ダイエット中の朝食はパンとご飯どっちがいい?おすすめメニューは?

 

ダイエット、してますか?

 

 

突然ですが、あなたは今の体重に満足していますか?

 

 

ちなみに、私は満足していません。少し前までは、「標準体重?何それ?」と言う感じだったのですが、現在は家族と一緒にダイエットに励んでいます。

 

 

BMI(体格指数)は、辛うじて標準値をキープしてはいますが、それでも標準体重までにはまだまだ遠いのが現状です。

 

 

さて、ダイエットを行う上で避けては通れないのが、ズバリ、食事。

 

 

適度な量を採らないと体調に影響を及ぼしてしまいますし、かと言って食べ過ぎても体重が増加してしまいます。

 

 

このバランスに悩んでいる方って結構多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、一日の始まりである朝食について取り上げていきます。

 

 

私もこれを書きながら一緒に学んでいきますので、よろしければこれを読んでいる方も、ご一緒して頂けると心強いです。

 

 

スポンサードリンク

 

朝食はパンとご飯、どっちがいい?

 

images-1

 

あなたは、朝食はパン派ですか?それともご飯派ですか?

 

 

ダイエットにはどちらが良いか?と言う話ですが、私は「ご飯」を推します。

 

 

その理由は、消化吸収の差と、油脂の量にあります。

 

 

パンはご飯に比べ、消化吸収が早いのです。わかり易く言えば、食べた時には満腹感を得られたとしても、すぐにお腹が空いてしまいやすく、ついつい食べ過ぎになってしまいます。

 

 

次に、摂取カロリーの差についてですが、パンには油脂を含むバターが多く含まれています。

 

 

ちょっとこれを見て下さい。

 

 

 

 

ご飯(一膳(140g)):235kcal

 

 

食パン(1枚(60g)):170kcal

 

 

クロワッサン(1個(40g)):190kcal

 

 

デニッシュ(1個(100g)):330kcal

 

 

 

 

どうでしょう?

 

 

食パンは一見、ご飯よりもカロリーが低いように見えますが、食べる時にジャムやマーガリンを塗ると油脂量が更に増えてしまい、少量であったとしても最終的には高カロリーに…なんてことも。

 

 

それに、ご飯一膳に比べて、クロワッサンやデニッシュは1個では満足感が足りませんよね?

 

 

更には、パンに合うおかずは、ベーコンや目玉焼き等の、どうしても油脂の多い物になってしまい易いのです。

 

 

パンと一緒にウインナーやベーコンエッグ等を食べると…凄くおいしいのは…わかります。わかりますけれども、ここはぐっと我慢して下さい。

 

 

 

 

ご飯の時のおすすめメニューは?

 

スポンサードリンク

では、ご飯の時にはどのようなメニューが良いのでしょうか?

 

 

キーワードは「和食」です。

 

 

煮物や焼き魚、納豆等のヘルシー系が非常におすすめです。

 

 

…と言うのは簡単です。私だってそうしたい。

 

 

でもですね、「朝にそんな物を作っている時間は無い!」と言う方が大半だと思います。

 

 

なので、こんなメニューはいかがでしょうか?

 

 

 

 

納豆豆腐丼

 

 

材料:ご飯(1膳)・納豆(タレ付で1個)・ごま油(少々)・絹ごし豆腐(お好みで)

 

 

作り方:ご飯の上に豆腐をのせて潰します。その後に納豆にタレ、ごま油を加えて混ぜ、それをご飯の上にのせるだけです。

 

 

詳細:https://asajikan.jp/recipe/598026

 

 

 

 

とろける卵チーズご飯

 

 

材料:ご飯(1膳)・めんつゆ(お好み)・とろけるチーズ(1枚)・生卵(1個)・炒りゴマ(少々)・ネギ(少々)

 

 

作り方:耐熱容器にご飯を入れ、めんつゆを混ぜておく。その上に卵をのせ、更にその上にチーズをのせて炒りゴマを振りかける。後はオーブンで焼き、ネギを振りかけて出来上がり。

 

 

詳細:http://cookpad.com/recipe/1778219

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

 

これなら時間の無い時でも、何とかなりそうだとは思いませんか?

