ズワイガニの旬は地域で違うの?北海道や能生や鳥取の美味しい時期は?

 

ズワイガニの旬の季節がやってまいりました!

 

 

最近、めっきり寒くなってきましたね。

 

 

こんな寒い日の夕飯には鍋!そしてそれがカニ鍋!…なんてことなら思わずテンションが上がってしまいますよね。

 

 

特にズワイガニは私の家族も大好きなんです。

 

 

…でも、ズワイガニって旬とかあるんでしょうか?

 

 

今まで、全てのカニ=冬の食べ物と思い込んでいた私ですが、ちょっと違うみたいなんです。

 

 

実は知らなかった?ズワイガニの旬についての話。少しだけお付き合い下さい。

 

スポンサードリンク

 

ズワイガニの旬は地域で違うの?

 

douraku

 

さてここで問題です。ズワイガニの旬って何月頃でしょうか?

 

 

12月頃?惜しい!半分正解です。

 

 

正解は…12月から7月までだったりするんです!

 

 

まぁ、捕れる場所にもよります。

 

 

日本海で捕れた物は12月~3月北海道で捕れた物は4月~5月、そしてロシア産になると4月~7月がそれぞれの旬なんです。

 

 

では、何故、ズワイガニ=冬と言うイメージなのでしょうか?答えは漁獲高にありました。

 

 

各地域の漁獲高はこんな感じになります。

 

 

 

 

第1位 – 境漁港(鳥取県)

 

 

第2位 – 香住漁港(兵庫県)

 

 

第3位 – 岩崎漁港(青森県)

 

 

第4位 – 能生漁港(新潟県)

 

 

第5位 – 越前漁港(福井県)

 

 

 

 

どうでしょうか?トップ2が日本海の物になるわけです。

 

 

更に、タラバガニと言ったカニも冬が旬となります。更に更に、年末年始は時期柄お金を使い易くなる時期です。

 

 

それに併せてカニがバンバン売り出されるので、乱暴な話、全てのカニの旬が冬だと無意識に刷り込まれてしまっているのかもしれませんね
蟹の匠本舗

偽物注意?紅ズワイガニとブランド蟹?

 

 

さて、ズワイガニ=高価と言うイメージがありますし、実際に高い!ですよね。

 

 

そんな中、ふとお店を覗くと、ズワイガニなのに安い物があったりしますよね。

 

 

見ると、「紅ズワイガニ」と書かれており、喜んで購入して食べてみたけども…何か違う?そんな経験ありませんか?ちなみに、私はありました。

 

 

実は、「ズワイガニ」紅ズワイガニ」別物なんです。

 

 

ズワイガニがお刺身などで食べられているのに比べ、「紅」の方は水分が多い種類のカニであるため鮮度の維持が難しく、生ではなかなか食べることができません

 

 

また、茹でると水分蒸発にともなって身が細くなってしまうので、ズワイガニに比べると身が少ないイメージです、

 

 

さらに、美味しく食べる為の調理方法も難しい為、生や茹でガニとしてではなく、缶詰やカニコロッケなどに加工されて売られていることが多いんです

 

 

味についても色々言われていますが、「雲泥の差」とか、「月とすっぽん」とか、大分評価が違うようですね。

 

 

また、漁獲高や価格にも大きな違いがあるのが特徴です。捕れる場所は同じであっても、その値段には10倍以上の差が付く…なんてことも珍しくはありません。

 

 

ひと昔前は、この紅ズワイガニを「ブランド蟹」と偽って売られていた時期もあったそうで、問題にもなったようです。

 

 

かと言って「紅ズワイガニ=悪」と言うわけではありません

 

 

調理方法や鮮度によってはブランド蟹に負けない程のポテンシャルを発揮します。

 

 

大切なことは、しっかりとした知識を持つことと、それぞれの蟹に合わせた調理方法を使い分けること…なんですね。

 

 

ズワイガニを購入する際には、それがどのような物なのかをちゃんと確認することを強くおすすめします。
かに本舗

それを捨てるなんてもったいない!殻まで愛してっ!

 

スポンサードリンク

 

ちなみに、カニを食べる時、あなたはどんな食べ方をしますか?

 

 

鍋に入れる?そのまま茹でて食べますか?え?殻は捨てる?

 

 

ちょっと待って下さい!

 

 

以前私の友人で、「蟹の殻は捨てるよ~」と言われて衝撃を受けた覚えがあります。

 

 

一見、殻には食べる所が無い…と言う印象を受けますが、こんな調理方法もあるんです。

 

 

 

 

【カニの味噌汁】

 

 

身を取り出した蟹の殻を水と一緒に鍋でよく煮ます。

 

 

ある程度煮てダシが取れたら、殻を取り出し、お好みで具材を投入します。

 

 

最後に味噌を溶かしたら出来上がりです。

 

 

 

 

【カニ甲羅グラタン】

 

 

蟹の甲羅からかにみそを取り出します。

 

 

蟹みそに白ワインを加え、フライパンで軽く炒めたら、そこにベシャメルソースを加えます。

 

 

甲羅の中に蟹の身や具材を入れ、ベシャメルソースをかけ、表面にチーズを乗せたら後はオーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。

 

 

 

 

どうでしょう?蟹の殻って凄く良いダシが出るんです。

 

 

せっかく良い食材なので、骨…もとい、殻まで愛してあげてはいかがでしょうか?

 

 

蟹の殻でだし汁を作り、それでご飯を炊いて「カニご飯」!なんてワクワクしてきませんか?

 

 

あなただけのオリジナル殻レシピ!なんてのも面白いかもしれませんね。
かに本舗

まとめ。後悔しない蟹ショッピングを!

 

 

さて、ズワイガニについて取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

今回ズワイガニについて私も色々調べてみましたが、蟹を買うならやはり旬の時期が一番おすすめだと感じました。

 

 

旬で大量に出回っている時期だからこそ、ご予算に応じての色々な種類・状態の蟹が購入できますし、何よりもおいしい!

 

 

個人的には冷凍ものよりも、是非とも今年捕れた「旬」の物を味わってもらいたいです。それほどまでに味には明確な「差」が出ますし、「蟹を食べた」と言う満足感が違いますよ。

 

 

そろそろ年末に差し掛かってくるこの季節、一年を頑張った自分へのご褒美に、ちょっとだけ奮発してみませんか?

 

 

きっと素敵な思い出になりますよ。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です