離婚したい?新婚だけど好きな人がいると言われた場合や出来た時は?

 

 

事実は小説よりも奇なり?

 

 

恋愛のゴールの1つとして挙げられるのが、「結婚」と言う道です。

 

 

でも結婚したからと言って、物語のように「めでたしめでたし」で終わるかと言うと、決してそうではありません。

 

 

そこからが、2人の新たなスタートとなるわけです。

 

 

しかし、そのスタートをいざ踏み出そうした時に、あなたのパートナーから衝撃の告白を受ける…なんてことがあるかもしれません。

 

 

それも、「自分以外の新しい恋愛対象を見つけてしまった…」なんて内容だったとしたら、その時あなたはどうしますか?

 

スポンサードリンク

 

 

新婚だけど夫・妻に「好きな人が出来た!」と言われたら?

 

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s

 

結婚式の思い出も冷めやらぬまま、愛するあの人とずっと一緒にいられる…そんな甘い時期が、新婚期間と言うものです。

 

 

しかし、もしあなたが夫、もしくは妻に「好きな人ができたんだけど…」と言われたらどうしますか?

 

 

なによりも最初にするべきことは、「落ち着く」ことです。

 

 

次に、相手が何故、あなたにそのようなことを告白してきたのかを考えてみて下さい。

 

 

あなたにそんなことを告白して、相手が得られるメリットは正直、ほとんどありません。

 

 

相手がここまで言って来ると言うことは、考えられる原因は3つあります。

 

 

 

 

1つ目は、よほどあなたとの生活が苦痛で、その耐えている生活上で別の相手を見つけた。

 

 

2つ目は、「結婚する前」から、「好きになった人」との、何らかの関わりが既にあった。

 

 

3つ目は、「何も考えていない」。

 

 

 

 

まずは、1つ目の方から解説していきます。

 

 

結婚をし、いざ新婚生活…とまでは良いけれど、一緒に暮らしてみて、パートナー自身にうんざりするケースって結構あるんです。

 

 

例えば、

 

 

 

 

将来への価値観が違っていた

 

 

→「自分は子供が欲しいと思っていたが、相手は子供は欲しくない。」・「相手が安定した仕事に就いており、そこに魅力を感じて結婚したのに、急に別職業への転職を決意した」など。

 

 

こう言った将来への価値観については、本来結婚前にしておくべきなのですが、スピード婚などの場合には結婚してから気付く…なんてことがよくあるようです。

 

 

 

 

相手の生活態度に我慢ができなかった

 

 

→「家事は分担するはずだったのに一向にやってくれない」・「片付けをしないでそのままにしておく」など。

 

 

付き合っている内は、相手の「外の顔」だけがどうしても目立ちます。

 

 

その為、そこだけを好きになって結婚してしまうと、結婚後に悪い意味での「ギャップ」を感じてしまい、積もり積もって耐えられなくなってしまったと言うケースです。

 

 

例えば、外ではいつもちゃんとしているのに、家の中では片付けをまったくせず、凄くだらしなかった…とかです。

 

 

 

 

相手に隠し事があった

 

 

→「実は借金していた」・「実は病気を持っていた」など。

 

 

これらは結婚前に言われていたら結婚を決意しないような重要事項の為、「重要なことを言わない」という行動に誠実さが感じられません。

 

 

結婚後にそう言った事実が発覚してしまうと、あなたの信用は地に堕ちます。

 

 

 

 

上に挙げたような事が結婚後に発覚すると、相手の気持ちは一気に冷めます。あなたのことを好きであればあるほどです。

 

 

そのような夢も希望も無い心理状態で、他の人に魅力を感じてしまうのは、至極当然なことです。

 

 

続いて2つ目についてですが、これはある意味、とても悪質です。

 

 

「何故、自分と結婚したのか?」と誰もが思うでしょう。

 

 

よくある言い訳として、

 

 

「妥協してあなたと結婚したが、実は他の人と付き合っていた」・「あなたの稼ぎ・財産に期待していたが、思ったほどではなかったから」

 

 

と言ったものがあります。

 

 

そう言った話が出て来た場合には、まず離婚は避けられないと思います。

 

 

「浮気」と言う明らかな相手の有責だから、報復をしてやる!と思う方もいるかもしれません。

 

 

しかし、それは残念ながら非常に難しい話になってしまいます。

 

 

なぜなら、先程「好きな人ができた」と告白して、「メリットはほとんど無い」と書きましたが、その「ほとんど」がここにあるからです。

 

 

通常、離婚の場合には「婚姻期間中」に発生した財産をどう分けるか?

