いじめられない方法はある?職場でいじめられるタイプやその対処法は?

 

現在、あなたの職場の労働環境は良好ですか?それとも、何かに耐えながら仕事をしていますか?

 

 

都道府県の労働局等には、「総合労働相談コーナー」と言うものがありまして、そこでは職場に対する相談が出来ます。

 

 

そこへの「いじめ・嫌がらせ」に関する相談が、平成26年では62000件を超えているそうです。

 

 

今、あなたが職場への不満を何にも感じてはいなかったとしても、もしかしたら転職・異動先の職場でそのような事に巻き込まれてしまった…と言う可能性もあります。

 

 

職場でのいじめとはどのような物なのか?どう対処すれば良いのか?少しだけお付き合い頂ければと思います。

 

 

 

 

いじめの種類にはどのようなものがあるのか?

 

 

67c7774099088531a074c527091fd764_s

 

 

そもそも、職場でのいじめとはどのようなものが該当するのでしょうか?

 

 

捉え方は人それぞれとなってくると思いますが、主に下記のような事が該当します。

 

 

 

 

>肉体的な攻撃

 

 

殴られる・蹴られる等

 

 

>精神的な攻撃

 

 

皆の前で大声で叱責を受ける・物を投げられる(壊される)・人格の否定等

 

 

>過大な要求

 

 

終業間際に多大な量の業務を押し付けられる・1人では無理な量を強要される等

 

 

>過小な要求

 

 

皆の前で、誰にでも出来る仕事を名指しで命じられる・部門違いの仕事のみを要求される等

 

 

>個の侵害

 

 

プライベートの侵害・過度な交際要求・信仰の否定等

 

 

 

 

見て頂いてもわかるように、これらは全て、人を傷つける事です。

 

 

一般的に見ても、「やってはいけない」と、子供でもわかるものばかりなはずなのです。

 

 

しかし、悲しい事にいじめの起きている職場では、このような事が常日頃から行われてしまっているのです。

 

 

これらのようないじめを、世間ではパワーハラスメント(パワハラ)・セクシャルハラスメント(セクハラ)・モラルハラスメント(モラハラ)と呼びます。

 

 

最近では、妊娠した女性に対してのいじめである、マタニティーハラスメント(マタハラ)も問題になっています。

 

スポンサードリンク

 

 

職場でいじめられない方法は?

 

 

では、どうすればいじめのターゲットにならずにすむのでしょうか?

 

 

キーワードは「和を乱さない事」「自分より強い人の下に着く事」「仕事が出来る人になる事」です。

 

 

つまり、あなたが「どうしても好きになれない人」がいたとしても、相手に合わせて最低限のコミュニケーションを取れれば、いじめのターゲットにはなり辛いと言う事です。

 

 

例えば、いつも誰かの悪口を言っている上司等がいた場合、その悪口に対して心からの同調はせずに、「そうなんですか」とある程度聞き流すだけで良いのです。

 

 

それに真っ向から反発したり、相手にしなかったりした場合には、あなたがその上司のいじめのターゲットになってしまう危険性があります。

 

 

八方美人になれとは言いませんが、世渡りの一つとして覚えておいて下さい。ある程度のコミュニケーションは必須です。

 

 

それに、仕事が出来るようになればその上司に頼らずとも、自分で職場の事についてはある程度対応できるようになってきます。そうなったらしめたものです。

 

 

「今は媚びへつらってやるが、アイツよりも上の立場になって見返してやる」ぐらいの気持ちで仕事に挑めれば最高です。

 

 

 

 

職場でいじめられるタイプは?

 

 

先に軽く触れましたが、実際にどのようなタイプがいじめのターゲットになってしまうのでしょうか?

 

 

こんなタイプがいじめのターゲットになり易いようです。

 

 

 

 

・周囲の和を乱しかねないと判断されるタイプ(マイペース・全体を見られない・責任転嫁が激しい等)

 

 

・仕事が出来ないタイプ(仕事が雑・質問の受け答えが要領を得ない等)

 

 

・外見で不快感を与えるタイプ(化粧臭い・香水臭い・汗臭い)

 

 

・いじめても良いと判断されてしまうタイプ(優柔不断 ・すぐ泣く・先を読めない・嫌な事されても嫌と言えない・暗い等)

 

 

 

 

また、新入社員や契約社員と言った立場の方もいじめの対象になり易いです。

 

 

その理由としては、新入社員の場合は「仕事に不慣れ」な為、「仕事が出来ないタイプ」と見なされてしまう事があるからです。

 

 

「入ったばかりの新人に何を言ってるんだ」とお思いでしょうが、いじめをする人にはそんな事は関係ありません。

 

 

また、自分が正社員だからと言って、契約社員を自分より格下に見てしまい、そこからいじめに発展してしまうと言う場合もあります。

 

 

逆に、どんな人がいじめを行っているのかと言いますと、

 

 

・自分は仕事ができると思っている

 

 

・私生活が充実していない

 

 

・性格がひねくれている

 

 

・人をいじめることでうっぷんをはらしている

 

 

 

 

と言った感じです。ロクでもないですね。

 

 

先述しましたが、そのようなタイプの人に心から同調しようとか、理解しよう等とは思ってはいけません。

 

 

逆に、「アイツはそんないじめをする事でした心の平穏を保てない可哀相な人」と割り切るぐらいの気の持ちようが必要です。

 

 

 

 

職場のいじめ対処法は?