 

 

これに加えて、市販品の煮豆やバナナ等のすぐに食べられる果物、野菜ジュース等があれば、尚良いです。

 

 

それでも時間が無い時には、納豆ご飯に生卵だけでも大分違いますよ。

 

 

ご飯を炊く暇すら惜しい…と言う方には、冷凍ご飯もおすすめです。

 

 

休日等の、時間のある時にご飯を多めに炊いておいて、1膳分くらいの量に分けた後、容器やラップで包み、粗熱を取ってから冷凍庫で保存するだけ。

 

 

食べる時にはお茶碗に移して、凍ったままレンジで加熱するだけで、温かいご飯がすぐに出来上がります。

 

 

冷凍庫で1ヶ月程持つので、作り置きするのも良いですよ。

 

 

 

 

パンの時のおすすめメニューは?

 

 

いやいやいや、じゃあ「パンは駄目なの?」と思われている方、お嘆きになるのはまだ早いです。ご安心を。

 

 

キーワードは「噛む」です。

 

 

パンって基本的にはフワフワしているイメージがありますよね?そこがパンの大きな魅力の一つでもあるんですが、それが実は危険なんです。

 

 

そう言ったパンは、どうしても噛む回数が減ってしまいがちな為、満腹感を得るまでに多く食べてしまいがちなんです。

 

 

なので、フワフワの物よりも、固めのパンを食べる事をおすすめします。

 

 

ライ麦パンやフランスパン、ベーグルとかはどうでしょうか?どれもよく噛まなければ食べられないパンですが、それだけに少量でも満足感を得やすいですよ。

 

 

じゃあ、菓子パンとかフワフワなパンは食べては駄目なの?と思われるでしょうが、そんな事はありません。食べても大丈夫です。

 

 

ただしその場合は、「よく噛むこと」・「食べる量を決めて、それを絶対に守ること」の2点を抑えて頂ければ大丈夫です。ちゃんとメリハリを持たせれば絶対に食べてはいけないなんてことはありません。

 

 

苦痛を伴いすぎるダイエットは絶対に長続きしませんからね。

 

 

また、パンだけではなく、出来るだけ他の副菜も一緒に採るようにして下さい。

 

 

先に挙げた油脂の多いおかずではなく、サラダやヨーグルト等です。パンはご飯に比べて満足感を得られるまでが長い分、他の副菜で補えればベストです。サンドイッチにしても良いですよ。

 

 

 

 

最後に

 

 

さて、今回はダイエット時における朝食をテーマにしてみましたが如何でしたでしょうか?

 

 

もしかしたら、「朝は何も食べないから、ご飯とかパンとかどうでもいいや」なんて方もいるかもしれません。

 

 

ちょっと待って下さい。実はそれって凄く危険なんです。

 

 

まず、朝食は必ず取った方が断然良いです。

 

 

もし朝食をとらなければ、前日の夜から何も食べていない状態の為、身体は飢餓状態になってしまい、昼食を食べ過ぎてしまう原因になります。

 

 

すると体内では血糖値が急激に上昇してしまい、糖尿病や肥満の原因にもなります。結果的に太りやすい体質になってしまうんです。

 

 

パン派であってもご飯派であっても、しっかりと栄養を摂るようにしましょう。

 

 

ただし、前日に夕食を食べすぎてしまった場合には、むしろ過食になってしまう危険性もありますので、起き掛けの自分の体と相談してみて下さいね。

 

 

ダイエットで何よりも大切な事は、「長く続けられる」ことです。

 

 

我慢することはもちろん大事なのですが、食事は体にとって貴重な栄養を摂取する機会でもあり、食べることでストレスを解消することもできます。

 

 

いきなり過酷なダイエットに挑戦してみるのも良いですが、まずは朝食から見直してみてはどうでしょうか?

 

 

あなたのダイエットの成功を、心から願っています。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です