ホンマでっかの岡田隆評論家は筋肉が凄いけどボディビルの経歴は?

 

ホンマでっかの評論家、岡田隆さんという方をご存じですか?筋肉ムキムキの彼のプロフィールや経歴、ボディビルダーの食事のことなど詳しく紹介します。

 

スポンサードリンク

 

岡田隆のプロフィールと経歴

 

 

251cf271808a0db91fd2e976963ba75b

 

岡田隆さん。1980年1月6日生まれで、愛知県出身。日本体育大学大学院体育科研究科を修了され、東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。理学療法士で日本体育協会公認明日ティックトレーナーで日本オリンピック委員会強化スタッフ(柔道・水泳)としても活躍されています。

 

 

現在は日本体育大学の体育学部体育課准教授をされていて、整復医療学部運動器外傷学研究室におられるそうです。著書には「10秒から始める! 肩こり・腰痛解消エクササイズ (学研スポーツムック)」や「基礎から学ぶ!ストレッチング [ 谷本道哉 ]」など多くの本も出版されています。

 

 

その傍ら、ボディビルダーとしても活躍されていて、2014年の東京オープン大会で70キロ級初出場で初優勝を果たされました。ネットで写真を見てみると凄い筋肉をされています。

 

d5a44322

 

ボディビルに対するマイナスイメージを解消し、ボディビルのノウハウが一般人やアスリートを問わず広く役立てられるように幅広い活動を行っておられます。

 

 

今年開催されたリオデジャネイロオリンピックでは、柔道復活を理学療法士の立場から支えたと話題になりました。選手の指導だけではなく、食事やトレーニングのアドバイスを行い、体脂肪率を20%から14%まで減らしたり、筋肉量を15キロも増やす選手も現れたそうです。

 

 

このような結果が、今回のオリンピックでの日本代表選手たちの躍進を支えられました。

 

関連:大柳葵理絵は結婚してるの?プロフィールや名前の読み方と年収も

 

評論家としての仕事は?

骨格筋評論家として活動されています。ホンマでっかTVでは2016年10月27日に放送された「太らない人と太る人」というテーマでくびれを作るためにはお腹をへこませて、その状態でひねるのがポイントだという事を紹介されていました。

 

 

他にも姿勢や筋肉の形でその人が痩せやすいかどうかわかるそうです。猫背の人のほうが太りやすいということでした。

 

関連:ホンマでっかTVの長尾年恭(地震予知研究センター長)のプロフィールは?

 

ボディビルダーの食事とは?

 

スポンサードリンク

 

ボディビルダーは体を鍛えるだけではなく、食事もとても大切です。まずは朝食です。体を作るためには毎朝しっかりと食べます。おすすめの食材は卵です。とくにボディビルダーにとって卵白は最適な食事のメニューの一つです。朝食を作る時間のないひとは高タンパクなシリアルやプロテインなどを取るのもおすすめです。

 

 

そして、食事の回数は3回では無く、ボディビルダーの人は少量の食事を6回ほどにわけて取る事が大切だそうです。これはより頻繁に筋肉にアミノ酸を供給することができ、体への負担や損傷を回復しやすくしたり、回数を増やすことによって筋肉がより多くの炭水化物を蓄える事ができるようになるそうです。

 

 

体作りに何を食べるといいか、特に必要な栄養素は高タンパクな食事です。赤身牛肉のステーキや鮭、鶏の胸肉や豚のヒレ肉などがあります。他にも肉や魚の代わりとして大豆や他の豆類、小麦のグルテン、キヌア、そば、キノコなどが使えます。

 

 

そして質の良い脂肪を摂取しましょう。筋肉を鍛える時には一価不飽和脂肪酸やオメガ3脂肪酸が必要で、これは魚やアボカドに含まれています。飽和脂肪酸も食べ過ぎなければ問題ないそうです。

 

 

2017最新 → ガリガリのあなたも太って筋トレすればマッチョになれるかも!

 

そして一番大切なのはバランスです。サツマイモや、アスパラガス、ブロッコリーやほうれん草などを積極的に摂取すると良いそうです。

 

 

そして、水分を取ることもとても大切です。体を上手く機能させるには水分が重要です。特に厳しいトレーニングを行っている人は水分はきちんと取るようにしましょう。

 

関連:重田みゆきの娘SORAが凄い?プロフィールとお店の場所はどこ?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です