グランプリファイナル2016の出場者は誰?放送予定の日程はいつ?

 

今年もフィギュアスケートのグランプリファイナルの季節がやってきました。ここ十年ほどのフィギュアの日本選手の活躍は目覚ましく、毎年観るのが楽しみな競技会として日本にもすっかり定着したのではないでしょうか?

 

 

好きな方はもう既にチェック済みかと思いますが、気になる今年2016の出場者が誰なのかを改めてチェックしてみましょう。放送予定日や羽生結弦選手の誕生日についても紹介。

 

スポンサードリンク

 

グランプリファイナル2016の出場者は誰?

 

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba2016nhk%e6%9d%af%ef%bc%81%e7%94%b7%e5%ad%90%e6%bb%91%e8%b5%b0%e9%a0%86

 

他の競技もそうであるように、フィギュアスケートもグランプリファイナルには色々なカテゴリがあります。

 

 

日本人フィギュアスケーターとして今現在最も活躍しているのは、男子の羽生結弦選手だと思われますが、彼は男子シニアの部に出場します。

 

 

シニアにはもちろん女子の部があり、その他ジュニアの男女の部、ペアの部、アイスダンスの部と6部門に分けて戦われます。

 

 

シニアの部は昨今、男女とも中々の激戦が繰り広げられていますが、グランプリファイナル2016では、やはり羽生結弦選手が断トツで突出しながら、ハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)、パトリック・チャン選手(カナダ)、宇野昌磨選手(日本)が表彰台争いを独占している状態といえそうです。

 

 

一方、シニア女子は一時期ほどの勢いは日本になく、宮原知子選手がなんとか表彰台争いに食い込まんと頑張っているといった状態でしょうか。

 

 

とは言え、フィギュアスケートの採点の厳しさは色々なメディアで話題になるほど厳しく細かい内容となっていますから、本番で大どんでん返しといったドラマが生まれることも少なくありませんので、現段階の順位では中々予想は難しいといえそうです。

 

 

そんな中女子に関しては、注目すべきはジュニアの部といえるかもしれません。

 

 

ジュニア男子の部は、残念ながら日本人のエントリーはありませんが、女子の部は3名もエントリーしています。

 

 

紀平梨花選手(14歳)、坂本香織選手(16歳)、本田真凛選手(15歳)、いずれも精鋭揃いで浅田真央さんに続けといわんばかりに、日本のフィギュアスケート女子をけん引していく存在となっています。

 

 

特に本田真凛選手はメディアへの露出も多いため、ご存知の方も多いかと思います。

 

 

放送予定の日程は?

 

スポンサードリンク

 

フィギュアスケートグランプリファイナル2016の地上波での放送はテレビ朝日のみです。

 

 

この他、BS朝日とCS放送テレ朝チャンネル2で放送が予定されています。

 

 

誰もが確実に観ることができるであろう、テレビ朝日での放送は12月9日(金)20:00~21:54「男子SP」12月10日(土)18:56~20:50「女子SP」12月11日(日)19:58~24:45「男女FS/エキシビジョン」といった放送予定になっています。

 

 

どっぷりとグランプリファイナルに2016に浸かってみたい方は、やはりBSがおススメで、BS朝日は12月12日(月)17:00~20:54「男女SP/男女FS」21:00~23:00「エキシビジョン」と6時間ぶち抜きで観ることができます。

 

 

日本人選手に偏らず、純粋にグランプリファイナル2016を楽しみたい!という方にはCSがおススメです。

 

 

こちらの放送予定時期は少し遅くなっていますが、グランプリファイナル2016を網羅して観ることができ、1月13日(金)15:30~17:30「アイスダンス」「ペア」、1月14日(土)14:00~17:50「男女SP」「ペアFS」「アイスダンスFD」、1月15日(日)13:40~18:00「男女FS」「エキシビジョン」の放送が予定されています。

 

 

いずれの放送も録画編集されたものなので、見どころ一挙放出といった形で構成で楽しむことができそうです。

 

 

羽生結弦のプロフィール

 

 

今回のグランプリファイナルで一番注目されているといっても過言ではない、日本人選手である羽生結弦選手。

 

 

2016年12月7日から開催されるグランプリファイナルの初日12月7日に22歳の誕生日を迎える彼はジュニアのころからその頭角を現し、2014年ソチオリンピック男子シングル金メダル、同年世界選手権優勝、2013年~2015年のグランプリファイナルは3連覇といった、正にフィギュアスケートの申し子といった実力の持ち主です。

 

 

少し前にその獲得スコアでギネスブックに載った記憶も新しいですが、2016年のグランプリファイナルで優勝すれば4連覇、また新しいギネス記録をはじき出してくれそうな、日本にとって期待の星、そのプレッシャーに負けず今回も華々しい活躍を期待したいですね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です