 

スポンサードリンク

もし、あなたがいじめのターゲットになってしまった場合にはどう解決すれば良いでしょうか?

 

 

まずは、いじめの原因を自分なりに考えてみて下さい。あくまでも客観的にです。

 

 

先に挙げた、「外見への不快次項」だけならば、それなりに短期間で解決できるかもしれません。

 

 

しかし、残りの3つであった場合には、性格的な物なのですぐに対処出来るか?と聞かれればそうはいきません。

 

 

そう言った場合、まずはいじめの記録を付けるようにして下さい。

 

 

「何時、何処で、誰に、何をされた。それに対して自分はどう思ったか?」です。

 

 

パワハラ等で怪我を負った場合には病院の診断書を、モラハラで人間性を否定されるような暴言を吐かれた場合にはそれを録音する等、具体的な証拠も一緒だと尚良いです。

 

 

次に、いじめに対しては過剰に反応したりせず、毅然とした態度で挑んで下さい。

 

 

いじめを無視し、着実に仕事を進める事を徹底していけば、相手のいじめに対するモチベーションが減っていきます。

 

 

逆に、そこで泣いたり等、過剰な反応をしてしまうといじめがエスカレートしてしまう場合があります。

 

 

つまり、「相手はあなたが困ったりする様子を見て楽しんでいる」と思って下さい。なので、相手にしてしまうのはむしろ逆効果です。

 

 

また、ただ耐えるだけではなく、同時に職場での相談先を探して下さい。

 

 

同年代や後輩よりも、直属の上司(直属の上司ならば更に上の立場の人)や、職場の年上の人等が良いと思います。

 

 

あなたよりも職場経験を積んでいますので、職場内の人間関係の変遷に精通していたり、いじめをする人の性格を知り尽くしていたりします。

 

 

1人で悩んでしまうと益々、「私が悪いのでは?」と言う悪循環に陥り易くなってしまいます。

 

 

社内で孤立せずに、まずはあなたの話を聞いてくれる人や味方を作ってみて下さい。

 

 

また、社内が厳しければ第三者機関に話を聞いてもらう事で客観的な意見やアドバイスを貰える事もあります。

 

 

最初に取り上げました総合労働相談コーナーに話を聞いてもらう事も考えてみて下さい。

 

 

都道府県労働局等に総合労働相談コーナー

 

 

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

 

 

こうして書いていますと、「すぐには解決できないの?」と言う声が聞こえてきそうですが、

 

 

正直、社内いじめと言うのは相手が余程酷いいじめをしていない限りは、長期戦を覚悟して下さい。

 

 

会社側としても、社内環境に好き好んで波風を立てたくはないでしょうし、相手に「指導」だと言われれば黙ってしまう場合もあります。

 

 

とにかく、「あなたが何をされているのか?」と言う証拠を集める事、社内で少しでも味方を増やしていくことが重要です。

 

 

また、それと並行して「転職」も視野に入れ始めてみて下さい。

 

 

実際に転職を行う必要はありませんが、「いざとなれば転職すれば良い」と思えれば気が楽になります。

 

 

よく、「ウチで出来なければ何処へいっても駄目だ」とか言う方がいますが、そんな事を言う人程「何処へ行っても」の「何処へ」なんて詳しく知りません。

 

 

「忙しいのに自分が辞めたら」とか、「他へ行っても駄目なのでは」と言う考えはきっぱり捨てましょう。

 

 

長くいじめが続いていれば、あなたに余程非が無い限りは、あなた以外にも「これはおかしいのではないのか?」と思ってくれる人が、必ず出て来るはずです。

 

 

「いざとなったら辞めればいいや」ぐらいの気持ちで、少しだけ耐えてみて下さい。

 

 

 

 

最後に

 

 

社内いじめは昨日今日に始まった事ではなく、昔から存在しています。

 

 

昔はいじめに対してはただひたすら、耐える事しか出来なかったと聞きます。

 

 

しかし、あなたがどんなに辛い目に遭ったとしても、会社はあなたの人生に責任を持ってはくれません。

 

 

今は終身雇用と言う言葉も昔の話となり、退職・転職すると言う選択肢は、昔よりも抵抗無く行えるようになっています。

 

 

いじめに対しては立ち向かう姿勢も大事ですが、一番大切なのは、あなたの自身の肉体的・精神的な健康です。

 

 

あなたがよりよい職場環境に恵まれ、日々やりがいを持って仕事に取り組めるよう応援しています。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です