 

 

と言う話から始まりますが、早期離婚の場合には、その「婚姻期間」が非常に短い為、その間に築いた財産は、ほぼ無いに等しいです。

 

 

では、「浮気での離婚だから、そこから慰謝料を取ってやる!」と言うのはどうでしょう?

 

 

しかし、残念ながらそれも叶いません。前述した「婚姻期間」がここでも出てきます。この場合、算定評価に婚姻期間が含まれないため、ほとんどもらえないと思って下さい。

 

 

ここまでは、あらかじめ理解しておいて下さい。

 

 

 

 

最後に3つ目についてですが、これも悪質です。

 

 

相手がいわゆる「恋愛体質」だった場合です。

 

 

常に恋愛をしていないと落ち着かない。恋多き人…と言えば聞こえは良いですが、巻き込まれた側はたまったものではありません。

 

 

こう言った人は、その場は引き留めることが出来たとしても、同じようなことを延々と繰り返すだけです。

 

 

実際、私の友人の1人もそれと同じような状況になってしまい、泣く泣く離婚しました。その相手は今でも、結婚と離婚を繰り返しているそうです。

 

 

個人的にはすぐに離婚を考えることをおすすめします。

 

 

 

 

さて、どのような理由であれ、まずは先に述べた「落ち着いて」をもう一度思い出して下さい。

 

 

怒りに任せて相手に暴言・暴力を行使してしまえば、こちらの立場が悪くなるだけです。

 

 

一旦、相手とは少しだけでも物理的に距離を置き、1人になってみて下さい。

 

 

そして、ある程度「クールダウンできたな…」と思えたら、1の場合には相手ともう一度よく話し合い、今後のことを考えてみて下さい。2・3の場合には、すぐに離婚することを考えて下さい。

 

 

ただし、「好きな人ができた」と打ち明けられたからには、相手はある程度は別れる準備が完了しており、言われた時点で手遅れになっている可能性は高いことは覚えておいて下さい。

 

 

 

 

新婚だけど自分に好きな人が出来たらどうする?

 

スポンサードリンク

では立場を変えて、逆に自分がそう言った状況になってしまった場合はどうしたら良いでしょうか?

 

 

まずは、自分の中で考えをまとめる所から始めてみましょう。衝動的に「好きな人ができた」と打ち明けることだけは絶対にしないで下さいね。

 

 

あなたが新婚にも関わらず、好きな人が出来た理由って何だと思いますか?

 

 

先に挙げた1~3から、考えてみましょうか。また、それに対して考えるべきことも記載しますね。

 

 

 

 

1だった場合

 

 

・相手の嫌な所は本当に改善が難しいのか?隠し事があった場合には、それを今後受け入れていけそうか?

 

 

・その恋は「逃げ」ではないのか?本当に別の相手のことが好きになったのか?

 

 

 

 

2・3だった場合

 

 

・結婚をした以上、離婚した場合、相手の人生を台無しにしてしまうが、一生相手に恨まれることは覚悟できているか?

 

 

 

 

また、共通して言えることは、

 

 

「好きになった人を追いかけた先の未来では、あなたは幸せになれる確信はあるのか?」

 

 

「好きになった人はあなたに家庭があることを知っているのか?知ってもあなたのことを好きになってくれるか?」の2つについてはどうかと言うことです。

 

 

結婚とは「契約」であり、世間的にも倫理的にも、これを無下にした人は信用を大きく失います。最悪、仕事や両親、友人との関係を全て失うことも覚悟しておいて下さい。

 

 

それだけのリスクを背負ってまでのことかどうか、よく考えてから答えを出すようにして下さい。

 

 

 

 

自分の結婚生活を守るためにはどうしたら良い?

