カルテットの高橋一生は結婚してる?ドラマでの役や演技力について

 

子役としても活躍されていた高橋一生さん。結婚の噂や、1月から始まるドラマ「カルテット」での役どころや演技力について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

高橋一生は結婚してるの?

 

160501-2-t

 

高橋一生さんは、1980年12月9日生まれの35歳です。趣味はバイクとロッククライミング。特技はスケートボード、バスケットボール、ギター、ブルースハープです。東京都出身で1990年、10歳のときに映画「ほしをつぐもの」で映画初出演を果たします。なので、芸歴は35歳にして25年で小さい頃から活躍されていました。

 

 

劇団に所属したきっかけはもともと引っ込み思案な性格で人とのコミュニケーションを取ることが苦手だったことを心配した祖母が児童劇団に入れたことだったそうです。

 

 

中学3年生の頃に劇団からのすすめで宮崎アニメの声優オーディションを受け、見事合格し、映画「耳をすませば」で声優デビューをしました。

 

 

ドラマは大河ドラマや話題のドラマに数多く出演され、2015年には「民王」で演じた秘書の役が視聴者から高評価を受け、コンフィデンスアワード・ドラマ賞とザテレビジョンドラマアカデミー賞のそれぞれ助演男優賞を受賞しました。

 

 

そんな高橋一生さんですが、現在の時点で結婚はされていません。しかし、何人か噂になっている有名人の方がいました。まずは尾野真千子さんです。尾野真千子さんとは2011年に放送された「名前をなくした女神」で共演したことがきっかけで交際に至ったと言われています。

 

 

しかし、尾野真千子さんはほっしゃん。さんとのデートを報道され、その後どうなったのかはわかりません。

 

 

もう一人は田中麗奈さんと噂になったこともありました。同棲報道もありましたが、田中麗奈山は2016年に一般男性と結婚されているのでこちらは現時点ではないということになります。

 

 

現在の時点で噂があったのはこの二人でした。しかし、どちらも現在もお付き合いがあるのかはわかりません。

 

ドラマカルテットでの役は?

 

スポンサードリンク

 

高橋一生さんはヴィオラ奏者・家森諭高役を演じます。家森は妙に理屈っぽく、自己のこだわりが満載の一風変わった男です。

 

 

高橋一生さんはこのオファーを受けたときに「やったー!」と思ったそうです。一般的に言うと変わった男ですが、家森のなかにルールがあってそのルールに沿っているだけで、変人というカテゴリーにはならないように演じようと思っているということでした。

 

 

ミステリアスな雰囲気や少し変わった役も多くこなしている高橋一生さんなので、今回の役も高橋一生さんにしか演じられないと思いました。共演の三人もとても実力のある方々なのでこの四人がどんな演技の化学反応を起こすのか今から楽しみです!

 

関連:松田龍平の妻はどんな人?ドラマカルテットでの役や演技の評判も

 

ドラマでの演技力の評判は?

子役のころから演技の実績を積まれている高橋一生さん。ドラマ「Dr.倫太郎」に出演した時はあまり目立たない役ながら視聴者の注目度は高く、存在感を見せつけました。

 

 

このドラマで主演された堺雅人さんは高橋一生さんの演技について、「ただ出ているだけである程度のクオリティーが保証される役者さん。芝居の一つ一つのキメが細かくて手を抜いていない。」とコメントされています。

 

 

ネットではドラマによって全く別人になりきってしまうカメレオン俳優と言われています。演技については評価されていてとても評判がよいという印象でした。これからもいろいろな演技を見せてくれることでしょう!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です