年からNHKプレミアム「岩合光昭の世界猫歩き」の番組撮影をされています。

 

ねこの写真展について

岩合さんは「ねこ歩き」という写真展を2013年から日本各地で開催しています。この写真展では2012年から2013年頃に岩合さんが訪れたギリシャ、イタリア、トルコ、モロッコ、アメリカ、キューバで出会った世界のねこたちの作品と、約10年かけて日本全国のねこに出会う旅をされ、各地のねこの聖地など各地の美しい四季を背景に撮影した作品と、岩合さんの家族であるねこの「海ちゃん」「にゃんきっちゃん」「柿右衞門」「ケナ」を紹介する作品の3章で構成されています。

 

 

岩合さんの出会った様々なねこたちを楽しむことができるねこ好きなら一度は行ってみて欲しい写真展です。次回、開催場所は2017年1月2日(月)~ 1月16日(月)北海道の帯広 藤丸百貨店です。

 

ねこの写真集は?

 

スポンサードリンク

 

「ねこ歩き」の写真展オリジナルの写真集が発売されている他、本当にいろいろなねこに関する写真集が出版されています。

 

 

最近発売されたものをいくつか紹介します。まずは2016年に出版された「10ねこ [ 岩合光昭 ]」という作品です。この作品はページをめくるたびにねこが増えていく数えねこの本です。お子さんと写真からいろいろなことを想像しながら読むのがおすすめです。

 

 

次に「ネコへの恋文 [ 岩合 光昭 ]」です。こちらは岩合さんが出会ったねこたちへの想いを写真とエッセイで綴った恋文写真集です。岩合さんのねこに向けた愛を感じられる魅力いっぱいの作品です。

 

 

最後に「ねこのとけい [ 岩合光昭 ]」です。ねこにはそれぞれの時間があります。自由きままなねこたちの一日を覗いた作品です。のんびりとしたねこの時間を目で感じられる癒やしの一冊です。

 

 

このほかにも本当にたくさんの写真集が発売されています。自分のお気に入りを見つけてみてください。

 

関連記事:ダーウィンが来た!の猫の島(相島)の場所はどこ?行き方や宿泊も

 

2017年のカレンダーはある?

2017年の岩合さんのねこのカレンダーだけで10種類以上販売されていました。普通のカレンダータイプのものや、スケジュールカレンダー、卓上カレンダーなどいろいろな種類のカレンダーがありました。

 

世界のねこや、野良猫にスポットを当てたものなどいろいろあるので、是非お気に入りの一冊を見つけて欲しいと思います。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です