 

 

それでも、「そうなってしまうかもしれない」と考えてしまっている方もいるかもしれません。

 

 

では、どうすればそのような事を防げるのでしょうか?参考までに紹介してみます。

 

 

 

 

結婚前にするべきこと

 

 

相手と将来についてよく話し合う

 

 

→「子供は産むか産まないか?」・「共働きか?」・「お金の管理は誰がどうするか?」・「借金・持病等の隠し事はないか」などの思いつく限りを、よく話し合ってみて下さい。

 

 

その時点で価値観が違うと感じられれば、別れたとしてもお互いにとって最もダメージが少ないです。

 

 

 

 

同棲をしてみる

 

 

→すぐにでも結婚して一緒の生活を始めたいのはわかりますが、結婚前に半年でも良いので同棲してみて下さい。

 

 

相手のだらしない所や、思いもよらない所が見えてくるかもしれません。

 

 

 

 

結婚後にするべきこと

 

 

周囲に結婚していることをアピールする

 

 

→これは、結婚したことを「自慢」するのではなく、結婚相手の話をしてみたり、携帯の待ち受け画面を家族の写真にしてみたり等、「自分は既婚者である」ことを周囲に認知してもらって下さい。

 

 

よほどの人でない限りは、既婚者と付き合おうなどとは思いません。これで仮にあなたが別の誰かを好きになったとしても、相手は踏み込み辛い為、非常に効果的です。

 

 

 

 

好きになりそうだったら、その相手との距離を置く

 

 

→もしあなたが別の誰かを好きになりかけてしまったならば、早急にその方との距離を置くことをおすすめします。

 

 

「好きになってしまったかも」の段階で、既に危険信号だと思って下さい。

 

 

暫く距離を置くことで気持ちが醒めることもあります。衝動的な行動は厳禁です。

 

 

 

 

結婚相手に感謝の気持ちを忘れない・相手の新しい魅力を発見する

 

 

→個人的にはこれが一番大事だと思います。

 

 

「釣った魚に餌をあげない」と言う言葉がありますが、これでは愛は醒めていくだけです。

 

 

感謝や魅力と書きましたが、別に「何か高い物をプレゼントしろ」とか、「家事を代わりに全てやれ」とかでは無く、ほんの些細なことで良いんです。

 

 

例えば、「いつも家事をしてくれてありがとう」とか、「お疲れ様。今日もご苦労様」とか、声をかけるだけでも大分違いますよ。

 

 

あなたが家庭に安心感や、相手に対してのときめきが欲しかったら、まずはあなたが相手にそれを与えてみましょう。

 

 

相手が与えてくれるのを待つのではなく、夫婦なのですから、お互いが与えられる関係になれることを心がけてみましょう。

 

 

今は一方通行だったとしても、きっと相手はそれを返してくれるはずです。それが不器用な形だったとしても、それにあなたが気付ければ、きっと家庭はうまく行くと思いますよ。

 

 

 

 

最後に

 

 

色々と書いてきましたが、私個人としては、結婚するまでよりも、それを続けていく方が遥かに難しく、だからこそ、相手のことを思いやって乗り越えていくことこそが重要なのだと思います。

 

 

もし、あなたに結婚を考えている相手がいる場合、もしくは新婚でもそうではなくても、今の相手との5年後、10年後を想像してみて下さい。

 

 

そこでのあなたは幸せになれている自信はありますか?もし、そうでなかったとしたら、どうすれば幸せになれると思いますか?

 

 

せっかく結婚相手と言う最愛のパートナーがいるんです。とっかかりは何でも良いのです。まずは2人で一緒に考えてみましょう。

 

 

願わくば、これを読んでいる方がこれを読んで「参考になった」ではなく、「そんな事あるわけがない」と笑い飛ばしてくれれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です